青空に白い雲が流れるように

読んでくださるあなたに。小さな幸せを感じてほしい。そして私も、読んでくださることで、一人じゃない幸せを感じていたい。そんな思いで、あらゆる垣根を持たないて、好奇心のおもむくままに、手を走らせていたい。明日への小さな幸せを求めて。

ジンテインローが三日間の営業停止

f:id:happyengel:20170527133542j:image

 

電話がかかってきた。

神戸ミントの、ジンデインローです。

土曜日にうちに来られましたね。

と言う出だしで。

食事のあとの症状を聞く電話だった。

店に、何人かが電話をかけていたらしい。衛生状態か、

食べ物が悪かったのだ。

店は3日間、営業停止をしていたらしい。

原因はまだわからないとか、究明中とのこと。

一緒に食事していた友人の電話番号も聞かれた。

七転八倒の苦しみで、翌朝待ってタクシーで病院に行ったことなど話した。

 

f:id:happyengel:20170527133600j:image

私は、憩室炎か、腹膜炎ではないか、腸捻転になつたか、と、自分の憩室炎のことばかり気にしていたので。友人が心配したら困るので、彼女に聞かなかった。

友人も、家に帰って、下痢と腹痛に襲われて、食べ過ぎたと思ったらしい。私に言うと心配するからと、黙っていた。

お互いに、相手を気遣って、黙っていたのだ。レストランからの電話で、中毒だとわかった。

友人は私ほどひどくなくて、医者に行かずに収まってきたという。夜中もトイレに行って寝られたという。

私は憩室炎をも何度かおこしているので、七転八倒の苦しみで、トイレからベッドに行きたくても、痛くて動けなかつた。寝られなかった。

友人が、薬なくて、私よりも軽くて良かったのが、救い。

あのレストランに誘ったのは私。

申し訳ない。

レストランから、何度か電話をもらつたらしいが、私は火曜日から、松竹座や、西宮芸術センター、母の所と出かけていたので、その間にかけてきたよう。

電話してきてくれたのは、誠実だ。

土曜日と、翌日の日曜日にも利用した客が、腹痛と下痢を訴えて、レストランに問い合わせたらしい。