読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青空に白い雲が流れるように

読んでくださるあなたに。小さな幸せを感じてほしい。そして私も、読んでくださることで、一人じゃない幸せを感じていたい。そんな思いで、あらゆる垣根を持たないて、好奇心のおもむくままに、手を走らせていたい。明日への小さな幸せを求めて。

ana ソラチカカード

f:id:happyengel:20170427122251j:image

 

初めて、ANAソラチカカードを使った。

東京に来るのは、歌舞伎を見るためくらいのもので、ほとんど使わないカードだけど、

マイレージを貯めやすいというので作った。

伊丹空港で、京急の往復チケットを買うと、70マイル貯まる。羽田から品川までのチケットに。

けれど、それよりも、もっと安い往復券がある。

マイルはつかない。羽得往復切符は、620円。

10日間有効。

 

f:id:happyengel:20170427122316j:image

泉岳寺からは、ソラチカを使った。3000円チャージのコースにしていたら、そこから、引かれている。メトロに乗るのに、チャージしなくても良いのかわからない。

関西の、スタシアだと、チャージの必要はない。

東京に来ると、チャージすれば使える。

大阪にもパスモのマークがあるところではつかえそうなのて、タッチしたら、無効だった。

どうなってるのか、機械音痴の私にはさっぱり。

東京のメトロに乗ると、乗るたびに.メトロポイントが5ポイント付くと書いている。

大阪の地下鉄は、pitapaで、10パーセント引きだということも知らなかった。

日本の交通費は高い。

めちゃくちゃ高い。

 

f:id:happyengel:20170427122407j:image

バリは、地下鉄とバス国鉄と、トラムも乗り降り自由で、比べ物にならないくらい安い。

空間までの、B線で、無料乗車の検査官が、無断乗車の若い男性に、紙に書かせて、次の駅で、下ろした、

罰金は高い。バリでは、バスでも、時々チェックがある。

日本では、持ってなかったら、車内で買えばそれで済む。

海外では、交通費は安いけれど、違反が見つかれば、罰金は結構高いけれど、そういう人はお金がない。

その若者も、ただ首を振るだけだつた。

 

話は脱線。

ソラチカカードを作っても、メトロポイントを貯める手段があまりないので、いくら、アナのマイルへの交換率が良いといっても、手間暇かけて、わずかなマイル交換は向いてないことがわかった。

メリットは、全日空のお店で10パーセント引き。これはありがたい。

わずかでも。