読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青空に白い雲が流れるように

読んでくださるあなたに。小さな幸せを感じてほしい。そして私も、読んでくださることで、一人じゃない幸せを感じていたい。そんな思いで、あらゆる垣根を持たないて、好奇心のおもむくままに、手を走らせていたい。明日への小さな幸せを求めて。

パリに到着

 

f:id:happyengel:20170410152331j:image

 

飛行機は、少し遅れて、シャルル、ドゴール空港に到着しました。

懐かしい。

パスポートコントロールは、いたって簡単。以前、ユーロ圏になる前はもう少し、厳しかったように記憶。

パリから、アメリカに出ていく時、根掘り葉掘り聞かれたことがあった。

アシアナ航空は、スターアライアンスなので、私が持っている、ユナイテッドゴールドは、非常に役立つ。

プライオリティのラベルを貼った荷物が、最初に出て来る。

アメリカでは、取り出して、置いて置いてくれる。

トイレに行って帰ると、すでに出てきていた。

 

f:id:happyengel:20170410152346j:image

タクシーは、40ユーロから50まだだと聞いてたけど、空港に、55ユーロと書いている。

タクシー代は、ボッタクリガがなくなって、だいたい決まった料金で、乗れるようになった。

ニューヨークでは、空港からの料金は、マンハッタンはいくらと決まっている。

私は、かつて、バリの空港から、タクシーを使って、従姉妹が住んでいたモンマルトルに、ぼったくられて、高額払ったことがあって、以来、タクシーは使わない。

55ユーロは高くないが、地下鉄でもいけるという感覚から、やはり、地下鉄の、B線の駅に、

以前に買って残っていたチケットがあつたので、そそれをいれると、通らない。

 

f:id:happyengel:20170410152422j:image

駅のチケット売り場で、しらべてもらつたら、使えないと言われた。

期限切れ。

しかも、チケットは値上がりしていた。10ユーロ。

電車の中で、アメリカ人の親子がいて、英語ができるかと聞かれ、少しと言ったら、オルリー空港に行きたいのだそう。

私が知っているのは、シャトレ駅から、オルリーと、別れているので、シャトレで乗り換えたら行けるなんて、教えてしまった。

他の人にも聞いていた。

 

f:id:happyengel:20170410153306j:image

わかつたことは、そのまま乗っていたら、オルリーに行く。同じく線で反対方向だということ。

わたしは、いつものシャトレで降りて、地下鉄の14番線に乗り換えて、フランソワ、ミッテラン駅で降りた。

 

f:id:happyengel:20170410152447j:image

従姉妹は、芸術家ばかりが住んでいる、フリゴという建物の一階で、レストランを商っている。

そこに預かりものの荷物を置いてから、アパートに帰る方が便利だと思って、先にそこに行き、少し話しして、車で送ってもらった。

友人のアパートは、見違えるばかりに、綺麗になつている。

 

f:id:happyengel:20170410153345j:image

わたしが借りていたらのは、改修以前。

二段ベットもなくなつて、新しい家具が入って、お風呂も洗面も、新しくなっていた。トイレも。家具が

白で統一されて。

洗濯機も新しいものに変わっていた。

 

f:id:happyengel:20170410152727j:image

 

疲れて、何もしないでベッドに。

夜中起きて、お腹が空いてたまらない。

パン屋が開くのをひたすらまつて。

半分のバケットとクロワッサンを買った。

帰り道、食べながら。

八百屋や、スーパーが開くまで、パンだけ。