青空に白い雲が流れるように

読んでくださるあなたに。小さな幸せを感じてほしい。そして私も、読んでくださることで、一人じゃない幸せを感じていたい。そんな思いで、あらゆる垣根を持たないて、好奇心のおもむくままに、手を走らせていたい。明日への小さな幸せを求めて。

演劇

メリーウイドー、西宮芸術センター

今年の夏のオペラ公演は、オペレッタ、メリーウイドー。 観に来た人は、誰も予防しなかったと思う。 抑圧されてきた、芸術や芸能文化が、爆発したように、観客にも。出演者にも、特別なサービスがプレゼントされたよう。 桂三枝も大活躍。 兵庫のアーティス…

筋トレの効用

ロイヤルバレー団のプリンシパルを務めている、日本人カップルを取材した、ドキュメンタリーの再放送を見たのは、その前に放映された映画、いそしぎを見ていたので、偶然なことだった。 ロイヤルバレー団の日本人ブランスバルは、吉田さん以来、二十年ぶりだ…

松竹座の千秋楽

先日、日にちを間違えてた、松竹座の新春歌舞伎。 今日は千秋楽。 千秋楽は、役者さんたちも感慨深く、名残惜しくもあって、盛り上がる。 最初の、愛之助扮する、狐忠信は、丁寧にきっちりと演じていて、身体の柔らかさも驚くほどだけど、 物足りない。 とい…

チイートデイ

松竹座の、新派公演、行きたいという人が出来て、楽しい一日になつた。黒蜥蜴は、良くなかったけど、家族はつらいよ、は、観客がよく笑って、 友人も楽しめたよう。 お昼は簡単に、サンドとコーヒーにして、 夜はステーキが食べたいと、意見が一致。 本町駅…

ボローニャ歌劇場の、歌劇、セブイリアの理髪師

母のところに行ってから、フェスティバルホールに。 ボローニャ歌劇場のオペラ公演、セブイリアの理髪師。 観たかつたけと、チケットが高くて諦めていたのですが、ラクサで、10000円引きで出てたので、買いました。 S席は、28500円の席。 SS席の後ろからと、…

笑う門には福来る

松竹座に、藤山直美が帰ってきた。 吉本せいを演じて。 脇を固めるのは、新派の看板役者になつている、喜多村緑郎、田村亮、林与一。 林与一は、さすがにベテランの貫禄を見せて 春団治を演じている。 初日とあって、なにかハプニングがあるかと期待したけれ…

玉三郎の阿古屋

南座の玉三郎特別舞踊公演は、昨日、楽を迎えたた。 わたしが観たのは、その前日。 三階席の2番目から。 南座の三階席は、断然おすすめ。 声がよく通る。音色が良い。小さくて、舞台に近いので、良く見える。 そして、値段が安い。 オペラグラスを使えば、細…

ディアナ、ダムロー

メットライフオペラの、ロミオとジュリエットに、ディアナ、ラムローが、ジュリエットで出演している。 今や、世界一のコロラテウーラとして、名声高い、オペラ歌手。 http://www.diana-damrau.com/ その昔、パリのシャンゼリゼ劇場で、まだ新進気鋭の彼女の…

寿、初春大歌舞伎、松竹座

松竹座に、一月の歌舞伎を観に行きました。 東京では、幸四郎、七之助、猿之助が、歌舞伎座に、海老蔵は、二人の子供と一緒に、新橋演舞場、 国立劇場では、菊五郎と菊之助が親子で共演、話題は尽きない。 すこし寂しいかな、と思われた、大阪だったのですが…

顔見世の千秋楽

南座の千秋楽、仁左衛門の。じいさんばあさん、が観たくて、三階席を買っていた。 三階の5番目の奥から2番目。 前が狭くて、女性なら行儀よく座ればなんとか。 外国人の大きな人は、足のやり場に困って窮屈。 安いと言っても、8000円の席、 たくさん、外国人…

玉三郎舞踊公演、八千代座

八千代座の恒例、玉三郎の舞踊公演も、今年で28年目を迎える。 向上で、玉三郎は30周年に向けての思いを語っているので、まだ2年は続けるつもり。 今年が最後かもと懸念していたファンにとっては、嬉しい報告。 今回は、藤娘と、鏡獅子。 向上で、藤の取…

犬神家の人々、新派公演

松竹座で、新派公演の、犬神家の人々、初日に行きました。 犬神家の人々、は何度も使い古されているので、 行く気がしなかったのだけど。 朝早くに、整骨院に行き、その足で、松竹座に。 朝食を食べる時間なくて、朝はヨーグルトだけ。 膝がまた、痛くなった…

歌劇、ベルディのアイーダ。西宮芸術センター

グランドオペラ共同制作は、文化庁文化芸術振興の助成金を受けて、共同制作されたオペラで、東京フィルハーモニーのアンドリアバッティスティー指揮。二期会の福井敬さんが、ラダメスを演じ、アイーダには、モニカ、ザナッテン。 二期会の、清水香澄が、エジ…

松竹新喜劇、70周年記念公演

松竹新喜劇のチケットは、行きたくない人ばかりで、いつも一人で出かける。 新喜劇が好きだという友人が一人いるが、家族の世話で、タイミングが合わないことが多くて。 また、断られるかなと思いつつ、誘ってみたら、 台風の影響でお孫さんの世話をしなくち…

オペラ。トウーランドットパーリ歌劇場

フェスティバルホールでの、イタリアパーリ歌劇場公演、トウーランドットを聴きに行きました。 この日、西宮芸術センターで、玉置浩二の、プルミエールシンフォニーオーケストラの公演と重なって、わたしはうっかりして、この日のチケットを買ってしまい、安…

フランスからの演劇、夢と錯乱。

フランスの演劇界において、最も正統的で、過激派と言われる、演出家、2016年に、93歳で演出し、クロード、レジの自身が、最後の作品、になると称する作品。 1960年に、マルグリットデュラスの作品と出会い、イギリス人の恋人、を、マドレーヌルノー主演で演…

玉三郎のリサイタル、フェスティバルホール

エックスジャパンの曲にはまり込んでいたので、玉三郎のシャンソンをあまり聞く気にならなかった。 筋力トレーニングで、筋肉があちこちに痛くて、いつもなら、平気で歩けるフェスティバルホールまでの道が、重い足をを運ぶという感じ。 今朝から、憩室炎の…

スーパー歌舞伎ワンピース2ndの世界

ワンピースの夜の部で買っていたチケットは、安い席だったので、落札された。 沢山のアクセスがあったけれど、ヤオフクを利用する人は、ギリギリの時間で落札する。 6500円の定価で出すと、 二人の落札で、6750円で売れた。 送料と手数料がかかるから、手元…

松竹新喜劇の錦秋公演

松竹新喜劇は、来年で70周年を迎えます。 最長老は86歳の二人。おとぼけの小島慶四郎と、高田次郎。オリンピックまで頑張ると舞台挨拶で。 以前は、一ヶ月公演ができた、松竹新喜劇ですが、半月ほどの公演でしか客を集められなくなっています。 藤山直美が抜…

スカーレットピンパーネル、梅田藝術劇場

玉置浩二のリサイタルを探してたら、梅田芸術劇場で公演中の、スカーレットビンパール、というミュージカルのチケットが値引きで売っている。 どんなのかも知らないので、ネットで見たら、石丸幹二と安蘭けい、が出ている。 宝塚ファンで毎月観ている人に、…

玉三郎舞踊公演、八千代座

恒例の八千代座、玉三郎舞踊公演、今年は、玉三郎が封印した、娘道成寺と鷺娘を、高蔵と、玉三郎が一部を踊るという趣向で、10月31日の初日を迎えた。 11月5日まで。 今回は、昼夜二回の公演で、ひるはむすめどうしようしあ、夜は鷺娘。 向上から、踊り方の…

アマデウス、松竹座

明日は台風が来るという。 雨の中、夕方から松竹座に。 午後、母に会いに行くのは車にした。 松竹座に行く前に電車で行こうかとも思ったが、雨がひどかったので、先に来るまで行き、車を家に置いてから、また出かけた。 アメリカ、東京から帰ってきて、歯科…

華岡青洲の妻、松竹座

猿翁の弟子で、スーパー歌舞伎の主役を務めていた、段四郎は、月の助とか改名してからは、脇にまわって、目立たなくなっていた。 2代目水谷八重子、波乃久里子の二枚看板になつて、高齢化も心配され、衰退の一途をたどっていた、新派に新風を吹きこみ、存続…

玉三郎の幽玄、ロームシアター

京都ロームシアターは、初めて。 玉三郎と鼓童の特別舞踊公演の京都での初日、 私の席は前から五番目で、真ん中に高い最高の席。 ロームシアターは、5階まである。 私の席の隣の人は相当の玉三郎ファン。京都の人。 前の席のひとは、千葉から、娘さんと三日…

レミゼラブル、フェスティバルホール

チケットピアで、買ったら、前から二十一番目の席で、良いのに当たったと喜んでいた。 フェスティバルは、音響が良いので、そこでレミゼラブルを聴いてみたかった。 日本で、東宝ミュージカルが、レミゼラブルを上演した時は、すごい人気で、鹿賀丈史のジャ…

キスミーケート、西宮芸術センター

西宮芸術センターで、13日までやつている、キスミーケート、という、ミュージカルを観ました。 松平健と一路真輝、の主演で、川崎麻世、も出ていました。 他の人は、ほとんど知らない人ばかり。 後でわかったのは、スギちゃんこと、杉山英司。 中ホールで、…

コメディナイト、松竹座

松竹座の、四月公演は、愛之助主演の、コメディナイト。 トニー賞を取ったミュージカルを、宮本亜門の演出で。 三月の新橋と、四月の松竹座。あと7回で、千秋楽。 毎日、アドリブで、進化したお芝居を提供しているそうてす。 期待してなかったのですが、見応…

エディットピアフ物語

国立文楽劇場で、勘緑文楽劇場、第三回公演、エディットピアフ物語、が上演されました。 ピアフが大好きな友人を誘いました。 わたしだけチケットを予約していたので、追加の電話をしたら、席は離れるといわれていたのですが、行ってみると、隣同士の席にな…

伊丹からエノケソを見に、世田谷へ

以前に、羽田で聞いたら、伊丹で買わないとダメですと言われた特別券があつた。 今日は、伊丹で聞いて見た 券売機があつて、そこで、行きたいところまでのチケットが買える。 その中に、羽田から泉岳寺までの往復チケットが640円というのがあったので、それ…

真田十勇士 兵庫芸術センター

sanadajuyushi.jp 西宮芸術センターの大ホールを興奮のるつぼにしている、エネルギーみなぎる舞台。 勘九郎の猿飛佐助は、その名の通り、舞台を飛び回り、危険を顧みみず、命がけの 演技で観客を魅了している。 新鮮で、進化した舞台の可能性に挑戦している…