青空に白い雲が流れるように

読んでくださるあなたに。小さな幸せを感じてほしい。そして私も、読んでくださることで、一人じゃない幸せを感じていたい。そんな思いで、あらゆる垣根を持たないて、好奇心のおもむくままに、手を走らせていたい。明日への小さな幸せを求めて。

松竹座の玉三郎

f:id:happyengel:20180120151010j:imagef:id:happyengel:20180120150942j:image

 

新春特別公演は、あと一週間ほどで終わる。

今日は、イヤフオーンの解説を借りた。

幕間の、玉三郎と壱太郎のインタビューが聴きたくて。

インタビューも良かったけれぉ、解説でとても良かった。

長唄の、セリフも解説付きで丁寧な説明があった。

700円は、節約したくなるけど、絶対に借りた方が良い。今回は特に。

そして、可能なら、 是非是非観るべき。

 

 

 f:id:happyengel:20180120151050j:image

秋の七草、は長唄お囃子で、完成された名曲なので、舞踊は難しいものを、玉三郎だから、お屋敷の奥に、長年暮らしている高貴な身分の女性が、屋敷の庭に咲く、秋の七草を鑑賞し、虫の音に耳を傾け

風を扇で、微妙な動きで表現できる。

琴の演奏も素晴らしい。着物はすべて玉三郎が選んでいる。淡い藤色の着物に、秋の花があしらわれたもの。

舞台は、演奏を含めて、芸術生の高い舞台。

傾城は、絶対見逃せない。

廓の春から、夏、赤、冬を、玉三郎が演じてきた、傾城の季節の曲を使って、踊り分けている。

また、衣装がすごい。

f:id:happyengel:20180120151104j:image

 

夕霧のために京都の西陣織元で特注の衣装も、夕霧では、少し見せるだけなので、今回の舞台で披露して、踊っている。

春から、始まる、傾城は、夜のぼんぼりの灯りを、暗い観客席の上部に作っていて、それが消えると、明るい舞台に、玉三郎が、花魁道中の美しい姿で。

ハチ回しの歩き方の美しさ。

ため息ばかり。

傾城というのは、城も傾くほどの美女から、生まれた名前。

廓の中、三千人ほどいる中で、傾城は、数人。神室のころから、あらゆる芸事、書道か、お茶、華道まで秀でて、気品と教養も身につけ、背丈が高いことが要求される。

玉三郎が、その条件にピッタリなので、玉三郎の花魁ほど、美しい姿を見ることは不可能だと思われる。

マブというのは、傾城が恋に陥る客のこと。傾城は、自分の払いで、マブを待つこともある。

春には、桜門に、桜が植えられる。桜が終われば、根こそぎ取られて、菜の花に。四季の花に変わっていく。

 

f:id:happyengel:20180120151149j:image

恋しい人を待つ切なさ、季節を追って、玉三郎は、衣装を変えて踊る。

冬になり、白い鳥と雪を一面にあしらった、黒の打掛で、マブとの、幸せな逢瀬の後、マブを王門まで、送って、見返りの橋に、名残を残すマブを見送るという場面で終わる。

玉三郎は、壱太郎に、期待をかけているよう。

吾妻流の家元である、壱太郎の舞踊が、基礎がしっかりしていて、よく踊れると評価している。

2代目鴈治郎を尊敬していたという玉三郎。

2代目の鴈治郎は、映画でも活躍。歌舞伎では、上方歌舞伎の全盛期を飾った役者。上方歌舞伎と江戸歌舞伎が、揃って発展しなければならないと、藤十郎が常々言っていると、壱太郎が、向上で述べている。

 

f:id:happyengel:20180120151249j:image

教えるとか教えないとかよりも、一緒に作り上げていくことで、伝わっていくものが大事だと思う玉三郎は語っている。

三月は、歌舞伎座で、壱太郎が、滝の白糸をやるおか。

玉三郎の演出なので、楽しみな舞台になるだろう。

お正月に、玉三郎が、歌舞伎座の襲名披露に出ないで、関西弁の松竹座に出るのは、特別な思いがあるからだと思う。

それだけに、最高の舞台を作り上げたいという、意気込みもすごかったに違いない。

関西人、上方歌舞伎にとっては、最上のお年玉に違いない。

 

京鹿の子娘五人道成寺

 

f:id:happyengel:20180119232016j:image

神戸松竹に、玉三郎が編集制作した、歌舞伎座での、二月公演、京鹿の子娘五人道成寺、映像化したものを観にいきました。

友人3人で、西村屋の茶屋で待ち合わせて、お昼は大好きな、蟹チラシ。

蟹コロッケも食べたいね、単品ありますか?と聞いたら、ありました。

 f:id:happyengel:20180119232036j:image

なんと、蟹のクリームコロッケ3つとサラダまでついて、1000円。

これはお値打ち。美味しい。

 

f:id:happyengel:20180119232054j:image

蟹チラシには、蟹がふんだんに使われ、イクラとウニまで入って1400円くらい。突き出した赤だしもついて。

f:id:happyengel:20180119232106j:image

店内は広くて、テーブルも余裕を取ってくつろげる。

歌舞伎シネマは、舞台、楽屋、出演している、若手の女型の語りと混ぜ込んで、とてもよくできている。

 

f:id:happyengel:20180119232122j:image

玉三郎と花子を踊る、勘九郎、七之助、児太郎、梅枝、の若手が、歌舞伎座で、一緒に花子を踊れることの幸せと、困難さを語っている。

たしかに

誰も花子にはなれていない。

 

f:id:happyengel:20180119232145j:image

 

f:id:happyengel:20180119232441j:image

 

玉三郎が到達した、花子がどれほど素晴らしいかを、映像は見事に伝えている。

玉三郎は不滅に美しい。

沢田研二のファイナルリサイタル大阪

f:id:happyengel:20180118121059j:image

 

最初から、全開のパワーで、突っ走った感。

力が出し過ぎで声が割れるシーンも。

上機嫌で最後まで、と言った通り、超上機嫌で、最後まで頑張り抜いた。

最後に、古希を迎えて、新しいジュリーを見せたいと言い、9年間一緒にやってきたバンドは、これで最後になると。

だから、満身の力を込めて、このリサイタルを乗り切ったのだつた。

観客を入れて、カメラに記念撮影。

私の席は二階だった。

音楽が始まると、ファンは立ち上がる。

隙間から覗き見で、座って聴いていると、しらけた感じ。

周りを見ると、女性が圧倒的に多い。

奥さんに連れられてやってきた初老の男性も座っている。となりの奥さんはノリノリで、手を振り立っていたが、疲れてお座りしたり、立ったり忙しいこと。

あと10曲というときに、私も立ってエクササイズ。

こういうリサイタルは、立ちっぱなしで、一緒に乗らないと意味ないのかも。

若い女性が目立つ。彼女たちは、激しい曲に合わせて、ガンガンやるのが好きなのだろう。

恋人じゃない、お父さん的魅力。説教されるのに快感を覚えるとか。

今時いないお父さんのイメージ。

舟木のリサイタルとは、両極。

おそらく、夫以外に恋をしたことのない平凡な生活を営んで来た人が、心の恋人として密かに抱いている熱い心。

お行儀が良くて、大人しくて、プレゼントを持っていそいそとやってくる。手を繋いでもらうのが嬉しくて。

舟木を可愛い息子のように応援している人の娘や孫。

夫婦でやってくる人。おばあちゃんと孫。

どちらにしても、支えてくれる熱烈なファンが多いということが、こんなにも長く、続いている証拠。

 

 

相撲は満員御礼

f:id:happyengel:20180116124133j:image

 

貴乃花問題が、相撲界を沸かせている。

千秋楽まで、チケットは売り切れ。

三役小結に昇進した、貴景勝の活躍と、白鵬の取り方に注目が集まっている。

さらに、稀勢の里の復活でどこまで、星を伸ばせるか。

長らく、相撲に興味のない私も、貴景勝が、気になる。

白鵬に何の興味もなかったのだけど、張り手とカツアゲ、で、勝ち上がって優勝を重ねて来た白鵬が、

その手を出さずに、どこまで相撲が取れるかは、興味がある。

貴景勝は、貴乃花部屋から、初めての三役。

芦屋の出身なので、余計に応援したくなる。

日本人力士に強くなって欲しい。横綱になって欲しい、というのは、日本の相撲フアンの誰もの願いだろう。

モンゴール勢が、幅を利かすようになって、相撲を見る気がしなかった。

これは差別意識ではなく、日本古来の相撲なのに、日本人力士になりたい人が少なくて、モンゴールから出稼ぎで、ハングリー精神旺盛な相撲取りが、増えて、横綱に、モンゴール人が3人なんてことになってしまった。

貴乃花が、息子のように育てた、大切な弟子が、モンゴール横綱3人に、リンチの暴力を受けて、今場所は休場でざるをえず、来場所に、出てこれても、十両の末席から、やり直しの状態。

決して許せないと激怒したのも当然のことだと思う。

貴乃花問題から、先日は、行事のセクハラが、白日のもとになった。

これまでの隠蔽組織では、通らなくなった。

これは、貴乃花が、投げかけた、反乱の結果だ。

相撲フアンは、八百長のない、真っ当な相撲をに期待している。

相撲フアンでなかった人も、相撲は見たいと足を運ぶ。

新春ニューイヤーコンサート

f:id:happyengel:20180114162346j:imagef:id:happyengel:20180114162322j:image

 

フェスティバルホールで、毎年恒例の新春ニューイヤーコンサートに行きました。

毎年出演している福井敬さんのテノールが聴きたくて、毎年楽しみなコンサートです。

会場を埋め尽くす観客。

今年は、2年前と同じく、一番前の席。3000円の安い席が買えました。

去年は売り切れてて、6000円の席で、全体が良く見えて良かったのですが。かぶりつきが好きなんです。

 

 

f:id:happyengel:20180114162511j:image

このコンサートは、馴染みの曲ばかりを選んでいます。

今年は福井さん、もっとも良く歌っている、プッチーニの、テゥーランドッドから、、誰も寝てはならぬ、を熱唱。

 

f:id:happyengel:20180114162332j:image 

フエードラから、愛さずにはいられない、を最初に歌って観客を沸かせました。

福井さんが歌うと、フラビが飛び交います。

ソプラノで迎えた、幸田浩子さんも、椿姫の中の、そはかの人か、花から花へ、が素晴らしかった。

大阪フィルハーモニーの演奏と、後ろに控えた、大合唱団が演奏をホローして、なくてはならない存在感を発揮。

大フィルの演奏で、フィンランディアは、ひどかった。

間違いも良く聞こえる位置にすわつているので、音の悪さが良くわかる。

 f:id:happyengel:20180114162406j:image

 

バイオリンが主導する演奏はまだ良かつた。

なんでもですが、良いものを聴く機会に恵まれると、耳が肥えているというか、要求する音とのギャップにがたんとくるものです。

フィンランディアは、私の好きな曲だけに聴きずらかった。合唱が助けてくれました。

ギター演奏の、朴 葵姫、の演奏も素敵でした。

美しい調べで、柔らかく奏でる、トレモロ奏法が、独特の、ささやくようで、しっかりと届いて。

私は最初に演奏した、アルフアンブラが良かった。

次の、禁じられた遊び、であまりにも有名な、愛のロマンス、は、強弱のはっきりした力強さが欲しい。

最後の演奏は、威風堂々。お正月らしい、華やかさがある。これからの希望がみなぎる曲。

アンコールは、椿姫の乾杯の歌。

 

f:id:happyengel:20180114162436j:image

福井さんが、私側のそでから出てきて、感激。

合唱も良かった。ソプラノも。

最後は、いつもの手拍子で。

 

皆、満足して帰って行った。

 

 

晴れやか

f:id:happyengel:20180114110527j:image

 

肺がんと戦っている友人から電話をもらった。

メールしても返事がなく、心配していた。

日本に帰ると、母のこと、病気の友人のことが頭から離れない。

いつのまにかストレスで、ドライアイと咳が出てくる。

息子さんの命日に送ったお供えのお礼に電話があった。

相当痛みを堪えていたらしい。なにもかも絶望的になっていた。

もう病院に行く気力も無くなって、ご主人が病院に電話をかけた。

出した薬を飲んでいますか?

痛み止めの薬のこと。

 

f:id:happyengel:20180114110612j:image

友人は、麻薬だからと、飲まずに痛みを堪えていた。

飲まなきゃダメです。1時間おきになんでもなんの問題もない。

麻酔は進歩しているので、心配ないそう。

薬を飲んだら、いっぺんに痛みはなくなった。

癌が少し小さくなった、

転移もないと言われた。

それを聞いた途端に、友人は、身体中の痛みが消えて、気分が晴れやかになった。

ご主人は、落ち込んで、ストレスから、夜中激しい咳き込み

に襲われていたのが、安堵したら、その夜から咳をしなくなった。

抗がん剤を入れてある間も。以前のように痛みはなく、本を読める前になった、と友人。

本当に良かった。私の気分も、久しぶりに晴れやか。

もう、癌では死なない時代が、5年後にやつてくる。

癌は外科的手術から、抗がん剤の進歩て、新しい時代に入っている。

f:id:happyengel:20180114110311j:image

 

YOSHIKI

f:id:happyengel:20180112092620j:imagef:id:happyengel:20180112092539j:image

 

ニューヨークからの帰り、飛行機の中で、エックスジャパンのドキュメンタリー映画を見ました。

泣きながら観ました。

2日前に、テレビのチャンネルを回すと、またこの知らない世界の、新春特別編で。YOSHIKIが出演していました。

飛行家の中で見たYOSHIKIが語る内容と重複するものが多々ありました。

 f:id:happyengel:20180112092653j:image

 

最後に、YOSHIKIが、ヒデを亡くした喪失感と絶望感から、区切りをつけるために作った、永遠に、という曲を、ピアノで弾いた時、マツコの目にも涙が浮かんでいました。

わたしは。YOSHIKIが好きでしたか、あの映画を見て、さらに魅力的なYOSHIKIに深い感銘を受けました。

可愛がってくれたお父さんの、突然の死。自殺でした。

寝床に横たわる青い死に顔を見た、受け切れることができなかかった。

楽器を与えてくれた父親は、趣味で楽器を演奏していました。

 

f:id:happyengel:20180112092740j:image

YOSHIKIは、何度も自殺を試みたと言います。絶望して、怒りのやり場がなかった。

クラシックピアノから、ドラマを叩き始めたのは、怒りをぶつけるため。ドラマを叩き壊すまで叩き、怒りを鎮めた。

体の弱かつたYOSHIKIは、死に物狂いの演奏で、ボロボロの身体を何度も手術。

痛まない時はない。痛みと生き、心の痛みを楽器にぶつけることで、癒している。

ボーカルのトシが、洗脳されて、エックスジャパンの解散を決意した、YOSHIKIは、絶望と怒りを抑えることができなかった。

二度とトシに会わない、と心に鎖を何重にもして、閉じ込めたという。

 

f:id:happyengel:20180112092814j:image 

10年のブランクを経て、アプローチしてきたのは、トシだった。

エックスジャパンは、海外で絶大な人気がある。

彼らの英語がネイティブだつたら、世界一になれただろうと、最初の海外遠征でいわれていたが、今は熱狂的なファンが会場を埋め尽くす。

YOSHIKIは、いつ死んでも構わない。身体が壊れるまで、死と隣り合わせに音楽活動を続ける、

永遠に残る曲を作りたいと。

YOSHIKI、あなたこそ永遠。FOR EVE R

舟木一夫の魅力

f:id:happyengel:20180111084702j:image

 

舟木一夫の大フアンであると称する、片岡鶴太郎のインタビューで、BS放送「永遠の青春スター。舟木一夫」という放送の中で、最後に、鶴太郎が、舟木一夫を言葉で表現すると、「男の色香」と書いた。

男の色香、なるほど、ピタリ、その言葉が似合う。

新橋で、共演している、笹野さんが、舞台で観ていても、横顔が美しくて、惚れ惚れする。ジャラシーを感じるほど、いい男だ、と語っているが、男が惚れ惚れする男に共通するのは、男の色香、ではないだろうか。

舟木には、当然女性が多いけれど、男の人の姿も目立つ。女性一辺倒ではない。歌を聴きに来る人もいれば、時代劇を楽しみにしている人も多い。

男の色香、といえば、石原裕次郎が思い浮かぶだろう。

全国民的に愛された、永遠の青春スターだった。

 

f:id:happyengel:20180111084720j:image

石原組の男達が、裕次郎に惚れ込んでいた。男の色香、が漂う映画俳優には、往年では、大川橋蔵、市川雷蔵、中村錦之助、など、多数の男優の、男の色香があった。

最近の俳優は、性別が希薄になって、男の色香、というよりも、可愛いとか、カッコいい中性的な魅力を持つ人が多くなったように思われる。

男に好かれる、慕われる人に共通する、男の色香。

舟木一夫は、他の人に見られるように、整形も、シワ取りもしていない。

笑うとくしゃくしゃに皺が目立つけれど、それが若さを失うものではなくて、若々しい。

スタイルも、少し健康的に太って、昔の痩せすぎで弱々しかったイメージがなく、自らにつけた長い体験と努力から、自然体で、何のてらいもなく、謙虚さが美しい。

御三家と言われた、橋幸夫、西郷輝彦は、舟木一夫が、どん底にいて、自宅で、仕事を受け、テープレコーダーと衣装のスーツを持って、出かけて行き、楽屋でアイロンをかけていつころ、ビクターの重役だったり、テレビで活躍していたけれど、今はすっかり影を潜めて、老後の生活を送っているのだろうか。

 

f:id:happyengel:20180111084751j:image

舟木一夫のコレクションは、数がわからないほどのティーシャツ。150本のジーパンと、サングラスのコレクション。

シンプル イズ ベスト の生き様を貫いてきた人だから、いつまでも、変わらない、若々しさと、

男の色香が衰えないのかもしれない。

頂点に立ったから、そこのそこまで落ちるのは、当たり前だと思って、淡々と生きた。

そこからまた、ここまで来て、自分ほど幸せな人間はいない、と感謝している。

やんちゃ坊主を続けていきたい、といって、爽やかに笑った。

 

 

 

 

 

越路吹雪に捧ぐ

f:id:happyengel:20180110222616j:imagef:id:happyengel:20180110222542j:image 

f:id:happyengel:20180110222502j:image

梅田芸術劇場で。宝塚の後輩が、越路吹雪に捧ぐ、コンサートがあり、行ってきました。

昼夜二回公演の夜の部に。

三階の一番前の席でしたが、オペラグラスを使えば、よく見えます。

玉三郎が、松竹座にでているので、夜の部だつたら、もしかして、飛び入りで舞台に立つのでは?と出かけたのですが、そんなことはありませんでした。

 

f:id:happyengel:20180110222519j:image

越路吹雪に1ミリでも近づきたいと、代表の凰蘭が言いました。

越路吹雪は、孤高の存在だということが、宝塚スターの歌で、認識を新たにしました。

全く、近づけるというような言葉が通用しません。

抜群の歌の上手さと雰囲気、魅力は、別格です。

も出演している人たちも、元宝塚スタートして、十分スタイルのよく、服の着こなしも美しく、宝塚スターらしいのですが、越路吹雪は、越路吹雪の世界があまりにも個性的で独特の声と歌い方なので、どうもしっくり聞けなくて。

 

f:id:happyengel:20180110222557j:image 

越路吹雪を知らない、若い宝塚スターのファンがほとんどなので、拍手はもりあがり、カーテンコールを求めて拍手が止まなかったけれど、わたしは白けてしまって。

歌としては、真琴つばさが上手かった。

鳳蘭は、先日テレビで、本人が、

足が短いのよ、服でカバーしていると言っていたように、確かに短かい。

 

 

踊りも歌も習ったことなくて、宝塚を受けて合格したのは、桜蘭と、有馬稲子だけだとか。

 

 

 

 

トランプは政権を投げ出す?

f:id:happyengel:20180109101244j:image

 

トランプ大統領は危機に立たされている。

暴露本に加えて、ロシア疑惑で、近くFBIが、大統領からの聞き取りを行うことになった。

暴露本で、トランプ大統領や側近が、全面否定しようとも、ほぼそうなのだろうと、皆が頷ける。

誰も、トランプ大統領が、頭の良いスマートな人物であるとは思っていない。

商売人が、間違って、大統領に選出された。まさかの大統領誕生だった。

その後の、ツイッターでの、攻撃的なメッセージは、子供じみて、ガキ大将並み。

北朝鮮への、挑発的発言が、北朝鮮に火をつける結果を招いたら、世界は暗黒に陥る。

この辺で、トランプ大統領が、自ら、やーめた、と大統領職を投げ出してくれたら、

と願う。

もともと、なる気のなかった大統領。なってみれば、なかなか良いものだと思ったかもしれないが、

最近、トランプ大統領のお尻に火がつき始めた。

北朝鮮に、核を放棄させる手立てはない。韓国が今日、2年ぶりに会談するというので、トランプ大統領は、韓国を支持した。やれやれ、頼むぜ、と責任の肩代わりに期待している。

もう、そろそろ、大統領職に飽きてきているかもしれない。

振り回しておいて、投げ出すんじゃないか?

子供の思考で考えれば、それもありうる。

トランプ氏が頭の悪い悪ガキなら、その相棒のように、イエスマンであり続けた、日本の安倍首相の今後も、よく似たものになるだろう。

日本の経済成長を、ま金融資本に頼って、実体のない経済成長を、声高らかに自慢しているが、貧富の差はますます広がるばかり。

金利のない貯金が頼りの老人達の紐は固く結ばれ、消費に回らない。

外国の投資家が買い、日本の株を押し上げては、利益確定の売りを繰り返している。その中に、日本銀行が、お金をじゃぶじゃぶ流してて、作ったお金で。

怖いもの知らずの若者が、ビットコインや、ネットで株を買って、儲けていて、消費が伸びているように見えている。

今、潤っているのは、株などの不安定、架空資産を持っている人だけ。

安定を望む国民は、物価の上昇に悲鳴をあげつつ、倹約生活で耐えている。

そのうちに、日本は、地震か、北朝鮮にやられてしまうだろうという、マイナス思考に支えられ。

健全な経済成長は、皆が働き、その果実で経済が成長していくというもの。

見せかけのバブル経済成長は、再び泡と消える時が来る。

日本の首相も、安倍首相が逃げ出す時が来るだろう。逃げ出せば、済むというのは、あまりにも

無責任だが、それがまかり通ってきたのは、国民が選んだから。

トランプ大統領が、やめれば、安倍首相も辞めざるをえないだろう。二人は双子のような存在だから。