読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青空に白い雲が流れるように

読んでくださるあなたに。小さな幸せを感じてほしい。そして私も、読んでくださることで、一人じゃない幸せを感じていたい。そんな思いで、あらゆる垣根を持たないて、好奇心のおもむくままに、手を走らせていたい。明日への小さな幸せを求めて。

関空に着いて

f:id:happyengel:20170417223133j:image

 

ソウルからの飛行機が関空に着いたのは、8時35分,

それから、出るまで多分何分かあって、トラムに乗って、税関通って、荷物のところで、トイレに行って、荷物置きの四番まで歩いたら、もうすでに、私の荷物が出ていました。

荷物のチェックを通って、北出口から、一番端の南にある、ABCの、カウンターに、走って行って。

宅急便を頼んで、外に出たら、梅田行きの空港バスが停まっていて、それに飛び乗った。

なんと、なんと、9時。これは、奇跡的な速さ。

私は、早くて9時半に乗れたら、最短の速さと思っていて、当然、タクシーしかない時間。

それが、最終のバスに乗れた。

宅急便の受付も、人がいなかったので、すぐに出来た。

大きな荷物がないと身軽に動ける。

梅田で、ヨーグルトや、バナナなどを買う時間も。

バスは最終。

 

f:id:happyengel:20170417224248j:image

家に帰ると、牛乳箱が置かれて、手紙がドアにはさんである。

留守だと言ってたんだけど、最初にサービスのヨーグルトを入れてくれると言っていたので、早く入れてあった。

来週の金曜日から三週間の契約で、サービスするからと言われて、それならと。

ヨーグルトを飲んで見たら、いけそう。

外交の雇われさんも、ノルマあるから、大変。

チーズなどを買い込んで帰ると、宅急便頼めないけど、生ものは何も買わないで、宅急便を利用するようになって、随分助かっている。

我が家は、埋め込み車庫なので、階段がある。

 

f:id:happyengel:20170417224610j:image

 

 

階段を引きずりあげる必要がなくなって、玄関まで運んでもらえる。

日本航空だと、行き先の現地まで、荷物を預けられるサービスもあるよう。