青空に白い雲が流れるように

読んでくださるあなたに。小さな幸せを感じてほしい。そして私も、読んでくださることで、一人じゃない幸せを感じていたい。そんな思いで、あらゆる垣根を持たないて、好奇心のおもむくままに、手を走らせていたい。明日への小さな幸せを求めて。

オペラ、チェネレントラ

f:id:happyengel:20180514093452j:image

 

f:id:happyengel:20180514093503j:image

 

フェスティバルホールは、5周年を迎えて、特別な舞台を提供している。

4大オーケストラの競演は、残念ながら、忘れていて、9000円のチケットを没にしてしまって。

オペラのチケットを二枚買っていた。

その一枚が、ロッシーニ作曲のオペラ「チェネレントラ」

イタリアで在住、世界で活躍している、脇園彩 の素晴らしいメゾソプラノは、観客を魅了した。

チェネレントラは、灰かぶりという意味。

シンデレラはりロッシーニの人気オペラで、没後150年の記念のベルカントオペラ。

脇園彩は、スカラ座で、同オペラの主役、アンジェリーナを演じて、見逃せない公演で、フェスティバルホールだけ。

演出は、イタリアのフランチェスコ、べっロット。

日本を代表する藤原歌劇団の公演。

大きな絵本の中から、登場人物達は現れることで、絵本の中から小人か妖精達が物語を演じている設定になっていて、私の席は二階の後から2番目なので、小さくしかみえないのだけど、それがかえって面白かった。

 

f:id:happyengel:20180514093602j:image

オペラは、オシャレを楽しむ人が多くて、着てくるものの楽しみもあるよう。

私がいつも普段着ですが、隣に座った女性はドレスを着て、綺麗な背の高い人なので、オペラ歌手かなと思ったり。

まっすぐ背筋を伸ばした状態で観ているので感心する。

私が足を組んだりしないと、お尻が痛くなる。

トレーナーは、姿勢良く座っているのが一番疲れないはずという。

フェスティバルホールの椅子は硬いと思う。

オペラだから時間かかる。2時に始まって終わったのが5時半。

コンサートは、二時間とか、一時間半くらいのが多いので、値打ちはある。

大体オペラとなると高額なので、高い席は買えない。

幸運にも、下から2番目の席が8000円で買えた。

 

f:id:happyengel:20180514093748j:image

七月1日は、イタリアバーリ歌劇場を迎えて、オペラ、トゥーランロッドを楽しみにしている。

こちらは、三階の一番後ろ。それでも9000円で買えたのはラッキーだった。

何万も出せば空いてるけど、海外で、安い席を買っている私とすれば、これでも贅沢。

日本人が沢山海外で活躍するようになっている。

明日は、フェスティバルホールで、ウィーン国立バレー団の日本公演、海賊、に、日本人のバレリーナが二人出ている。

近所の人に頼まれて、ネットで買ってあげた。

友人のブログで、ジュリーの公演がないと書いていた。

今年は、五周年記念の公演が沢山あるので、日にちが上手くいかなかったのではないかと思う。