読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青空に白い雲が流れるように

読んでくださるあなたに。小さな幸せを感じてほしい。そして私も、読んでくださることで、一人じゃない幸せを感じていたい。そんな思いで、あらゆる垣根を持たないて、好奇心のおもむくままに、手を走らせていたい。明日への小さな幸せを求めて。

倉敷

グルメ 暮らし

f:id:happyengel:20170226102403j:image

 

岡山から、在来線に乗りかえて、倉敷に。

今日から、町家のお雛様が観られるというので、ひと頑張りして倉敷に足を伸ばした。

倉敷には、何度か来ている。

 

f:id:happyengel:20170226102417j:image

倉敷のアイビースクエアに泊まったこおもある。

友人と食べた、駅前の屋台ラーメン。

まだあるかなと思ったら、ありました。

50年続いているそう。夕方からしか開かない店。

商店街を歩くのは初めて。

 

f:id:happyengel:20170226102442j:image

あるある。お雛様を飾っている。

商店街のお店のお雛様が、店頭に飾られている。

倉敷のグルメを探したら、トップに、トンカツの店が載っていた。

 

f:id:happyengel:20170226101904j:image

なかなか入らない店だとか。開店は夜は5時。

 

f:id:happyengel:20170226101928j:image

お花様をみながら、景観地区を歩いていると、創作人形の展示会が、ひな祭りに合わせて。

 

f:id:happyengel:20170226101437j:image

 

f:id:happyengel:20170226101558j:image

 

f:id:happyengel:20170226101748j:image

力作揃いのお人形。魂が入っているような、鬼気迫るまのもある。

写真は禁止なので、撮れない。パンフレットからの写真。

 

f:id:happyengel:20170226101844j:image

懐かしい景観地区だけど、ここも忠告人の観光客が占領している。

 

f:id:happyengel:20170226101949j:image

1時間ほど歩いて、そろそろ、5時になりそうなので、店に行くと、先に待っている人たち。

 

f:id:happyengel:20170226102011j:image

近くのある、回転焼きの店の前で何人か焼きあがるのを待っている。

名物と書いている。

まだ、トンカツの店があいてないので、並んで買ってみた。父が好きな回転焼き。倉敷では、エビス饅頭という。

 

f:id:happyengel:20170226102128j:image

通常は太鼓焼きかな。

 

名代のトンカツの店は、カッパという名前。

カウンターがキッチンを囲むように並んでいて、テーブルは4つくらいの店。

私が入って、しはらくしたら、満席になった。

ベンチで待つ人も。

お店は家族で切り盛りしている。

 

f:id:happyengel:20170226102145j:image

名代のトンカツを注文。ご飯は小。赤ワインを一杯。

15分待って、テーブルにトンカツが運ばれて来た。

分厚くて、大きい。たっぷりと、デミグラスソースがかかっている。衣も大きい。

豚肉の中がまだピンクなので、これで大丈夫かと聞いたら、大丈夫と言われた。

 

f:id:happyengel:20170226102210j:image

ビーフと違って、パークは中までよく焼かないといけない。ピンクでうっすら赤いのが気になる。

しばらくすると、熱が回って、色が白くなるのもあつたけど、一部は、食べなかった。

肝心の自慢のソースは、はり重の方がずっと美味しい。

豚の味も劣る。キャベツの千切りは、甘さがなくて、美味しくない。

イカリのキャベツを食べている私は、キャベツに甘さがないと美味しく感じない。

 

f:id:happyengel:20170226102529j:image

 

 

どんなに美味しいのかと期待して、待って入った店。

確かに、客は多いし、美味しいと評判なのに違いないけど、私はさほどではなかった。

小さくてもいいから、黒豚を使って、衣は薄く。

キャベツの味は大切。

デミグラスソースは、美味しいし、惜しげなくかかっている。

 

f:id:happyengel:20170226102331j:image

あくまでも、はり重と比べないで、のこと。

値段が安くてボリウムあるので、人気なのかしら。