読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青空に白い雲が流れるように

読んでくださるあなたに。小さな幸せを感じてほしい。そして私も、読んでくださることで、一人じゃない幸せを感じていたい。そんな思いで、あらゆる垣根を持たないて、好奇心のおもむくままに、手を走らせていたい。明日への小さな幸せを求めて。

法善寺横丁のワインバー

グルメ 暮らし 雑記

f:id:happyengel:20170306234248j:image

 

道頓堀界隈は、くいだおれ。

たこ焼き、お好み焼きなどの、大衆的な安いものから、大阪の台所と言われる黒門のフグ料理に、かに道楽などの、値段の高いものまで、美味しいまので、一杯。

夫婦善哉を書いた、織田作ご贔屓の、法善寺横丁はの中の、ワインバーが、ルクサに出てて、チケットを二枚買っていたので、ピアフの余韻は、ワインが良いね、という結論。

 

f:id:happyengel:20170306234316j:image

友人は、かに道楽も魅力を感じていたようだけど、まずはワイン。

シャンパンも飲み物に入っていて、友人はシャンパン二杯。私はシャンパンと赤ワイン。

テリーヌとピクルス、チーズがついて、1980円。

72パーセント引きと書いていた。

パンがないとチーズが食べられないと、友人がパンを頼んだら、薄い薄いバケットが二枚出て来た。

あれほどの薄さは見たことない。

あまりの薄さに、もう二枚頼むと、これはサービスですと、マスター。

カウンターに、我が家にあるデキャンタと同じのがある。

それと同じのもつているのですが、一体どのくらいするのですか?と聞いてみた。

もらったのですが、と言うと、ピンキリだそう。

クリスタルなら、30万。道具屋筋で、7000円でも。

友人はそれどうしたの、と聞くので、ちょっとと曖昧な返事。

 

f:id:happyengel:20170306234203j:image

実は、それは、オークションで、落札してしまって買わなければならなくなった代物。

この場で、そんなこと言えないものだから。

ま、7000円で売っているのなら、後悔しなくても良い。

ちょっとリッチな雰囲気を味わって、お腹を満足させるために、道頓堀の、すし三昧に。

江戸前の寿司は、一肌のシャリの旨さを味わえる。

 

f:id:happyengel:20170306235125j:image

お酒の後、寿司が良い。

寿司は、屋台で一つ、二つ、つまむものだった。

 

魚の赤だし。魚が一杯入っている。

f:id:happyengel:20170306235219j:image