読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青空に白い雲が流れるように

読んでくださるあなたに。小さな幸せを感じてほしい。そして私も、読んでくださることで、一人じゃない幸せを感じていたい。そんな思いで、あらゆる垣根を持たないて、好奇心のおもむくままに、手を走らせていたい。明日への小さな幸せを求めて。

美術館パスとルーブル

 

 

f:id:happyengel:20170415184541j:image

4日分の美術館パスを買ってしまったので、毎朝8時にアパートを出て、ひたすら、美術館巡り。

歩いた歩数は、毎日25000歩を超えて、腰を曲げるにも、背中が洗濯板のようになって痛いという結果の3日間だった。

もう限界に来て、4日目の美術館パスは、パス。朝起きて、洗濯して、食べ物をかたずけ、綺麗に残さず食べられたことに、喜びを感じて、お腹ははち切れんばかり。

これで帰ってすぐに、歯医者の予約が入っている。予約時間が朝の9時なので、明日なら、全日空の飛行機も取れたのだけど、中1日は休みたいと思って、アシアナにした。

 ソウルで、5時間以上の待ち時間がある。

 

f:id:happyengel:20170415184701j:image

ラファエロ

美術館は、私の見たいと思う特別展をやっていて、それがラッキーだった。

ルーブル美術館に、チケットを買った翌朝、もっと早く出て行った。

チケットをあらかじめ持っていると、別の入り口から、並ばずに入ることが出来ると書いてたので、その入り口にあたる、。リシュリューの入口に行くと、同じこと思って来ている夫婦がいた。

前日、地下の入り口からはいれなかったので、聞いて見ると、ピラミッドに行けという。

結局、ピタミッドで並んで。

 

f:id:happyengel:20170415184746j:image

中に入って、フェルメールとオランダ絵画の特別展の入り口があった。ネットでは、あらかじめの予約がいるが、来週にならないと取れなかった。

係りに聞くと、予約のチケットをあそこでもらいなさい、と教えられ、その窓口で、運良く、9時半のチケットをもらった。

 

f:id:happyengel:20170415184813j:image

朝一番に入って、空いていて、特別展をゆっくり見ることができた。フェルメールの絵画が、12点も来ている。ニューヨークのメトロポリタンのものもあるが、アムステルダムの名品、ミルクを汲む少女、の絵画が、フェルメールの最高傑作だと思う。その絵は、フェルメール28歳頃の初期の作品なのだけど、完成度からも、感性からも、充実して、安定感のある、バランスの良い絵。

 

f:id:happyengel:20170415184934j:image

どう時代の、オランダの日常画を描いた、ホッシュなどの作品と並べながら、オランダの女性の、教養の高さ、社会性、

男女の平等性などを検証している。

あの時代に、l手紙を書き、恋文を市民が交換できているのは、フランス人には驚きに値する。

フェルメールの絵画が、いかに他の 絵画と、かけ離れて、素晴らしいかも再認識出来る。

 

 

f:id:happyengel:20170415185053j:image

ルーブル美術館には、何十年の間に、何度も来ているので、これだけで帰っても良いのだけど、

やはり、モナリザ!ミロのヴィーナス、ボッティチェリ、カラバッジオに、レオナルド、などの、絵画を見ないでは出ていけない。

 

f:id:happyengel:20170415185148j:image