読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青空に白い雲が流れるように

読んでくださるあなたに。小さな幸せを感じてほしい。そして私も、読んでくださることで、一人じゃない幸せを感じていたい。そんな思いで、あらゆる垣根を持たないて、好奇心のおもむくままに、手を走らせていたい。明日への小さな幸せを求めて。

花莉

 

f:id:happyengel:20170505004920j:image

久しぶりに会う友人と、ANAクラウンプラザの、花莉、という、中華 レストランで食事をしました。

一休からの予約て、2500円のコース。

飲み物が一杯き。

 

f:id:happyengel:20170505004956j:image

 

f:id:happyengel:20170505005026j:image

 

f:id:happyengel:20170505005036j:image

通常も、2500円のコースだけど、飲み物はついてなくて、税サービスが、別に だから、一休で予約すると、33パーセントの値引きになる。

歯を抜いて、インプラントを勧められている。

インプラントよりも、スマイルレンチャーが良いのではないかと、私は提案した。

夫が歯科医の人が 、歯科大の保存歯科に通っていて、そこでスマイルレンチャーという、留め金のない入れ歯を入れてもらっているのが、とても良いと聞いていたから。

歯茎の両側で支える仕組みなので、見た目にも綺麗で、取り外しが簡単にできて、清潔。

入れ歯によくある 食べたものが入るという心配もない。

友人は、下の奥歯だから、安定性も良い。

欠点といえば 長持ちしないこと。2、3年で、作り変えるか、修理が必要。

一本でも、3本でも 費用は変わらない。15万から20万まで。

友人は私の話に興味を 示して、調べてみるとという。

インプラントは、良くなっているとはいえ トラブルも多い。

インプランントを嫌う歯医者も結構いる。

奥歯がない場合、片方の歯にかけて入れる入れ歯は、慣れるまでが大変な忍耐を要する。

スマイルレンチャーなら、使っている人が揃って快適だとコメントしている。

費用が高いといっても、インプラントをすること思えば安い。

歯を抜いて、抗生物質を飲んでいるので、アルコールは飲めないから、私に飲んで、と言われた。

食事を終えて、2時間経つので、席を立った。

 

f:id:happyengel:20170505005054j:image

帰り道、中之島で、チャリティバザーをやっていた。

友人も ボランティア活動で忙しい人。二月にインドに行っていた。今年もう一度行くらしい。

フィルピンに行く前だとか。

毎年、アルメニアから、二人招いている。フィルピンの盲目の親子の世話をしたり、日本に招いてたり。費用は友人達が出し合って、バザーで稼いで捻出して、年間の活動費に当てている。

ユニセフ お広告を見ると、寄付したくなるけど、ほとんど上の人が搾取すると聞く。

友人が参加しているアジア協会は、活動費は20パーセントで、後の80パーセントは、支援費に当てている。

ボランティア活動は、友達造りの場でもあり、生き甲斐を見出し、前向きに生きる術でもある。

私のように、一人行動が気楽な人間には向いていない。

私は自分の世話で一杯。500円玉貯金で、年に40000円の寄付だけは続けるつもり。

500円玉をお釣りでもらえるようにしたりしている。