読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青空に白い雲が流れるように

読んでくださるあなたに。小さな幸せを感じてほしい。そして私も、読んでくださることで、一人じゃない幸せを感じていたい。そんな思いで、あらゆる垣根を持たないて、好奇心のおもむくままに、手を走らせていたい。明日への小さな幸せを求めて。

増田候補の追い上げ

 

f:id:happyengel:20160725170501j:image

都知事選は、小池さんがりーど、増田さんが後を追う体制で、鳥越さんは、一歩も二歩も遅れている。

このままでは、自民党に都知事の椅子を奪われる。

鳥越さん、何やっているのか?

あれほどスタイルに凝る人だとは。

タスキ掛けない。スタイリストに任せているという服装で、若さと好感度をあげようとの戦略は、失敗。

悠長に構えて、なりふり構わず戦う二人との差別化を図っているのが、裏目に出ている。

そこに、あのスキャンダル。服装とスキャンダルが一致する。

 

f:id:happyengel:20160725170539j:image

昔のことだから、今の鳥越さんは、癌を克服して、変わっていると思うのだけど、大衆の心はダウンする。そこに、ダンデイぶり。

年を気にしすぎている。

タスキ掛けて、なりふり構わず、倒れるのも覚悟で頑張れば、都民の心をつかむ事ができるのに残念だ。

古賀さんや、宇佐美さんに

譲る寛容さが欲しかった。

野党連合の、民政党の弱点が、そのまま鳥越さんに現れている。

カッコよさなんてどうでも良い。インテリもいらない。

野党連合で、宇佐美さんを公認していたら、見直したところだつた。やっぱりだめだ。というのが今の感想。

人間は変われる。今日から、死に物狂いを見せて欲しい。

本当に平和を望むのなら、身を捨てても。

3割の有権者がまだ決めかねている。

本気を見せてみ。