青空に白い雲が流れるように

読んでくださるあなたに。小さな幸せを感じてほしい。そして私も、読んでくださることで、一人じゃない幸せを感じていたい。そんな思いで、あらゆる垣根を持たないて、好奇心のおもむくままに、手を走らせていたい。明日への小さな幸せを求めて。

忘年会

 

f:id:happyengel:20171217114406j:image

 

久しぶりに、友人宅で、恒例の忘年会に参加させてもらいました。

六甲ケーブルしたで降りて、坂道を下ったところにある、アパートの地下室での忘年会は、初めて。

改築して、ギャラリー用に作った部屋で、隣室は、お茶室に作られた部屋。ガラージから、お茶室に入ると、声はすれども人がいません。

お料理が置いてあって、その奥の部屋に、集まった人たちの賑やかな声。

部屋は広くて、集まった13人もの人達が、2つのテーブルに分かれて。

 

f:id:happyengel:20171217114419j:image

去年も好評だったという、下関から取り寄せの、てつは、肉厚で、一万円だとか。

一口いただいたら、昆布締めの昆布の味がしたので、あとは食べてもらいました。

あんこ鍋も、たっぷりの昆布出し。

一回くらいいいや、とお鍋のお野菜を主体にいただきました。

あんこの出汁がきいて、とても美味しい。

バリから、一昨日に帰ってこられた方が、チーズを持参されて、カマンベールが美味しくて。

焼きたてのパンと、チーズに、ワインがあれば、わたしは最高。

 

 

人数が多いので、様々なワインが楽しめるのも楽しい。

話題は、トランプのエルサレムに大使館を移す話で盛り上がっていました。

バリから帰ってきた人は、フランスの税金の話。

あちらでもこちらでも、話したい人が好き勝手なお話。

時々交錯するように、人々の関心がうつり、

や時間があっという間に過ぎていました。

お料理上手な人が、参加者の13人用に、切り分けられるようにイチゴが13個のデコレーションケーキを作ってこられて。

13個にどうして切り分けるのだろうと思ったら、そういうことでした。

お抹茶とおまんじゅうまで。

会費の2500円

では、大赤字だと思う。

洗い物や、準備にも大変な労力。

何十年と続いている忘年会は、ひとえに友人の情熱と労力のおかげです。

やってきて、食べて飲んで、よく喋って帰る人達は、一様に寂しい人達。

冬の寒さをひとときの暖かさで包んでもらって、幸せを抱いて家路につく。

 

 

12月歌舞伎座、第1部

12月の歌舞伎座公演は、三部に分かれている。

f:id:happyengel:20171216005401j:image

 

一部の公演は、愛之助が主役の実盛物語と、松緑の、土蜘蛛。

一部は、三階の一番前の席を買った。

あまり見たいというほどのものでもなかったけれど、東京にお芝居を見に来るのだから、

私が魅力ない思うのも、他の人が思うように、席は沢山空いていた。

一番前の席も、四、五列目の見やすい席も、並びで空いている。

演ずる者はやりがいないだろう。

人気の役者が出ているときは、幕見席も長く並んで席とりをするのだけど、すぐに入れるよう。

夜の部の玉三郎でも、幕見席は空いていて、外人がチケットを買っていたぐらい。

心はやる役者が出ていないと、歌舞伎は盛り上がらないものだけど、芝居を演ずる役者の度量も関係するだろう。

三階席は、前が狭いので、肩が凝る。

外にだしてもらうのにも、席に座ったまま、どうぞと言われても、隙間が無くて。

前の壁に、鉄の部分が出てて、膝を打ち付けてしまった。

痛いのと、しまったと思うのと、大事な膝を痛めてしまったのではないかという恐怖。

芝居が終わってから、昼食。

 

f:id:happyengel:20171216005427j:image

歌舞伎座の向かい側にある、マザーリーフに。

まだランチの時間ないだった。

今日は、ローストビーフのサラダ。

初めてこの店に入った時に、ワインとかとサラダを食べた。

 

f:id:happyengel:20171216005436j:image

以来、サラダを頼むのだけど、チキンサラダばかりだった。

サラダも美味しいが、ワッフルが食べたいのも、この店をえらぶ理由になつている。柔らかくてふわっとしたワッフルをシロップにつけていただく。

ランチは、スープと紅茶かコーヒーがついて、1200円。

女性に人気のお店で、いつも混んでいる。

 

 

 

 

 

 

 

十二月歌舞伎座、玉三郎

f:id:happyengel:20171215154359j:imagef:id:happyengel:20171215154343j:image

 

師走の歌舞伎座は、玉三郎が、夜の部、三部に出演している。

中車とのコンビで、瞼の母に、母親の役で。

番場の忠太郎は、中車が熱演。

玉三郎の美しさは、次の舞台、楊貴妃。

ヤクザの忠太郎が、9つで亡くなったと思っていた、忠太郎だとは思えずに、冷たくあしらう気の強い母親役の玉三郎は、お歯黒で、まゆを落としている老け役。

私は玉三郎を間近に見たくて、まえから二番目の真ん中の席を買っていた。

声もよく聞こえて、玉三郎がセリフを間違えかけて、つまつたのもはっきり聞き取れた。

 

 

f:id:happyengel:20171215154427j:image 

中車の忠太郎は、演技は上手いけれど、張り切りすぎているのか、健気さ、哀れさに欠けるのが、惜しい。

娘役の梅子は、顔が大きくて長くて、玉三郎の顔が余計に小さく見えた。

楊貴妃では、中車が、方士という、老人になって、玉三郎と一緒に踊る。

日本舞踊のような動きがない。

 

f:id:happyengel:20171215154437j:image 

手を差し伸べたり、歩いたりというのが多いので、まずまず見られる。

楊貴妃の玉三郎は、とても美しい。

崑崙で学んだ、崑劇風の身のこなしで、静かな動き。

舞扇をうまく使って優雅さを演出している。

伴奏は、お琴の演奏。鼓弓と笛、太鼓も入っていだと思う。

どこか、満足感はなかった。

 

f:id:happyengel:20171215154511j:image

感激もなかった。

安藤忠雄の展覧会の余韻が残っていたからか、

中車とのコンビが、盛り上がらないからか。

 

 

 

安藤忠雄の挑戦、国立新美術館

f:id:happyengel:20171215001413j:image

 

安藤忠雄の挑戦、を、国立新美術館に観に行きました。

18日までだつたので、歌舞伎の夜の部を見る前に行ってきました。

連日、入場者が多くて、長い時間待たないと入れないと聞いていたのですが、これだけ寒いと空いているかもと期待して。

 

f:id:happyengel:20171215001457j:image

ファミマで、前売りチケットを買ったので、チケット売り場に並ばずに済みました。

入場者の制限があつて、しばらくまちましたが、

割に早く入れてラッキーでした。

安藤忠雄は、全速力で、駆け抜けてきた人。

制作した建築も多くて、よくこれだけの建築物を完成させたものだと感心しました。

絵も、写真も、すごく良い。

 

f:id:happyengel:20171215001525j:image

ビデオで、建築の外観から内部をくまなく映し出していて、その建築のコンテと模型も展示されていますから、熱心に見たいものばかりで、来場者が立ち止まってみながら、解説を読んで行くので、足の止まる時間が長くなる。

私は間から覗き見しながらなので、時間がたっぷりあったら、と。

 

f:id:happyengel:20171215001653j:image

光の教会は

茨城の教会と同じものを、作って展示。ガラスがはいつていないので、光が入って美しい。

直島と光の教会だけ、カメラ撮影が許可されている。

この展覧会は安藤忠雄のこれまでも、全てが、ものすごい情熱とエネルギーを注ぎ込んで、実現したもの。安藤忠雄の生き様が全面的にプレゼントされている。

 

f:id:happyengel:20171215001544j:image

この機会に恵まれたことを感謝してやまない。

カタログを買った。

安藤忠雄の、サイン入り。

重いので、郵便局を探して、送った。

お昼を食べていなかった。

夕食とかねて、六本木の地下鉄に乗る前に、平田牧場、というお肉屋さんと併設した食事処で、タイムサービスの看板に惹かれて、とんかつを食べた。

柔らかくてジューシーなトンカツ。

 

f:id:happyengel:20171215001600j:image

キャベツは寒天を混ぜている。

 

f:id:happyengel:20171215001626j:image

寒天は食べられないので、普通のキャベツに変えてもらった。

 

兵庫トヨタ

f:id:happyengel:20171212204825j:imagef:id:happyengel:20171212204801j:image

 

前の車は、近くのガソリンスタンドで検査受けを頼んでいた。

無料点検がついていて、メンテナンスもそこでしていた。

オイル交換や、痛んだところの交換、冬タイヤもガソリンスタンドで。

ディーラーは高いと言われていた。

アクアを買ってから、兵庫トヨタでお願いするようになって、ディーラーの方がサービスも良く、安いことを知った。

タイヤ交換の値段は同じだけど、ディーラーは、洗車サービス。

飲み物は無料で、自由。

待合の部屋は大きくて、ソファがあり、様々な雑誌も。

飴が置かれている。

 

 

f:id:happyengel:20171212205219j:image 

 

オイル交換だって、チケットを買っておけば、、一回のオイル交換が3000円。ガソリンスタンドでは、おまけしますと言われて、5000円以上いつも払っていた。

アクアを買うときに、いくつかの代理店で見積もりしてもらった。

神戸トヨペットで、頑張って負けれもらったけれど、兵庫トヨタには及ばなかった。

兵庫トヨタと同じ通りにあるディーラーで、カローラを扱っている店で、兵庫トヨタには、叶わない、あそこに行って、見積もりしてもらいなさいと親切に教えてもらった。

サービスもよし、スタッフの対応も最高だと思う。

ホテルでもそうだけど、一流の最低を選ぶと良い。

私が買ったアクアは、兵庫トヨタでは、最低ラインの車だけど、サービスは最高級の車と変わらない。

 

 

 

筋トレ

f:id:happyengel:20171208103147j:image

 

9月から、トレーニングルームで、マシーンを使って筋トレを初めて

3ヶ月。

パーソナルトレーナーの予約をすべく、紙をもらったままで、やめた状態が続いている。

私が行く時間には、必ずと言っていいほど、ほかの人のトレーニングについているので、

バツが悪い。

次の予約をしないままになっているので、やめたとトレーナーは思っているだろう。

たった3回で。

私が行ける時間帯は、夕方なので、その時間はほかの人で詰まっている。

教えてもらったように、一応はやれるので、このままで不都合はない。

続けていると、少しづつ、力が付いて来るように思う。

今日は、コナミに行く日なのだけど、従姉妹からのメールが入るのを待っている。

アパートを借りないで、我が家に泊まってくれた方が、私は便利なのだけど。

アパートに、ネットの設備がなかったのではないかと心配。

電話はないという事だった。

メールが頼りというが、インターネットが入ってないと、どこかのカフェに行くかしないとできないだろう。

筋トレは、しばらく休まないとだめかも。

 

f:id:happyengel:20171208103228j:image

 

コナミで、自力整体というプログラムがある。

これだけは、という人から、良いと勧められた。

2時間もあって、最初に、後半だけ受けた。すごくきつい。

前半は、上半身で、もっときついとか。

今週、前後2時間、自力整体を受けてみた。

翌日から、筋肉痛がひどい状態。

筋トレしてても、効果ないのか、痛む所だらけ。

勧めてくれた人は、何十年もやっていて、翌日なんともないらしい。

肩こりも治ったと言われる。後がすごく気持ちいいのですって。

二、三日しても、筋肉の痛みは消えない。

これを我慢してやってれば、そんなにいいのか、という期待が高まるので、しばらくは続けてみようかと思う。

私の3日坊主が、ギブアップするかもしれないが。無料講習というのが魅力。

人気で、

沢山の人が参加している。床にマットを引くスペースも一杯。

初心者なので、先生がいわれるように、できなかったりで、周りを見ながら、あれ、間違ってる、ということも。

早く終わらないか、そればかり頭をよぎる。

 

 

顔見世、京都ロームシアター

f:id:happyengel:20171207212527j:imagef:id:happyengel:20171207212412j:imagef:id:happyengel:20171207212349j:image

 

従姉妹を伊丹で迎えました。

バリから、日本航空で羽田に着き、一泊して大阪に。

私の家に泊まってもらうつもりでいたので、顔見世は行けないと思っていたのですが、ワンルームマンションを借りたとかで。今日はひとまずアパートの鍵をもらわないといけないから、空港からバスで直行するというので、空港の喫茶店で話ししてから、私は京都に顔見世を見に行く時間ができました。

最初の2つは、あまり興味を誘われなくて、どうでも良かったのですが、人情噺文七元結と、大江山酒呑童子は観たかったので、間に合いました。

 

 f:id:happyengel:20171207212442j:image

ロームシアターに着くと、食事の30分の休憩で、沢山人が出て来たところ。

私の席は、株主招待席です。

いつもは招待席は来ないのですが、今年は、ロームシアターの、顔見世を見ることができました。

二万円の一等席。

後ろの方ですが、二十一番目の真ん中の席をネットで。

舞台が広くて、見やすい席でした。

 

f:id:happyengel:20171207212507j:image

 

 

音響がいいので、お囃子が素晴らしい。

芝翫と扇雀の、貧乏夫婦の息が合って、面白い。

扇雀は、こういうお笑いものは、すごく上手い。

芝居が大詰めにさしかかると、仁左衛門も登場、

破れ畳の上で、芝翫の口上がありました。

仁左衛門は、夜の部は、これだけの出演。場を盛り上げる役目を引き受けています。

 

 

f:id:happyengel:20171207212550j:image 

 

酒呑童子は、勘九郎が扮して、見事な踊りっぷりを見せてもらいました。

仲の良い兄弟の息のあった舞台です。

芝翫の息子達3人も。福之助と歌之助が、女舞を披露していました。若い二人ですから、これからです。

帰りは、臨時のバスが沢山出ているので、帰って来るのもスムーズ。

終わったのは、8時20分。

昔は、お芝居の夜の部が終わるのは、9時半を過ぎていたので、帰れない心配があり、途中で帰ることもあつたのですが。

美味しそうな弁当が、京都の名店から出ていたのを、後で知ったのです。

 

関学グリークラブのコンサート

f:id:happyengel:20171203204848j:imagef:id:happyengel:20171203204812j:image 

 

友人から誘われていた、関学グリークラブの高槻コンサートに行きました。

グリークラブは、先日、コンテストで、今年も金賞を取ったとの報告。

毎年、ずっと金賞の輝いて来たそうです。

私がグリークラブののコンサートなあ誘われて、さんかすだしたのは、二年前くらいから。

友人と会えるのも楽しみなのです。

本番のコンサートが終わってから、客が買えるロビーに集まり、沢山歌を披露してくださいました。

 

 f:id:happyengel:20171203204835j:image

最後に、関学の、風の翼に、を歌ってもらったのですが、不思議に歌詞はすへておほえていて、学生の歌に合わせて、私も歌いました。

コンサートの最後に、舞台で、オールドカンセイ、をクラブに所属する学生全員で、歌い上げたときに、初めて鳥肌が立って、ゾクゾク。

ロビーで、風の翼にを聴いた時は、私も参加して一体となって歌っていました。

 

 

関学を卒業してから、随分の年月。

学生たちは、そばで見ると、皆ハンサムで可愛くて。

風の翼に、というイメージは、関学のキャンパスにしか存在しない。

三田にも、他の大学との合併にも、存在しない。

 

 

f:id:happyengel:20171203205025j:image

 

終わってから、梅田に出て、友人と久しぶりに、飲みながらのおしゃべり。

友人も、悪性リンパ腫の、4ステージから、克服して元気になった人。

友人は、病院に勤めていた人。

 

 f:id:happyengel:20171203205135j:image

免疫療法とか、ブドウ糖をたては癌が治るとか、立証されていないものに頼って、手遅れになったケースが沢山あるので、病院のチームで、最良の治療をけんとうしているから、信頼した方が良いと言われました。

 

f:id:happyengel:20171203205401j:image

小野薬品の、抗がん剤は、300万かかる、高価なものを、健康保険で使えるようになり、上限の月に47万円程の負担で受けられるようになたているそうです。

 

f:id:happyengel:20171203205143j:image

 

友人が受けているのも、その抗がん剤だとききているので、最良の治療を受けているよう。

ワインを一本空けて、結構食べました。

アメリカからの土産話も面白かった。

 

f:id:happyengel:20171203205223j:image

 

ワシントンとニューヨーク、行きたい。

 

鶴橋

 

f:id:happyengel:20171203124948j:image

鶴橋にある、赤十字病院に入院している友人を見舞つた。

鶴橋が美味しいと聞いてはいたが、行ったことはなかった。

病院の面会は、二時からなので、友人と鶴橋で待ち合わせて、お昼を食べる約束。

鶴橋に来て、焼肉を食べなきゃ意味ない、と言うので、ネットで評判の良い、焼肉屋に入った。

私は、そのあと、お見舞いに行くので、お酒も、ニンニクも食べないように心がけたので、付け合わせのキムチや、ナムルなどは、友人に食べてもらい、

お肉を少し食べた。味は美味しかつた。

アジヨンという鶴橋が本店の焼肉店を始め、焼肉屋は、沢山ある。

食事してから、商店街に入って行くと、韓国に来たみたい。旅行気分。

キムチを始め、唐辛子につけた、蟹や、エビ、脇に豚足が、ゴロンと置いてある。

唐辛子の店や、韓国のドレス用の生地の店。

市場の奥で、飲食ができる。

沢山の人が入っていた。

レストランよりも、つうは、こちらの方がメインでやってくる人が多いよう。

友人はあれこれ、キムチだとか、勧められて買っていた。

 f:id:happyengel:20171203125343j:image

病院は、反対側の方にある。

赤十字病院は、新しく建て替えて、綺麗になっている。

抗がん剤を入れた後、しばらく苦しい時期なので、私は遠慮していたのだけど、そろそろ元気が出て来たかなとめーるしたら、明日来て欲しいと。近々退院するから、と言う。

行くと、部屋にいなくて、二階の売店に行くほど元気になっていた。

あとは、通いになる。

病院は、出来るだけベッドを空けるためか、予定よりも一週間早い。

ご主人が、毎日、にんじんジュースと、黒にんにくのスープを持って来る。

御主人が病気になって、献身的に看病していた友人は、あまり長生きするように思えないと心配していた。

御主人が元気になり、やれやれというところで、友人が病に。

全く予期していなかった重い病気。

夫婦だから、気兼ねすることなく、苦しい時も、違いに頼りあって、わがままが言える。

本音の苦しさをぶつけることが出来る。

夫婦の長い旅路は、支え合う時のためにあるのだと思った。

ご主人よりも長生きしたくない、という友人。

病が治らないのだから。

あなたがいなかったら、私はどうすればいいの、と抑えた涙が出て、二人とも泣いている。

 

f:id:happyengel:20171203125427j:image

私の取り柄は、絶対に諦めないこと。母だって、病院のいいなりになつて、あきらめていたら、何度も死んでた、

今も元気でしょう。

絶対に、希望を持って、治す方法を考えて、あきらめないこと。

安藤忠雄も、希望があるから、生きられると言ってる。医者が奇跡だと言うらしい。

私は、余命半年のルポライターが、九年生きたドキュメンタリーとか話して、友人を励まそうとしているが、私のために、何が何でも生きていて欲しいという、過酷な要求かもしれない。

母は、今も生きながらえている。あと、何年でも長く生きていて欲しい。

母がなくなったら、私は一体どうすればいいのか?

母にも、友人にも、私のために、生きて欲しい。

私のエゴが、絶対に、と言わせる。

 

ユニクロの創業祭

f:id:happyengel:20171129105833j:imagef:id:happyengel:20171129105707j:imagef:id:happyengel:20171129105653j:image

 

ユニクロ創業感謝祭の最終日、母のいる施設から、ガーデンズのユニクロに行った。

クリスマスのプレゼントに、カシミヤのセーターを送ろうと思って。

30分の予定が、1時間半もかかった。

カシミヤのセーターのつもりなのに、あれも良さそう、これはどうかと、目移りしていたり、試着してみたり。

息子達は喜ぶかどうかわからない。

去年は、お金で好きなものを買って、ということで済ませたが、カシミヤが好きなので、安くなっているのに、買わないわけない、と思って。

 

f:id:happyengel:20171129110245j:image 

私が欲しいくらいだけど、着るものあるわけだし、私ようには、パンティを買っただけ。

先日まで990円だったのが500円だった。

結局カシミヤのセーターをペアで、ミミちゃんには、チェックの上着。安かったパンティも二つ。

息子用の、暖パンも。

 

支払いは2万円程。

日本に帰ると言っていたのだが、ニューヨークに所有しているアパートが売れて、12月は掃除と。ペンキ塗りなど、リフォームしに行くとか。

ニューヨークのアパートは、コーポレートという、共同で買うシステムのものを買っていた。

通常の物件よりも格安だけど、住むのが条件。

事情で住めない場合は、二年の猶予がある。

 

w

息子のアパートは、猶予をさらに二年伸ばしてもらっていたので、これ以上は無理なので、欲しい人もあって、売却はスムーズだったらしい。

昨日は、歯医者の予約日で、昼食は友人と待ち合わせていた。

ヤマト、という居酒屋で。

人気の店で、いつ行っても待っている人が多い店なので、日曜日は諦めている。

平日だったし、昼過ぎだから空いているだろうと。

平日の昼間に若い人が多い。

 

f:id:happyengel:20171129105821j:image

最近はめっぽうお酒が弱くなっているので、私はビール一杯が限度。

生魚も食べないようにしているので、ああいう居酒屋で、食べたいと思うものが少ない。

天ぷらか、おでん、とか火を通したもの。

昼間っから、飲みすぎた友人は、ご機嫌。

 

 

別れて、コナミに行くつもりで、梅田のユニクロを覗いたら、昨日までの値段から、通常の値段に変わっていて、ひっそりして空いていた。

カシミヤのセーターも、二千円高くなっている。

パンティーも。

日本では、バーゲン価格になったものが、また元の値段で売られることはなかったのではないかと思う。

海外では、こういうバーゲンは普通のことで、アウトレットでも、よくやっている。

パリのデパートでも、その間だけ安かったものが定価に変わる。

日本のショップチャンネルでも、今日限りのお値段、と言って、消費を煽る。

買い手は、余計に得した気になる。

 

f:id:happyengel:20171129105947j:image

ユニクロの

で、昨日、女性用、5900円でゲットしたセーターが、今日は7900円。

良い買い物ができたと感謝する消費者は、7900円では、もう買う気しない。