読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青空に白い雲が流れるように

読んでくださるあなたに。小さな幸せを感じてほしい。そして私も、読んでくださることで、一人じゃない幸せを感じていたい。そんな思いで、あらゆる垣根を持たないて、好奇心のおもむくままに、手を走らせていたい。明日への小さな幸せを求めて。

5月、松竹座は、猿之助と、勘九郎、七之助

 

f:id:happyengel:20170407105547j:image

 

5月の松竹座は、前から楽しみにしている、猿之助と勘九郎、七之介。

今日は、株主招待チケットの申し込み日。

10時からの受付で、30分前から、コンピュータ〜の前で待っていた。

10時きっかりにアクセス。

良い席が取りたいと必死。

だけど、やっぱり。

株主招待席は、二等席しかもらえない。ちょっと遅くなれば 、3等席になる。

これだけの人気役者が揃っての歌舞伎だから、仕方ないが、気落ちは歪めない。

 

f:id:happyengel:20170407105628j:image

実は、昨夜遅く 、チケットの残り席を調べて みたら、通常は、株主招待席になっている、  二階の前列5列も、〜随分売れてしまっている。この残りをもらえるのか不安だった。

昼の部は、猿之助が主演の舞台なので、特に人気。

一階席は後ろの方が、ポツリ、ポツリ、僅かしかなかった。

株主招待席は、無料だから、良い席がもらえるわけがなかった。

昨夜、全日探して、やっと一枚、一階の13列目のチケットを買っていた。

なので、招待席は、悪い席でも 、仕方ないと思えるが、これからは、招待に頼らず 

売り出したら、真っ先に 前席を買っておかなくちゃ、と思った。

4月は 、海外に出るつもりしてて、5月に猿之助が来るので 東京には行かないつもりだった。

 

f:id:happyengel:20170407105643j:image

しかし。

東京の歌舞伎座の4月は人気ないのか、チケットの空きを調べたら、夜の部、一番前の席が空いていた。

翌日の朝の部は、三階席の一番前が、1つ空いていた。

行きたくなって 、ええい、清水の舞台から、飛び降りるつもりで、チケットを買った。

贅沢だから、自粛、自粛 と戒めているのだけど、5月の、松竹座への期待があまりに大きかっただけに、埋め合わせが欲しくなって。

飛行機は、マイルで、片道だけ、25ドルの手数料がいるだけで、帰りは手数料なしの日に、ギリギリセーフ。

去年は 1k だったので、いつでも、手数料いらずに、特典旅行の予約が取れたけど、今年は、三週間前までに予約しないと  25ドルの手数料がかかる。

ホテルは  めちゃ安の、4900円のを見つけた。

東京に行くときは、日曜泊まりにすると、安く泊まれる。歌舞伎座に席も、日曜の夜は、良い席が残っていることが多いので、狙い目。