読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青空に白い雲が流れるように

読んでくださるあなたに。小さな幸せを感じてほしい。そして私も、読んでくださることで、一人じゃない幸せを感じていたい。そんな思いで、あらゆる垣根を持たないて、好奇心のおもむくままに、手を走らせていたい。明日への小さな幸せを求めて。

ジォーズ、上海

 

f:id:happyengel:20170308105401j:image

 

グランオーサカの、ジォーズ上海。

一度行きたいと思っていた。

東京から来た人が、中華が好きなので、平日だから、待たずに入れるかと思って行ったら、満席。

土日はとても、予約してないと入らない人気店。

いつ空くかもしれないので、お好み焼きはどうだろうと、福太郎と鶴橋のオモニ、という店がグランオーサカに入っているので、そちらに行くと、待っている人が一杯。

上海に戻って。まつていたら、15分くらいでテーブルが空いた。

 f:id:happyengel:20170308110205j:image

 

ニューヨークにある、ジォーズ上海は、マンハッタンと、クイーンに二軒ある。

グランオーサカのやうな高級感とはほど遠い、大衆的な店。

上品な日本店は、名物の小籠包も品良く、四つ。

蟹と、肉が二づつのを注文。こういう組み合わせは、日本の良さ。本場は、蟹か肉の八つ。

餃子は、3つで一人前なので、半端になると言ったら、3つ以上は、好きな数増やせる。

海鮮焼きそばをたのんで、足りなければ、また、ということにしたら、3品で充分だった。

どれも、美味しくて、油っぽくなくて、あっさりした味に仕上げている。ヘルシー志向が生きている。

楽しいおしゃべりと、美味しい食事。

コースだと、5000くらいからだけど、

アラカルトで、食べたいものだけ注文すると、食べすぎなくて、値段も安くてオススメ。

ちなみに、私たちの食事。飲み物を一杯たのんで、一人2400円。

 

 

f:id:happyengel:20170308110527j:image

 

時々食べたくなる味。

グラン大阪の、南館8階にある。

東京の銀座にある店に、その人は行ったことあるとのこと。

今度はランチで、一休が時々出しているので、その時に。