読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青空に白い雲が流れるように

読んでくださるあなたに。小さな幸せを感じてほしい。そして私も、読んでくださることで、一人じゃない幸せを感じていたい。そんな思いで、あらゆる垣根を持たないて、好奇心のおもむくままに、手を走らせていたい。明日への小さな幸せを求めて。

野村万作、萬斎親子の狂言

演劇

 

f:id:happyengel:20161016091159j:image

西宮芸術センターに、狂言を観に行きました。

人間国宝の万作は、以前拝見した時よりも随分お年を取られて、声の張りが衰えてますが、翁の風格の深みがあり、動静の美しさは完璧。

萬斎の声が凄まじいくよく響いて、もう少し落ち着いて、声のボリウムを小さくした方が良いように思う。

西宮芸術劇場は、音楽ホールなので、音響が良いから。

だいたい、一作が、30分くらいなのだけど、長く感じる。

狂言は、能から発生した、庶民のための喜劇のようなもので、知識のない大衆にもわかりやすいように、全説明型のもの。中世に誕生したもので、

ずっと後になって、河原者と呼ばれる歌舞伎が、派手な念仏踊りから始まった。

歌舞伎にも、能仕立てのものがいくつかあるが、能や狂言のような地味さは全くない、派手さと華やかさを持っている。