読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青空に白い雲が流れるように

読んでくださるあなたに。小さな幸せを感じてほしい。そして私も、読んでくださることで、一人じゃない幸せを感じていたい。そんな思いで、あらゆる垣根を持たないて、好奇心のおもむくままに、手を走らせていたい。明日への小さな幸せを求めて。

親離れ、子離れ

f:id:happyengel:20160830144601j:image

 

この所、ワイドショーのネタになっている高畑淳子の記者会見。

しばらくはこのネタで持ちそう。

実につまらないテレビの、お粗末なソース。

被害者の人や家族は、どんな思いで、耳を塞いで堪えているだろうと思うと、こころが痛む。

1時間もの長い記者会見、マスコミの質問は時間を延長して、誠実さを示す。憐れでオロオロしているかわいそうな母親に、視聴者は思わずもらい泣き。私も。

時間をおいて冷静に見ると、おかしい。

息子思いの母親であることは間違いないなだけど、間違っている。

鏡獅子を、勘三郎と勘九郎、七之助の親子が演じている。

この秋は、橋之助が、3人の息子と、襲名披露で演じる。

子供を見守り危険に立ち向かう力をつけてやり、子供を谷底に落とす親獅子。

心は心配で仕方ないが、子供の力を信じて、這い上がってくるのを待つ親獅子。

苦心惨憺しながら、体力をつけ、知力をつけた子供が、這い上がってくると、もう立派な獅子に成長している。

子育ては、動物の親子も同じことが言えるのではないか?

過保護で甘やかすのは禁物。

 

これほど愚かだとは思わなかったわと息子の事を語る高畑親は、自分の愚かさを知らない。

重大な罪を犯した息子は、法の裁きに服することで、自身を省みる時間を得るだろう。自立への第一歩を歩み出すことができるだろう。

どんなことがあっても、私は母親だなんていうのは、子供をオブラートで包んで、プロテクトするよつなもの。

北野武のお母さんのように、

世間様に顔向けできない。お前なんて死んでしまえ、くらいのことが言えれば、立派だ。

二回目の面会をすませ、舞台稽古に入っているとか。

 

愛に満ちた優しい母親に酔いしれているのではないかと思う。

思わす涙を流した視聴者を巻き込んでの劇場ではなかつたのかと。