読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青空に白い雲が流れるように

読んでくださるあなたに。小さな幸せを感じてほしい。そして私も、読んでくださることで、一人じゃない幸せを感じていたい。そんな思いで、あらゆる垣根を持たないて、好奇心のおもむくままに、手を走らせていたい。明日への小さな幸せを求めて。

ヴオイド、免疫システムが示す、空の自己

暮らし

f:id:happyengel:20170219140351j:image

 

anaの情報誌に、イサム・ノグチについて、生物学者の福岡伸一が、興味ある分析をしていたので、情報誌を 持ち帰った。

興味のありそうな友人に見せてあげようと思って。

自己は自分の中にはない。自己免疫で、自己が死んでいった跡が、自己。

紙で形を切り抜いて、残った抜け殻の形が自己だという。

自分の中に自分を探すな。自分の内部にじぶんはいない。自分の外部にこそむしろ自分はある。

哲学的な思考が 免疫システムによって証明されるというのがとても興味深い。

 

私は、自分の満たされない思いを連れて 旅をすることの説明がつくような気がする。

空っぽの私。

汲んでも汲んでも、飲んでも飲んでも、満たされることがない。

空虚で空っぽだから、書く。

人といると、私は書かない。書けない。書く必要がない。

我を忘れ 、他者によって満たされている

行って帰って来て、楽しかった、美味しかった、という印象だけが残る。無意識の状態にある時が、本当の自分なのか?失われたものの集合。