読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青空に白い雲が流れるように

読んでくださるあなたに。小さな幸せを感じてほしい。そして私も、読んでくださることで、一人じゃない幸せを感じていたい。そんな思いで、あらゆる垣根を持たないて、好奇心のおもむくままに、手を走らせていたい。明日への小さな幸せを求めて。

エディットピアフ物語

演劇

 

f:id:happyengel:20170306214326j:image

 

国立文楽劇場で、勘緑文楽劇場、第三回公演、エディットピアフ物語、が上演されました。

ピアフが大好きな友人を誘いました。

わたしだけチケットを予約していたので、追加の電話をしたら、席は離れるといわれていたのですが、行ってみると、隣同士の席になっていて、親切な対応に感激しました。

人形劇なので、もっと間近でみられればよかつたのですが、十二番目。それでも、全体的にバランスよく見ることができて、良かった。

人形が、まるで、魂を入れられて、小さい人間のような動き。

 f:id:happyengel:20170306214651j:image

 

人形劇の楽しさを覚えたような感覚。

講談師の解説とセリフも、なかなか上手で、講談の魅力も知ったような。

楽器の演奏も良かった。

シャンソン歌手が、歌のたびに、幕間から出て来て、マイクの前で歌うのが、最初の歌はいいとして、何回も繰り返され、人形劇なのか、シャンソンリサイタルなのか、どちらにもマイナスの要素が強く、あの演出はどうかなと思う。

 

f:id:happyengel:20170306214438j:image

出て歌うとしても、舞台の袖で、気にならない場所にすべき。

人形に集中して、声だけ聞いていれば、ピアフが生きて来て、歌自体もなかなか上手ですが、声が太すぎる感は歪めない。

男性的で、エネルギッシュで、少しぶっきらぼうな歌い方が、次第に艶のある声に変わっていったのが良かった。

死んだ子供が、天国から、お母さんを見ている演出。

ピアフが愛した、マルセルと同じ名前の子供。

 

f:id:happyengel:20170306214519j:image

ピアフにとって、二重の存在として、天国から見守っているという選定だと思う。

愛を描いたものとして、それも良かった。

心に残る舞台。