読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青空に白い雲が流れるように

読んでくださるあなたに。小さな幸せを感じてほしい。そして私も、読んでくださることで、一人じゃない幸せを感じていたい。そんな思いで、あらゆる垣根を持たないて、好奇心のおもむくままに、手を走らせていたい。明日への小さな幸せを求めて。

春夏秋冬 全日空ホテル

 

f:id:happyengel:20170306103459j:image

 

全日空ホテルの二階にオープンした、串カツの店、春夏秋冬 でランチ。

ホテルは、通常、サービス料金がつくが、ルクサの特別料金を使うと込み。

通常は2900円の、ランチコースに、ワンドリンク付いて、2400円ほどで買えた。

 

f:id:happyengel:20170306103606j:image

 

f:id:happyengel:20170306103626j:image

 

 

当日予約できるので、電話したら、オーケー。

全日空ホテルの二階にあるのだけど、わからなくて、迷った。

中に入ると まだ客はいない。

私達が入って、座った頃、隣の予約席に、4人。こちらは、5000円のコースのよう。

串カツは、上品に仕上げて、美味しい。ドリンクのワインは、二杯。友人に。

 

f:id:happyengel:20170306103704j:image

私は夜の部も控えているので、昼食には控えた。

串カツのあとの、じゃこ飯も美味しい。最後に出たデザートのシャーベットが美味しい、と言うと、

他のものは、もう1つ、と言う意味になる。

勿論、串カツも美味しいが、

串カツは、どこの店に行っても、そう変わらない。

高級感を大切にしている 店では。

大阪では、だるま屋の串カツが、道頓堀に何軒もあるが、わたしは行ったことがない。

二度つけ禁止と書いている。串カツを食べすぎる店は行かない。

8本とか、10本、創作串カツを楽しみたい。

串カツ専門店のコースは、だいたい12本。合計の量が、 一枚程度のもの。一枚のカツは、単調。様々な素材を、その素材の良さを生かして、最高に仕上げたカツを楽しむのが、串カツの醍醐味というもの。

 

f:id:happyengel:20170306103819j:image

 

f:id:happyengel:20170306103833j:image

f:id:happyengel:20170306103845j:image

 

f:id:happyengel:20170306105240j:image

 

 

ロビーに、由緒ありそうな、立派なおひなさまが。