読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青空に白い雲が流れるように

読んでくださるあなたに。小さな幸せを感じてほしい。そして私も、読んでくださることで、一人じゃない幸せを感じていたい。そんな思いで、あらゆる垣根を持たないて、好奇心のおもむくままに、手を走らせていたい。明日への小さな幸せを求めて。

フィガロの結婚プレレクチャー

f:id:happyengel:20170517011211j:image

 

西宮芸術センターの、ワンコインレクチャー、7月の佐渡オペラ、フィガロの結婚、に行きました。

ショップチャンネルで買った商品を返品するのに、クロネコの宅配を依頼していたのです。

楽天のクレジットカードを探してて、見つけたチケット。すっかり日にちを忘れてます。

翌朝、クロネコの集配をキャンセル。

11時と書いてるので、会場に行くと、沢山の人が外で待っている。

あれ、時間が変わったのかと思った。11時は開場の時間だった。

まだ、たっぷり時間があるので、チケットブースで、八千草薫が出ているのがあって、残席があるので、チケットを買った。「これはあなたのもの」という1943年のウクライナが舞台の劇。

 

f:id:happyengel:20170517010636j:image

レクチャーは、一番前の、補助席。

フィガロの結婚、オモテとウラの物語、というタイトルで、音楽評論家で、たくさんの本を出している、堀内修さんのレクチャー。

19世紀のオペラは、真実の恋を追求するものだが、18世紀のオペラは、気まぐれな恋。

フィガロの結婚は、フランスのボーマルシェの戯曲を、翻訳して、オーストリアで、ドイツ語で翻訳され、モーツアルトがオペラにしたもの。

間に、スクリーンで、かつて上演された、様々な劇場での、抜粋の歌手が素晴らしかった。

会場は満席。

ヴェルサイユの夜会、という、誘惑的なタイトルのチケットがあって、残席聞いたら、たくさん残っている。

神戸女学院ホールなので、小さい劇場。。

 

 

f:id:happyengel:20170517010530j:image

 

フランスの古楽を題材にして、17世紀パリのスペインバロック、というのに惹かれて、バックの3000円チケットを買った。

あとで、正面にすればよかったと。

西宮芸術センターに来るチケットは、東京に比べて、値段が安い。