青空に白い雲が流れるように

読んでくださるあなたに。小さな幸せを感じてほしい。そして私も、読んでくださることで、一人じゃない幸せを感じていたい。そんな思いで、あらゆる垣根を持たないて、好奇心のおもむくままに、手を走らせていたい。明日への小さな幸せを求めて。

アマデウス、松竹座

f:id:happyengel:20171022110753j:image 

f:id:happyengel:20171022110743j:image

 

明日は台風が来るという。

雨の中、夕方から松竹座に。

午後、母に会いに行くのは車にした。

松竹座に行く前に電車で行こうかとも思ったが、雨がひどかったので、先に来るまで行き、車を家に置いてから、また出かけた。

アメリカ、東京から帰ってきて、歯科医がなくなったことも響いて。疲れているのがわかる。

アマデウスは、株主招待券では来なかった。

チケットを転売するサイトで買った。

定価以下の、というのにつられて。

 

 f:id:happyengel:20171022110823j:image

あとでわかったことだけど、一等席が、半額以下で売っていた。

私が買ったのは三階の二等席。同じ値段で、一等席が買えたのに、と騙されたような気分だった。

 

松本幸四郎の演出で、サリバンを主演に作られたアマデウス。

若い人が多い。

ジャニーズの男の子がモーツアルト薬店出ているからだろう。

幸四郎の声が

聞こえたり聞こえなかったり。

セリフが早口で、よくわからない。

椅子が座り痛めで、ゴツゴツお尻に当たって居心地が悪い。三階の一番前なのだけど、前にガラスが入っているので、線が気になる。この劇場は、背もたれに背中をつけて観なくちゃいけない。

後ろの人が見えないから。

疲れもあり、面白くなかった。

隣に髪の毛を長くした、超太い男性が熱心にオペラグラスで観ているなあ、と思っていた。

幕間に前を歩く姿を見て、女性であることがわかった。大きくて、凄く太っているので、私の横の手すりがある塞がれて窮屈だった。

片側に座っている男性は、ほとんど寝ていた。こちらも大きい人。

熱心に見ている若い子達の笑い声が時折起こる、

1幕が終わって、帰ろうかとも思うけど、そういう勇気が私になくて。

20分の休憩は慌ただしい。劇場のお弁当は売っていない。食べに行く時間はない。

隣のファミマに行き、何を買おうかと思案しているうちに時間が過ぎる。ツナマヨのおにぎりにした。

劇場のなかに戻ると、出て行く老婦人。帰るのだろう。

買ったおにぎりを食べながら、トイレの行列に並んだ、

五分前。

後半のお芝居は、座っているのがやっとで、出たいと思いつつ、最後まで観ていた。

さすがに長いアンコールは付き合えなかった。

100円ショップで、包装品を買い、急いで家路に。

階段を上るのもだるい。

阪急電車の構内にあるイベントショップで、北海道物産展をやつている。

いつもは素通りなんだけど、疲れてお腹も空いている。ふらふらと誘われて入った。

入り口に置いてあるロールケーキを箱に。

若い女の子が、

これ大好き、と言って取った、とうきびチョコ。私も。

これは美味しいです。 

f:id:happyengel:20171022112106j:image

母にプレミアムのプリン。昨日も、施設にプリンを預けたばかりなのに。

ついでに大好きなくるみ餅。

 

f:id:happyengel:20171022112411j:image

甘いものばかり。

余程疲れているのだ。

 

f:id:happyengel:20171022112722j:image

東京でも、栗羊羮だとか、くるみ餅、せんべいや、アーモンドケーキなど、甘いものばかり買ってきた。

 

f:id:happyengel:20171022112641j:image

 

 

普段は買わないのに、やたらに甘いものに気が行く。

ヘトヘトで帰り着いたら、10時半。

近所のファミマは閉まっている。

ファミマからメルカリ便で送らないといけないものがあった。

明日でもと思ったが、台風を警戒して、車で送りに行った。眠い。

事故起こさないかと不安を感じながら。

早起きの癖つけてたのに、また深夜に寝て、朝は8時。

やれやれ。

 

 

 

歯科の予約日

f:id:happyengel:20171021083205j:image

 

歯のメンテナンスの予約日、歯科医院に行くと、時間が来てないのに、早、患者さんが診察室に入っているよう。でも何が変。

靴が三足脱いである。

受付の人が出て来て、

何度かお電話したのですが、院長が亡くなったのです。

一瞬、言葉がなかった。

いつですか?

10月8日です。

私がアメリカにいた時だった。

留守電に入ってたかもしれない。

9月30日まで、診療しておられて、倒れられたとのこと。

診療所を継ぐかたもなく、これからこの診療所をやって行かれるかどうか、何も決まっていない、

三足の靴は、片付けしている彼女たちのものだった。

絵もかかつたまま。カルテも沢山入ったまま、

診療室もきっとそのまま。

歯科医がいなくなって、そのままの状態で残っている。

テンプレートをしていたので、紹介先を準備してくださっていたとのこと。

メンテナンスも、同じように、1時間かけて保険診療でしていただかますから、と言われた。

前原歯科医院のパンフレットを渡された。

テンプレートは、前原さんが、日本に持ち込んで研究し始められた。

テンプレートのことは、従姉妹から聞いていた。

前原歯科医院とやり方が違うと、私がかかっていた歯科は、彼なりのやり方を考案したと言う。

前原歯科にメンテナンスの予約の電話をした。カルテが行っていた。

これからはここにお世話になることになる。

テンプレートのメンテナンスも必要だから。

あとで、インプラントのメンテナンスについて聞かなかったことを思い出した。

溝上歯科に電話したらすぐに応答があった。

いつまで電話が通じるかを聞いた。

今月末までだが、休む日もあるそう。

インプラントはどうなりますか?

私のインプラントは、前原歯科医が扱っているものと違うので、前原さんに、私の使っているものでインプラントをやっている歯医者を紹介してもらってください、と言われた。

インプラントは、歯科医によって、使っている方法が違う。

溝上歯科では、スイスのITIが扱っている製品で、一回法の優れたインプラント。

使っている歯科医は少ない。

インプラントは、何年かの保証付で扱っている歯医者が多いけれど、後継者のいない歯科医がいなくなると、保証も消える。

末期ガンが判明してから、一年四ヶ月。

治療が必要な患者を、命の火を燃やし続けて治療してこられた。

あらゆるものを試していると言われていた。

毎回、私は行くたびに、痩せて行かれるのを見ると心が苦しかった。

初めて歯科医に会ってから、4年になる。

 

 

溌剌として若々しく、いい歯医者に巡り会えて良かったと思っていた。

名医だった。巡り会えることの滅多にない技術のゴッドハンド。

丁寧で繊細な手の感覚、見つめられる眼のクリアーな美しさ、優しい声。スタッフの女性達に、同僚のように優しく、感謝を忘れない人だった。

 

永遠なんて、誰にもない。いつまでも続くことはどこにもない。

私の一部をもきとられたような、寂しさを伴った空白ができたよう。

どうにもならないのに、納得が行かない。

不在を共有している感覚。

 

 

 

選挙まであと三日

 

f:id:happyengel:20171020133705j:image

衆議院選挙まで、あと三日。

三日で結果はくつがえされるというが、

自民党が優勢だと伝えられている。

ついこの前の都議会選挙で小池フィーバーに沸いた都民は、立憲民主党の枝野さんに乗り換えたよう。

自民党支持者は、安倍さんにお灸を据えたので、許してやろうと今回は支持。

政治家を志す人も、投票する人も質が落ちたと言われている。

立候補者は、選挙民からボロカスに言われるので、当選したら、そのぶんお返しをもらわなくちゃと私利私欲に走る。

 

f:id:happyengel:20171020133729j:image

自転車で一生懸命さをアピールしたり、なりふり構わず、選挙では頑張るが、勝てば、それがゴール。

しばらくは、首が繋がったというわけ。

 

清き一票、と言われた時代がかってはあった。

女性が参政権を得るまでに、長い戦いの歴史があった。

日本が希望に燃える時代かあった、

車妨害などあり得なかった。

いじめられて自殺する子供はいなかった。

皆が貧しいから、助け合って、思いあえた。

貧富の差が激しくなると、心がやみ、貧しくなった。

政治家も、メディアも、議員を支持する人々も、打算で動くようになつて、誰も信じられなくなっている。自己保全のためになんでもやる。

こんな茶番劇を演じているうちに、日本はどんどん世界から取り残されていく。

それでも、まだ遅くない、希望があると思いたい。

選挙でしか変えられない。

悪くても、より悪くない方に希望をかける。

 

 

 

 

 

 

 

マハーバーラタ戦記、歌舞伎座

f:id:happyengel:20171019173935j:imagef:id:happyengel:20171019173603j:image

 

 

今回東京で宿泊したホテルは、麹町にある、東京グリーンホテル。

歌舞伎座から、有楽町線の銀座1丁目から、直通で行けるので、割合便利。

駅から歩いてすぐのところにあって、知覚にセブンイレブンもある。

居酒屋や、料理の店も結構ある。

大きくて綺麗なホテル。

 

 

東京のホテルなしては、安くて利用者の評判も良い。

 

f:id:happyengel:20171019173650j:image

朝食が、1200円のところを、事前予約で1080円なので、チケットを買った。

このホテルの朝食が美味しかったというコメントを見ていたので。

買っておいて良かった。

朝から雨で、セブンイレブンに出かけなくて済んだ。

種類が豊富で、気持ちいいダイニング。

確かにお値打ち。

 

f:id:happyengel:20171019173705j:image

雨なので、歌舞伎座にも、有楽町で乗り換えて、日比谷線の東銀座に乗り換えた。

駅と駅をつなぐ地下の道が長い。階段も深くて多い。

バリを思い出すがそれ以上かも。

 

f:id:happyengel:20171019173721j:image

 

 

歌舞伎座の午前の部は、菊之助が、新作ものに挑んだ、マハーバーラタ戦記、という創作物。

衣装が絢爛豪華で、眼を見張る。インドの物語なので、エキゾチックな、舞台装置も新鮮。

鳴り物に、マンドリンと太鼓を使って、新しい演奏を試みたのも成功している。

最初の1幕は、長くて1時間40分くらいあったが、なかなか良く出来ていらと楽しめた。

ニ幕目から、盛り上がりがない。

菊之助は女型からすっかり立役者が板についた。

お父さんの菊五郎によく似て来た。

真面目な性格が、そのまま、舞台に出ていて、面白さに欠ける、だんだんしんどくなっていく。

立ち回りの速さ、芝居の型や様式美を各所に取り入れている。

 

f:id:happyengel:20171019173913j:image

七之助も、階段から転げ落ちたり、反り返りを披露したりで、頑張っているのだけど。

野田秀樹桜の森の満開の下、や、猿之助のワンピースなど、感動を与えて、もっと見たい、また見たいという魅力がない。

期待していただけに、残念。

三階の正面席は、声も良く聞こえる。

舞台も良く見える。

 

 

一階のように、前に余裕がかけるけど、値段も安いので、これからは、ここが良いなあと思う。

12月は玉三郎が歌舞伎座に出演する。

歌舞伎座10月は芸術祭

f:id:happyengel:20171019085632j:image 

 

f:id:happyengel:20171019085421j:image

アメリカから帰って、時差ボケもなく元気に暮らせているのは、飛行機がビジネスだったから。

もう1つの理由は、予定が詰まっているから。

 

朝早く起きている。早く片付けて、1日に余裕ができる。

このサイクルを壊したくないと思う。

宵っ張りの朝寝坊は、何もしないうちに日が暮れる。

 

f:id:happyengel:20171019085443j:image

東京は冬の寒さだというので、厚着をして来たら、

案外暖かくて。

クレジットカードの修得通知が、郵便で送られて来た。

全く気づいてなかった。

 

f:id:happyengel:20171019090031j:image

東京空港警察に届いている。

クレジット会社に電話したら、そういうこと。

取りに行けないので、送ってもらおうと、警察署に電話したら、成田ではなく、羽田空港。

それしや、明日行くから取りに行きます。

 

f:id:happyengel:20171019085502j:image

空港から歩いて10分くらいのところに、立派な警察署があった。

クレジットは無効で再発行は、1080円いる。

パスモ付きのanaカードだった。羽田空港で買い物して忘れて来たらしい。

陸マイラーお勧めのカードなので、また作ってもらうことにした。

 

 

歌舞伎座に来るので、ちょうど良いタイミングだった。

歌舞伎座の夜の部は、玉三郎が出ている。しかも、2つの舞台に。

 

f:id:happyengel:20171019085540j:image

節約して、三階席を買っていた。

東側の席で、前のめりで見ていると、隣の人が引っ込んで欲しいとういうので、身体を変に使って、見ていたので、身体中が筋肉痛のようになつている。

 

f:id:happyengel:20171019085559j:image

最初の出し物では、玉三郎が、淀君に扮して、千姫をいじめる怖い姑から、気が狂ったやだを演じる。

気品を失わず、哀れさを表現しつつ、高貴な美しさを持った淀君。玉三郎ならではの役所。

 

f:id:happyengel:20171019085729j:image

 

 

秀頼に七之助。若々しくて、優しく、気品あふれ秀頼は、七之助のぴったり。

二作目は、鴈治郎、七之助、中村芝翫の共演で、

上方歌舞伎。

東側は、声が聞こえにくくて、寝てしまっていた。

最後の、玉三郎だけ観られたら良いと思って高田もつて。

秋の七種、という舞踊。

 

f:id:happyengel:20171019085739j:image

ものすごく綺麗。

踊りも素晴らしい。

淀君は、メーキャンブが、きつい顔に作っていたけど、こちらは、玉三郎の美の境地を思わせる。

梅枝と兒太郎が加わって七種の花を添えている。

二人がお琴に挑戦。

玉三郎が演出したものだろう。

本当に、素晴らしか美しくて、秋の風情が漂う玉三郎。

八千代座では、一人で踊ったのを観ているが、こちらの方がはるかに良かった。

舞台が大きい方が良い。

 

f:id:happyengel:20171019085818j:image

この踊りだけの、幕見は、わずか800円で観られる。

この機会に恵まれたひとは幸せだと思う。

玉三郎の衣装は、最初は薄い藤色とブルー。

琴の演奏を挟んで着替えて来たのは、黒。

どちらもとてもよく似合っていた。

背が高くて、すらっとしている玉三郎の魅力を120パーセント出せる踊り。

玉三郎自身、好きな舞だとか。

 

f:id:happyengel:20171019090005j:image

 

夜は幕間にお弁当を食べた。

辯末の赤飯弁当。美味しくて最近はまっている。

 

 

メーシーズデパート

f:id:happyengel:20171016153618j:imagef:id:happyengel:20171016153549j:image

 

アメリカの各地にある、メーシーズのデパートは、市民に愛される庶民派のデパートで知られている。

シカゴは、メーシーズの発祥の地で、本店がある。

雨宿りのついでに入った大きなデパートは、メーシーズの本店だった。

 

f:id:happyengel:20171016153651j:image

 

通りから、通りまでの長くて、広い店内は、他の店よりも美しくクラシックな雰囲気がある。

実は、最上階に上がって、この店が発祥の地であることを知った。

 

 

メーシーズも、100年の歴史があり、創業からの経営者の写真や、当時の店、働く人々、街の様子を写した写真が飾られていた。

 

f:id:happyengel:20171016153828j:image

クリスマスが近くなり、メーシーズのクリスマス、の代表的な、飾り付けのうちでも、一際素晴らしい、クリスマスコーナーがある。

 

f:id:happyengel:20171016153928j:image

広いコーナーは、クリスマスの飾りで、夢のような空間。

 

f:id:happyengel:20171016154003j:image

サンフランシスコ空港に

f:id:happyengel:20171015150225j:image

 

たった1日、寝るだけとサンフランシスコから、翌朝早く起きだして、散歩しようかと思ってたら、外はまだ真っ暗。

用意したり、体操したりしていたら、時間はすぐ経つ。

 

f:id:happyengel:20171015150256j:image 

朝食の記憶は、良い加減なのか、なくなったのかわからないけど、パンケーキはなく、トーストだけ。バナナがあるが他には、何もなくて、食べないです出て行った。

 

f:id:happyengel:20171015150238j:image

早めに着いたら、ラウンジに行けば良い。

飛行場行きのパートは、 平日は早くから走っていて、本数もある。

日曜日に出た時にひどい目にしてあった苦い思い出があるのも、良い教訓になった。

 

f:id:happyengel:20171015150314j:image

飛行場に着くと、チェックインとすぐに通った。

免税店で何か買おうかと見てたけど、どれも高くて。

ラウンジに行くと、工事中で、他のラウンジを勧められたが、遠い。

飛行機が出るあたりに、臨時のラウンジがあるが、そこは満席だという。

もっと早く行けばよかったとおもいながら、一度行ってみる。途中に、はファーストクラブ専用のラウンジがあった。

 

f:id:happyengel:20171015150347j:image

入ってみたら、中に入ることができた。

これが臨時というとないと思ったけど、わからない。

中は、結構人が多くて、専用の椅子はなかった。

食べ物もお酒も高級そう。

飛行機の中でまた、シャンパンから頼もうと思ってたので、飲まない方が良いのだけど、少しづつ試し飲み。

モエのシャンパンが入っているので、それも。

カリフォルニアワインを飲まなかったので、ワインは、カリフォルニアにこだわっている。

ふと思い出した。

セキュリティで首から下げていた、

ドルと日本円の入ったい入れものを、つけて来なかったことを。自動車免許も入っている。

真っ青になった。

だいぶん時間がたつている。

慌てて、セキュリティチェックの所に戻った。

小さな袋で、と言うと、女性検査官が、笑いながら、これでしようと言わんばかりに、机の引き出しから出してくれた。

写真入りの免許証が入っていたので、問われることもなかったのだろう。

本当にやれやれ、助かった。

アメリカドルも日本円も、私としては大金が入っていた。

いつも、何か忘れている。

真っ青が結構ある。

情けない。

慎重さに欠けるのが私の特技みたいなもの。

 

f:id:happyengel:20171015150416j:image

飛行機の中で、隣の老夫婦らしき素敵な女性が、シャンパンから始まって、白ワインを何枚もお代わりしているのにつられて、私もセーブなしにもらった。

 

 

 

 

あれだけ飲めるのだから、少しくらい良いや、と。

胸がムカつく。

体格が違うのだ。

食事は、スペアリブを頼んだ。

彼女に合わせて、デザートはチーズと、アイスクリームまで。

片方にいる日本人の男性は、ウイスキーの氷割りをお代わりしていた。

彼は日本食を食べている。きっと美味しくないけど、帰りは、日本食が恋しくなる。

 

f:id:happyengel:20171015150625j:image

少し寝て、起きていた。

日本映画を

二本見た。

三月のライオン、というと神木君の主演映画、将棋指しの話が、面白くて、iPhoneに、将棋の初心者用のソフトを入れた。

 

f:id:happyengel:20171015150638j:image

 

f:id:happyengel:20171015150656j:image

ブームで、子供達にもすごく盛ん。

 

父と子供の頃、少し遊んだ体験がある。

ルールはほとんど忘れていた。

 

 

サンフランシスコに

f:id:happyengel:20171013022102j:imagef:id:happyengel:20171013022012j:image

 

 

 

f:id:happyengel:20171013021921j:imagef:id:happyengel:20171013021900j:imageシカゴからの飛行機は2時間遅れて サンフランシスコに着いた。

ネットで、uberという、格安タクシーを頼もうと思った。

5分で来る。25分でホテルに着く。

でも慣れないものを使うよりもいつものバートにした。

往復で19.80.

ホテルにたどり着いたのは夜の9時半を過ぎていた。

こんなホテルだったかしら。

 

f:id:happyengel:20171013021948j:image

 

 

シカゴのホテルとの違い。狭い。

値段はこちらの方がずっと高い。

 

f:id:happyengel:20171013022051j:image 

それでも、私はグッドプライス。日増しに上がって、ソールドアウトになっていた。

便利が取り柄と安全な場所。清潔 というところが人気。

どこにも行く時間がなかった。

すぐに買い物に出た。

パウエル駅から 歩いても2分くらい の場所にある。

ケーブルは夜中まで走っている。

 

 

観光客は、空いた夜遅くに も、待っていた。

こちらはもうその元気はない。

食べ物を買って、ワインの小瓶を求めて歩き、ホテルに戻った。

11時過ぎていた。

 

f:id:happyengel:20171013022130j:image

 

向かいに大きなデリカテッセンも置いている ファーマシーがある。店で食べることもできる。

サラダを8ドル、水を2ドルで買った。

ワインは酒屋で、2ドル。

シカゴからもって来た、オレンジとバナナもある。

夜遅く食べて、いつもの体操をして、シャワーを浴びて、

寝たのは夜中の2時。朝、5時半に 目を覚ました。

 

ミレニアムパーク

 

 

f:id:happyengel:20171012154304j:image

 

navy pierを見てから、ミレニアムパークに向かった。

バスで降りたら、昨日の美術館のそばだった。

f:id:happyengel:20171012154409j:image

 

バスを途中で降りて、トレインに乗り換えて、時間をかけたのだけど、すでに着いてたのも同然。一駅か二駅の違いだった。

f:id:happyengel:20171012154407j:image

 

アメリカのバスは、停留所がワンブロックごとになっているので、混んでいるダウンタウンに入ると、動かない、歩いた方が早いとイラつくことがあるがシカゴは特にひどい。

美術館の横がミレニアムパークだった。

 

f:id:happyengel:20171012154317j:image

マダンアート館が正面から見える。

安藤忠男の建築とか。

安藤忠男は、コンクリートの打ちっぱなしが多いので、違った感じがする。すっきりして美しい。

公園の中には、アートのオブジェがいくつか展示されている。

冬はスケートができる、リングも。

f:id:happyengel:20171012154409j:image

 

コンサート会場が広大な芝生の前に、宇宙的な空間もステージ。

 

f:id:happyengel:20171012154238j:image

ビーンズの形をした大きな鏡のオブジェに、皆が群がって、写真を撮っている。面白い。自分の姿が見え様々な形で見える。

公園の照明がつきだして、ロマンチックな公園に変わって行く。

f:id:happyengel:20171012154239j:image

雨が少し降り出した。

シアター地区に行こうと歩き出したら、突然大雨になった。

 

f:id:happyengel:20171012154540j:image

止みそうもない。土砂降りの雨の中、傘をささずに平気で歩いている人。

店先の日よけの下で、雨が上がらないかと待っていたけど、デパートらしいので、中に入った。

腰が痛む。昨日は18500歩歩いている。

今日は何歩になるか?

 

 

シカゴは悪天候

f:id:happyengel:20171012055225j:image

滞在ホテル

 

3泊のホテル、なかなか良かった。

便利な場所にあり、エクスペディアで、安く取れた。支払いは日本円で45000円。

 

f:id:happyengel:20171012055749j:image

食事も何もないし、シャワーだけだけど、部屋が広照明が間接で暗いのが目の悪い私には不便。

テーブルが高くて椅子が低いので、アイパッドが使いにくいのも難点だったが、それ以外は安いから満足できた、

毎日まくらチップを置くと綺麗になっていた、 

ホテルを出て、トレインで空港に。

 

f:id:happyengel:20171012055806j:image 

階段を使わなくても良い方法を調べてたのに、とんでもない。

間違えて反対方向に行って、また降りるのに階段、

反対側から出て、ブルーラインに行くと、また、階段を降りないとブラットホームに行けない?上りだけエスカレーターがある。

この辺りはまだましだけど、ブルーラインは、外を走り出すと、全て階段。

発展するシカゴの、影の部分は、貧乏人の使う公共機関だ。

乗っているのは、ルーマニア人らしい家族とか、イスラムや、黒人。

車で飛行場に行く人や、タクシーを使う人には優遇、

シカゴ空港は悪天候で、トラフィックが混んでて、大幅な遅れが続いている。

サンフランシスコにつくのは、だいぶん遅くなりそう。

空港のホテルにしておけばよかったと後悔する。

ダウンタウンに、重いスーツケース持って行って、寝る時間もあまりなくなるだけ。

サンフランシスコで買い物も無理だと思う。

何も買えない。

 

f:id:happyengel:20171012055838j:image

あとは、翌朝、早めに行って、空港の中で、母の施設に待って行くお土産だけでも買えたら良しとしなければならない、

シカゴ空港に、シングルチケットを3ドルで買うのにももたついた、

5ドルのおつりが出ないという。クレジットをいれたら、なぜか、ビンが違うと受け付けない。

三日間のチケットは、昨日まで、

 

f:id:happyengel:20171012055907j:image

節約して乗ろうとすると、あらゆる面で、トラブル。

肩が痛む。地下鉄の階段は、深く掘ってて、長い。

三階分はゆうにあるのを、片手に持って降りる。

若くもないのに、膝と肩がおかしい。

今、ソフトバンクの、アメリカ放題を使っている。

空港にあるフリーは、30分だけ無料で、あとは支払いが生じる。

国内線はラウンジに入らないので、

パンとコーヒーを買って、待つ間に食べた。

飛行機の中は何も出ないので、中で食べようと思ってた物、

疲れることばかり。