青空に白い雲が流れるように

読んでくださるあなたに。小さな幸せを感じてほしい。そして私も、読んでくださることで、一人じゃない幸せを感じていたい。そんな思いで、あらゆる垣根を持たないて、好奇心のおもむくままに、手を走らせていたい。明日への小さな幸せを求めて。

久しぶりに中華

 

f:id:happyengel:20190221022124j:image

 

初七日に集まった人は、ほんのわずか。

故人の肉親は誰も。

暖かい、春のような、気持ちの良い日。

昼食は、駅近くの、中華料理のレストランに招待された。

この店は、友人が美味しい店ができたので、時々利用していると言ってた。今度行こう、と言った店。

海鮮中華の。ハイファンの料理長を務めていた人がやっている。

テーブルは、7人。

お料理はとても美味しかつた。

 

f:id:happyengel:20190221022156j:image

f:id:happyengel:20190221022207j:imagef:id:happyengel:20190221022212j:imagef:id:happyengel:20190221022220j:image

 

 

 

 

 

 

 

話も弾んだ。

ひとときの、悲しさを忘れる時間。

 

f:id:happyengel:20190221022244j:imagef:id:happyengel:20190221022249j:image

 

 

 

 

帰りにコナミに寄って、ヨガのクラスに参加した。

ヨガを担当している、若い教師は、しばらく休んでいた理由から、始めた。

親友が亡くなって、お葬式から、初七日まで、色々な行事で休んでいたとか。

悲しくて、食事をすることを忘れていた、と。

人間はシンプル。

食べなきゃ、動けない。眠らなきや、頭が働かない。

人間は食べて、寝て、身体を動かす。

シンプルなこと。

たしかにそうかもしれないけれど、

わたしは食べられはしても、あこ関節がおかしくなって、食べると顎が音を立てて、痛い。

眠りは浅くて、何度も夜中に目を覚ます。

原因は、精神的なストレス。

精神的なストレスは、体に現れて、それで、精神的な不安を和らげている。

そうだとわかっても、あこ関節の痛みがあるので、

ステーキ用のモモ肉を冷凍してあるのを、しばらくは食べられそうになく、治らないかなあ、という不安。

人間って、それほどシンプルじゃない。

むしろ、複雑怪奇で、自分でもどうしようとなくわからないものだと思う。

そういう複雑怪奇を、一括りのストレスとしているわけで、病は脳の指令で起こっている。

肉体と脳の連携プレイ。

ヨガの境地も、その時なんとなく気持ちよくなっても、そ例外の時は、煩悩に悩まされて、苦しむわけで。

無我夢中になれる時間が、どんな形をとっても、幸せの境地なのだろうと思う。

ヨガで、少しだけ、気持ちいいという瞬間があった。あとは、全然。

 

 

ローストビーフ

 

f:id:happyengel:20190219225341j:image

 

明日、友人の初七日なので、残されたご主人に、ローストビーフを買っていこうと思って、

コナミに行く前にイカリに寄った。

昨日、確定申告に行ったので、階下のイカリで買い物した際に、ローストビーフは、翌日までの消費期限で一つ残っていた。

明日は新しいのが作られて出てくるだろうと思ってた。

ところが、昨日のローストビーフに、20パーセント割引のレッテルが貼られて、それだけだった。

今日は、1時からのクラスに行くので、何か昼食になるものを買おうと思ったら、肉めしが特価。

肉好きのトレーナーに、お弁当に差し入れがしたくなった。

ローストビーフも買った。

調理せずに食べられるのが、ローストビーフの利点。美味しくて、嫌いな人は少ない。

 

お正月に、友人の家にローストビーフを持って行ったら、ご主人が美味しいと喜んでくれた。

友人は私と会うと、イカリに寄って、惣菜を買って帰るようになり、ローストビーフも買って帰ったことがあった。

ほとんど、調理するのだけど、出てきた時だけは、イカリで、ちょこっと足しに買って帰る。

 

明日は、朝早く出て行かないといけないから、買い物は今夜のうちにしておかないと間に合わない。

コナミの帰り、夕方、再びイカリに行くと、今日はローストビーフが入って来なかった。

何を持って行ってあげようかと悩む。

イカリで作っているローストビーフの中で、真空パックにして、数日日持ちのするものがあって、

もの肉を使っているので、ヘルシーだし、値段も手頃なのがある。

人気商品で、出てくればすぐに売れる。

私の近くにあるイカリだけが、残っている。

客層が、リッチでヘルシー志向の強いところでは、すぐに売り切れのようで、

ほとんど見ない。

100グラム490円の、ローストビーフは、そうそうない。

三田屋のローストビーフで、真空パックにして冷凍で売っているものがあるが、100グラム600円くらい。

油の乗っているローストビーフは、高くて、身体に良くないので、私は、イカリの自家製ローストビーフを良く買う。

私自身はそろそろ飽き気味なのだけど、たまに食べる人にあげると、美味しいという声が帰ってくるので、

つい上げたくなる。

明日は持って行ってあげられない。

代用品は、鱧ちくわと、ノルウェーのサーディンのオイルずけ。

 

f:id:happyengel:20190219225449j:image

ビールのつまみになるだろう。

そうだ。買い置きの三田屋のローストビーフがあった。

あれも。

確定申告

f:id:happyengel:20190218143145j:image

 

毎年、確定申告の時期になると、済ませてしまうまで落ち着かない。

わずかな、駐車場の収入のために、毎年、確定申告が必要なのだ。

株の配当とか、利益を、総合課税にすることもできるが、面倒なので、分離課税を選んでいる。

所得税20パーセント、住民税6パーセントは、確定申告に反映されないから、故郷納税の対象にならず、

恩恵を受けることもない。

損金を、利益で相てもらって、税金を返してもらって喜んでたら、健康保険とか、住民性が増えて、結局、吐き出しだったことがあった。

以来、簡単なので、分離課税にしている。

わずかな駐車場収入がなければ、確定申告も不要なのだけど。

確定申告は、スマフォでも、パソコンでもできるので、税務署からきた、申告番号を入れてやろうとしたら、IDと、パスワードがいる。

 

 

プリントも要らず、送信すれば良い。

データがスマフォに残るらしい。

近くに、税務署からの出張会場があるので、会場に行って、わからないところを聞きながら、申告、提出できるので、時間はかかるけと、安心というメリットもある。

会場に来ている人は、一応に、確定申告を済ますまで、気になって、気がが重い、と言われる。

終わると、気分も爽快。軽くなる。

 

ヨガ

 

 

 

f:id:happyengel:20190217221755j:image

 

ヨガの教室に入ってみた。

結構きつい。

翌朝は、背中が張って硬くなっていた。

ヨガの後、軽い筋トレをやったので、そちらかも。コナミの休館日を挟んで、

金曜日はトレーナーに見てもらう日。

 

f:id:happyengel:20190217221827j:image

お昼に、ミズノのバーゲンに行って、友人とゆかりで、お好み焼きを食べて、おしゃべりしたのが元気の素だったのか、体力があった。

札幌の雪まつりから帰ってきたトレーナーは、

飛行機が好きになったという。

飛び立つ時の、音がたまらないらしい。

息子も、パイロットになりたくて、多額の投資をしたのだけど、パイロットが、商社マンに変わった。

トレーナーも、パイロットにやりたいと言ってた。

わたしも、乗り始めた頃は、飛行機に乗るのが嬉しかった。

いまは、長時間の飛行機は、できれば避けたい。

北海道で海鮮を食べた、トロが美味しくて。また食べたかくなる、と言われて、食べてはいけないと我慢している、わたしの大好きなトロ。

食べたくてしょうがなくなっている。

生の魚をやめてから、憩室炎にならずにいる。

先日亡くなった友人が、大嫌いな飛行機に乗って、北海道に行った時に、食べた海鮮のおいしさだけは、忘れられないと言っていた。

小樽の、お寿司屋さんで食べたものだとか。

その話も思い出し、余計に食べたくなって。

トレーニングが終わって、あとは自主トレ。

もと、トレーナー立ったという人から聞いたやり方で、足のトレーニングをして、ストレッチしようと思ったら、その人が、バーベルの筋トレをやつているので、この前のお礼を言いに行った。

筋トレは、やらなければ体が動かなくなるから、死ぬまでやり続けなければならないと言われる。

え、そんな怖いこと。

身体が動かなくなると、寝たきりへの道しか見えなくなる。トレーナーが言ってるのと同じことを言ってる。

やめたら、寝たきりになりますよ。

そこで、わたしはヨガがいいのじゃないかと思った。

身体が柔らかくなるというから。

 

初心者用の、ヨガで、心の鍛錬が入るとかで、割に楽だった。

これならいけると思って、

土曜日にもヨガのクラスがあるので、コナミを休むつもりだったけど。ノコノコと出かけていった。

受付の前で。トレーナーが、他のスタッフと話しながら立っている。

また来てる。やりすぎ、と思ってるに違いない。

土曜日のヨガは、たくさんの人が始まるまで待っていた。

教室は満杯。

ヨガの、体、という教室。

心と体に分かれているようだ。

いざ、始まると、きついのなんの。

のもすごいハード。

身体の柔軟性がないとできない。バランスが取れない。

15分も過ぎると、ギブアップしたくなる。

あおは、ひたすらに、時間が過ぎるのを待って。

体は、悲鳴をあげている。

居直って、できないのは、立っていたり、すわりこんだりするけど、努力は見せないといけないので、必死。

最初に、45分と聞いたつもりだったので、45分過ぎても、まだやるの?後の教室なきの?

と思ってたら、きっちり1時間のクラスだった。

激しく、ひどい姿勢を強いられた。

他の人たちはちゃんとやってる。

初心者の安全マーク、ついてるの、おかしいわしやないの?

もうもう、あのクラスは懲り懲りです。

今日は、疲れ過ぎている。

運動は、翌日、疲れがのこつてたら、やりすぎだそうです。

 

春のよう

 

f:id:happyengel:20190213143440j:image

極寒から、春がきたような暖かさ。

ホテルを出て、坂道を歩くと、汗ばむくらい。

ホテルが値打ちあると思う時は、疲れた身体を休めることができて、蘇るような感じがする時。

 

大和ロイヤルが経営している、ロイネットは、ビジネスホテルとしては広くてくつろげる良いホテル。

当日の空きがあったからなのか、値段も安かつた。

朝食付きで6100円。

友人の家までの坂道に、梅が咲いていた。

 

f:id:happyengel:20190213143453j:image

昔からの土塀の間に、狭い坂道が続く。台風で、相応の被害があった。

友人の家の壁が崩れた。

この辺りは、地震がないと安心ていたのだと、台風は避けられない。

歩きながら、よくまあ、こんなところで、関節も膝も悪くなって当然だと思う。

健脚を自慢にしたいら私でも、毎日がこれだったら、おかしくなる。

マラソン選手が、後年、膝をやられるのも、酷使しすぎ。

最近になって、歩きすぎは良くないと身体で実感できるようになった。

腰痛いからだけど、歩きすぎると、必ず、後に響く。

疲れた身体に、更に運動すると、ボキッと折れるように、どこかが悲鳴の声を上げる。

あったこともない人と親しく語り合えるのは、亡くなった人を通して。

話には聞いていた人達。

 

f:id:happyengel:20190213143511j:image

妹さんから聞く話に、憤りを覚えるけれど、

あらゆることの中心に、彼女は、ご主人をこよなく愛していたという、動かしようのない事実が確認されただけ。

親子は一世、夫婦は二世ということの証明。

自分の幸せを追求する人と、好きな人の幸せの犠牲になることを喜びとする人がいる。

どちらも、自分の生を第一に考えてるいることに変わりはない。

全て終わった。

友人の戒名は、息子さんが亡くなった時に、ご主人が夫婦の戒名も作っていた。

なにもかも、ご主人が決め、彼女はそれに従って生きてきた。

別れたらどうするの?

そういう心配は無用。

家に帰って、友人が好きだという、カラマツ、という歌をかけた。

 

カラマツの秋の雨に、わたしの手が濡れる。

福井さんの落葉松は、ないので、探したら、森麻季が歌ってた。

 

 

 

http://youtu.be/-jjz-PEUv2o

 

 

ふとこんな歌が口から。

あっけないくらいに、恋をして

あっけないくらいに

 

人はあっけなく死ぬんだ。

あっけなく、様々な出来事も

通り過ぎて行く。

 

 

お葬式

f:id:happyengel:20190212001427j:image

 

昨夜、夜遅くに家に帰り、今日は、昼ごはんを済ませて、出かけた。

7時からのお通夜だけと、早く行った。

お客さんかなと思ったら、葬儀屋さんが二人。

お葬式は、朝の10時からだと聞いて、寝ずの番をしようと思ってたけど、皆帰られるよう。

上本町に、ホテルを予約した。

家に帰って、また出てくるには、往復、5時間以上かかる。

友人の妹さんの家族が、総勢5人できた。

道に迷って、30分も立ち往生していた。

わたしも、今日は、駅から歩いた。

友人が、不自由な足で、坂道を歩いた道を、

腰を悪くしたわたしが、辿ってみたかった、 

元気な時は、彼女の足どりの二倍の速さで、家まで歩いた道。知っていると思い込んでたら、迷った。細くて迷路のようなきつい坂道、

駅から20分はゆうにかかる。

 

f:id:happyengel:20190212001444j:image

タクシーを使う人も多い道を、彼女はつえをつけながら、お金を節約して歩いた。

重い買い物を持って。

我慢にかけては、誰にも負けないくらい、我慢強い人、

高価な趣味で満ちた家のあらゆるものが、友人の質素な節約で。生まれたもの。

その家で、死者を送り出す。

家でお葬式をするのが、1番良いなあ、とわたしは思う。

住み慣れた家から、自然な形で、送り出される。

持ち寄ったもので、お通夜をして、親しかった人に見送られて、旅立つ。

いつも友人がいて、料理をしていた台所で、お茶を出す。

使い慣れたお盆が活躍し、手の空いた人が仕事をする。

1番自然な姿と、暖かさがある。

ご主人は、友人のビデオを見てもらったり、思い出話をそれぞれがしたり。

死者を偲ぶお通夜。

母の場合も、家でしてあげたいと思う。

昔は、家でお葬式をするのが当たり前だった。

葬儀会館の冷たいお葬式が、普及したのは、住環境の変化にもよることが多いだろうが、狭い場所でも一向に構わないと思う。

費用も最小限で済む。なによりも、心の通いあう、暖かい葬儀を行える。

使っていた、馴染みのもので、住み慣れた、居心地の良い場所で、死んだ人が、この世から旅立つていける。

友人と最後に行けた、コンサートで、福井さんがアントレツトの演奏で歌った、アマリツシ麗し、を、バックミュージックに流してもらった。明日の葬儀でも、家のステレオで、その曲が流れる。

声楽を習っていた友人の声は、美しく、ソプラノは、本格的に出来上がった声だと、関心する人がいた。

わたしがバリから帰ってあげたお土産の、ペアのマグカップが、棚の上に仲良くのつている。

気に入って、毎日使っていると言ってくれていた、大きめのベアーカップ。

二人で使うことがなくなつた。

でも、寄り添うように並んでいる。

明日の葬儀が早いので、わたしは、上六の近くにホテルを取った。

広くて、快適なホテルだ。

泊まったらと言われたけど、疲れを癒すには、ホテルが良い。

明日は、1時間前に出ていけば間に合う。

 

親友

 

f:id:happyengel:20190211130221j:image

朝、電話がかかった。

友人のご主人から、初めての電話は、

亡くなったことの知らせだった。

亡くなったら、わたしには知らせて、と頼んでいたと。

無二の親友を亡くした。

亡くなったと思われる時間、

わたしは、福井さんとアントレツトの演奏との、CDを聴いていた。

それは、昨年の夏7月に、久しぶり出て来れた彼女と出かけた、コンサートの演目だった。

その前日、母のところから電話すると、いつもは返答のない電話に、すぐに応答があった。

食べられるようになった、と割に元気な声。

わたしの方が、腰が痛いのを訴えて、慰めてもらっていた。

暖かくなつたら、会おうね。

在宅医を紹介してもらって、精神的な安堵感と、

医者から勧められた痛み止めを飲んで、楽になったと言っていた。

これからは良いことだけ聞かせてもらつたほうがが良いよ、とわたし。

良い薬が毎日のように開発されているから、そのうちに治るよ。わたしよりも長生きするから。

彼女はオスマントルコの実話の番組を見てる。面白い、

と言って。

ご主人の好きなビフカツを作ってくれて、稽古に送り出したあと、帰ってくるまでの3時間くらいの間に亡くなったとか。

まだ体か暖かかつた。

心筋梗塞が、死因だろう。

強い痛み止めが、心臓に負担をかけたのだろうと。

 

 

奇しくも、亡くなった日に、プールで顔だけ知っている人から、コーラスのコンサートのチケットを行ってくれないかと頼まれた。

亡くなっことを知らないわたしは、喜んで行かせてもらうとチケットをもらっていた。

ご主人からの電話で、直ぐに行きたかったけれど、コンサートに行けないことを告げる方法もなくて、

西宮芸術センターに出かけた。

甲南女子大学のコンサートで、一部は、讃美歌。

わたし達が、好きだった、三好達治の、

詩を歌にしたものなど。

一緒に聴いていると感じた。

終わって、旦那さんの好物を買って行った。両手の重みに、腰がさらに痛む。

彼女は、すでに棺桶に入れられて、美しい顔だけ見られる。

抱いてあげたかった。

家で、送り出す。

わたしが行けば泊めてもらう客間に、大好きな花に囲まれて、眠っているけれど、目は今にも開き、花びらのようなくちびるはいつものおしゃべりをしだしそうに開こうとしている。

旦那さんのお弟子さんに、お坊さんがいて、その人の素晴らしい声の、心に響き渡るお経。

わずがな、親しかった人だけ。

コンサートの話しに、ご主人が、彼女が習っていた歌のビデオをかけた。

わたしの話で、思いついたと。

坂の上の雲、のテーマを歌っている。

彼女の歌を初めて聴いたという人たち。

毎年欠かさず、ご主人が、撮っていた。

寂しくなったら、この映像が、ご主人を慰め、悲しみを増すだろう。

わたしも、悲しくて、嬉しい。

楽しかつた彼女の時間に臨在する喜びと悲しみ。

彼女の笑顔や表情を限りなく多く知り尽くしているから、思い浮かぶたびに、涙が溢れるけれど、

生きているという感覚しかなくて。

友達の少ないわたしに、無二の親友がいるということは、本当に幸せだと思う。

そして、心に生きている間は、その人は死なない。

 

 

 

 

トレーニングルームで

 

f:id:happyengel:20190208222824j:image

腰痛めて、今度は整骨院に行かずに家で休んでた。

トレーニングの予約日もキャンセルせずに出かけた。

痛いところあっても、他のところは動かした方が良いと言われてたので。

運動しているときは、痛みは感じない。不思議。

簡単なストレッチとか、コンディショニング。

マシーンを使ったのは、背中のプルダウンだけ。

時間がきて、あと、ニセツト、自主トレしてたら、

横でやってた人がニコッと笑って、あとで、わたしのやり方では、ダメ。腕を使ってる。

幅を広く持って、後ろに傾けて、胸のところまで引きおろすと、自然に背中に効く。

トレーナーの指導とやり方が違う。

その人はかつてトレーナーだったとか。

こちらの方がやりやすく、最初の頃にやっていたやり方。

わたしのトレーナーは、やり方を変えていくので、

今は難しいやり方で、背中に効かせるのだけど、

トレーナーが付いていないと、つい間違っている。

わたしには、簡単なやり方があってる。

デッドリフトで、腰痛めたというと、その人も腰を痛めたという。

デッドリフトは、女性にはむかない、という。

マシーンの使い方も教えてもらった。

高いトレーナー代をいつまでも払っている人いるけど、もったいない。しっかり覚えて、自分でやる方が良い、と言われる。

教えてもらえる人ができた。

無料で教えてくれる人、

来られるときに、会ったら、いつでも教えてもらえそう。

有料のトレーナーいらないくなるかも。

 

ソフトバンクグループと、関係ないけど、福山雅弘

 

f:id:happyengel:20190207110800j:image

ソフトバンクグループの株価が急上昇している。

大幅は増益と、多額の自社株買いが、買いを集めている。

持っていた株を、早々と売ってしまった。残念。

それからがうなぎのぼり。

精神的に良くない。

下がるときは、売り場を探せないほど、落ちて行くのに、上がるときは、わずかな利益で、売る気になる。

超大型の上場で、株を買ったことのない人たちも勧められて買ったのが、ソフトバンク。

1500円の公開価額で、上場の当日から、売られた。

私も繋がらなくて困った、回線トラブルで、株の申し込みをやめたり、株数を減らした。

上場日から、さらに下がって、1100円台まで落ちた。

ここで買ったら、大儲けだけど、下がっている時は、もっと下がるのでは?と買えない。

 

f:id:happyengel:20190207110855j:image

 

今日は、ソフトバンクグループに、買いが集中して、他の株が売られている。

株価が低迷している中で、スターが必要なのだ。

株価を押し上げていく、スターが。

 

 

ソフトバンクの売り出しで、株に興味のない人たちが、申し込んだのは、配当金の多さだった。

預金しても、全く金利がつかない。

5パーセントの配当金は、魅力的に違いない。

そうして買っている人たちは、株を売らないで、上がるのをじっと辛抱強く待つ。

だから、株は上がりも下がりもできずにいた。

 

が、いずれ、売り出し価格までは、上げてくるだろう。

だとしたら、ソフトバンク、今は、買い時。

 

ちなみに、昨夜、福山雅弘をWOWOWの、ライブで観た。

横浜アリーナで。

ハンサムだなあ。

スタイル良くて、いつまでも若々しくて、頭も良くて、多才。

 何か欠けているものだけど、福山雅弘には、欠けているものがない。

 

f:id:happyengel:20190207112119j:image

 

あるとすれば、声。

美声とは言えない。

でも好感が持てる声。

じっくり聴いていたら、歌詞が良い。

詩人。

口元が笑うと素敵。笑い方が良い。

猿之助が、兄貴と慕っている。

結婚しない人だと思ってた。

そういう人も、ある年齢になると、結婚する。

バイセクシュアルは、イギリス人にも多い。

知的で、潔癖な人、禁欲的な人の、自由な空間。

 

 

 

また、腰痛めた。

f:id:happyengel:20190206125632j:imagef:id:happyengel:20190206125645j:image

 

 

 

トレーニングに行って、着替えをしている時に、また、腰に痛みが走った。その前日、トレーニングの代わりと思って、随分たくさん歩いて疲れていたのだろう。

できるかな、と思いつつ、骨盤ストレッチのクラスに入った。

なんとか行けたのだけど、さらに痛みがあった。

その後の、トレーニングで、基本の、使える身体を作る、基本を寝っ転がってやってから、

足の指を動かす、コンディショニング。

右の腰を痛めた原因は、右に力をかけていだから。

左の足が使えてなかつた。

左足で、立つとふらつくのは、以前からわかっていた。

右足立の方が安定していると思ってたけど、それが怪我の原因だった。

 

f:id:happyengel:20190206125705j:image

車で言えば、タイヤが、片方しか機能していない。そのタイヤが不安定なら、車は走らない。

左足が弱い原因は、中学生の時の、ひどい捻挫に起因する。

一ヶ月も休んで、その後、母に自転車で学校に送り迎えしてもらうほどの酷さ。

 

その後、左足がよく、グネルようになった。

右側の足の付け根がよく痛くなった。

思えば、首の痛みも、腰が慢性的に痛かった。

めまいがして、吐き気がしたり。

たくさん歩くと、腰が洗濯板のように張るのだけど、それは右側だった。

つまり、わたしは、右の足て、支えながら暮らしてきたということ。

筋トレで、負荷が、さらにかかって、ついに悲鳴をあげたのだった。

基本からやり直さなければ、動ける身体を作れないことがわかった。

玉三郎は、子供の時に小児麻痺になった逃した原因で、片方の足が短い。

足袋の中に、高さを揃えるように詰め物をしている光景をテレビで見た。

素足の舞台だと、片方と足に負担をかけている。

深層の筋肉を鍛えて、毎日、何時間もトレーナーの指導で、トレーニングし、マッサージを欠かさないことで、やっと舞台を務めている。

最近は、それも難しいのでは?と懸念される場面がある。

ハラハラしながら観ていたけれど、

わたしの身体も、片方に力をかけて、不安定な状態で、今までやってきた。

だから、いつも、右側に負担がかかって、足がだるかったり、腰の右側が辛かったりしたわけ。

前日は、歯医者さんの診察日で、久しぶりに歩いた。

塚本から、十三に往復して、十三から、梅田まで、歩いた。

しばらく歩いてないから、どれくらい歩けるか試してみたかった。

梅田について、だいぶん疲れてた。

ゆかりの、広島焼きが食べたくて、運動して、カロリーを減らしておこうとか。

ランチは、4時まで。

ランチですか?

と聞いてもらえて、はい、と答える。

 

f:id:happyengel:20190206125731j:image

一月は、ランチなくて、広島焼きを1480円。

ランチは、サラダと飲み物付きで、980円。

ゆかりの広島焼きにはまってて。

食後、腹ごなしに、フェスティバルホールまで、また歩いた。

その日は、19000歩を超えた。

疲れていて、足を酷使していたことが、また、腰をやってしまってからわかった。

 

f:id:happyengel:20190206125745j:imagef:id:happyengel:20190206125757j:image

 

 

 

歩くのも、ほどほどにしないと、片足で歩いていだとわかって、ゾッとした。

全ての原因は、左足が使えてなかったということに起因する、とわたしは今の納得している。

慌ててはいけない。

急に、左足を強化しようなんていう考えは持たない方が良い、ということも、わかったつもりだけど、

わたしのことだから、また、間違ったやり方で、

自分で痛めることあり。

トレーナーは、絶対いるなあ、と思った。