読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青空に白い雲が流れるように

読んでくださるあなたに。小さな幸せを感じてほしい。そして私も、読んでくださることで、一人じゃない幸せを感じていたい。そんな思いで、あらゆる垣根を持たないて、好奇心のおもむくままに、手を走らせていたい。明日への小さな幸せを求めて。

猿之助と勘九郎の競演

f:id:happyengel:20170506223039j:image

 

待望の、五月松竹座。

猿之助と、勘九郎、七之助の夢のような舞台が始まりました。

昼の部は、猿之助が早変わり、夜の部は、勘九郎の早変わりが見ものです。

夜の部の勘九郎は、すごかった。

 

f:id:happyengel:20170506223326j:image

悪役の猿之助が、陰をひそめるくらい、勘九郎の早変わりが、まるでマジックのようで、隣の女性は、笑い声もめちゃでかくて、耳をつんざくくらいなのが、驚嘆のたびに、え?とか、あれ、とかどうなってんの、とか、うるさくて。

 

f:id:happyengel:20170506223051j:image

夜の部は、猿之助が、勘九郎の盛り立て役に徹している。

滝の場面、滝に打たれての、早変わり。

勘九郎は、三役の早変わりをこなして、大奮闘。

最初の出し物は、野崎村。

七之助の演技が光る。

会場は、満席。

 

f:id:happyengel:20170506223118j:image

いつもは、株主招待席に、一等席があてがわれるのだが、今月は、二等席。二階の、6列目からが、最高の席。

チケット売り出し、時間前から待って、一番にネットに入って予約した席。

二階の六番目は、前が通路なので、遮るものなく良く見えた。

 

f:id:happyengel:20170506223129j:image

幕間に、舞台で、浩太郎が、前の席に座っている人達に、滝の場面で、水しぶきがかかるので、ビニールの使い方を面白おかしく説明会して、舞台装置にかかる時間を調整している時、突然、勘九郎が、前の通路を横切って駆け抜けていった。

そばで見られて、声かけて、感激。ラッキーな席だった。

お芝居はこれから、だんだん調子が上がっていく。

まだ始まったばかり。

きっと評判が良い。

 

f:id:happyengel:20170506223143j:image

最初の幕間に、いつもの、はり重に入って、牛カツを頼んだら、なかなか出てこない。

キャンセルできませんか?

今、出来上がるところです。

もうすぐ、お芝居が始まる。

食べてる私の形相がすごかつたのか、店の人が、

折につめましようか?

お願いします。次の幕間に取りに来ます。

次の幕間は20分。

折詰は、二段に詰めてあつた。

冷めてたけど、美味しい。