読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青空に白い雲が流れるように

読んでくださるあなたに。小さな幸せを感じてほしい。そして私も、読んでくださることで、一人じゃない幸せを感じていたい。そんな思いで、あらゆる垣根を持たないて、好奇心のおもむくままに、手を走らせていたい。明日への小さな幸せを求めて。

痛い内視鏡検査。火曜日は厄日だった。

暮らし

 

f:id:happyengel:20170301090005j:image

 

胃と大腸の内視鏡検査に行ってきました。

バスを乗り継いで病院に行きました。汚れるかもしれないから、気になる人は着替えを持ってくるように書いてたので、上着を持って行った。

血液検査のあと、消化器内視鏡検査の4階に行ったら、着替えの服をもらって、着替える。これなら、着替えの服いらなかった。

注射針を挿し入れて、テープで固定。睡眠導入剤と鎮痛剤は、ここから入れるので、注射針を刺さなくて良い。固定しておかないと外れる可能性があるから。

 

f:id:happyengel:20170301090023j:image

その時に、麻酔を効かせてくださいと頼んだ。

知らないうちに終わって欲しいと頼んだ。

じゃ、多めにします、と言ってくれて、ホッとしていた。

ベッドに横になって、喉に麻酔を奥の方でできるだけためて堪えた。もう飲み込んでくださいと言われた。

 

f:id:happyengel:20170301090302j:image

腕の注射器を入れて、口にワッカを加えて、この辺で、私の意識は遠のくのが、これまでの体験。

それが、今回は少しも。意識ははっきりしたまま。

どこかでうつらうつらという状態になったはずだけど、チュウブを入れられて、痛い。痛い。

痛いと訴え続けていた。

時に、大腸の内視鏡は辛かった、という話を聞いていた。

病院では、睡眠導入剤を入れなくても痛くないくらいなのです、と言っていた。

下手な医者にされると、このように痛いのだろう。研修医ではないだろうか。

火曜日は、私のアンラッキーな日なのだけど、そんなことに左右されていたらダメ、と思って、火曜日の検査を受け入れた。

一旦は、水曜日にしてください、とお願いしたのだが、火曜日と指定されて、部長に検査してもらえるかもと。

とんでもない。検査場に現れたのは、みるからに若い人。

もうやりたくない。睡眠薬導入剤は、後できいて、終わってからソファで1時間休んで帰るのに、二時間半も、ふらついてあぶないから、休まされて。

タクシーで帰ってください、と言われたけど、バスで帰ってきた。。

入院した方がよかった。丁寧だし、痛みもなかった。食事の心配もない。

日帰りで節約できると思ったが、差額は8000円ほど。入院したくないけど、こんな痛い思いするくらいなら。