読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青空に白い雲が流れるように

読んでくださるあなたに。小さな幸せを感じてほしい。そして私も、読んでくださることで、一人じゃない幸せを感じていたい。そんな思いで、あらゆる垣根を持たないて、好奇心のおもむくままに、手を走らせていたい。明日への小さな幸せを求めて。

松竹座、中村雀右衛門襲名

f:id:happyengel:20160714170605j:image

雀右衛門の襲名披露公演。

夜の部。

義経にまつわる話を扱った歌舞伎は、多い。

東京での6月歌舞伎でも、義経に関する出し物ばかりでした。

大阪でも、鬼一法眼三略巻、というお芝居は、平家に使えながら、奴に扮した、実は牛若丸と男気のある熱血漢タイプの奴が、弁慶を想像させる役所です。

f:id:happyengel:20160715095042j:image

口上で

、左から二番目の役者が何方なのかわからなくて。我當さんではないかと思われたが、あまりに変わっておられた。案内の人に聞いたら、やはり我當さんだった。

f:id:happyengel:20160715095110j:image

後ろで、黒子さんが椅子を持っていたので、我當さんではないかと。

口跡のよく通る声だつたのに、すっかり弱られたて。

三幕目は、雀右衛門と仁左衛門のコンビで、鳥鳥辺山心中。

襲名披露のお相手は、仁左衛門。実話を基にした、心中物。

最後は。橋之助が主演の、芋掘り長者。

楽しい、踊りがメインのもの。橋之助のおどけ踊りが絶妙。

大笑いさせてもらった。

腰の痛みを少し忘れてた。