読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青空に白い雲が流れるように

読んでくださるあなたに。小さな幸せを感じてほしい。そして私も、読んでくださることで、一人じゃない幸せを感じていたい。そんな思いで、あらゆる垣根を持たないて、好奇心のおもむくままに、手を走らせていたい。明日への小さな幸せを求めて。

猿之助の、男の花道。博多座

f:id:happyengel:20170224172601j:image

 

昼の部は、男の花道と、艶姿澤瀉屋祭、の豪華な

二本立て。

猿之助の魅力を存分に引き出す、男の花道は

私の大好きな演目。

今回は、平岳大が、オランダ医学を学んだ、医者に扮して、猿之助演ずる、加賀屋歌右衛門の眼を治す、相手役を務めている。

 

f:id:happyengel:20170224172615j:image

劇中劇のある、お芝居が、昼夜共入っていて、猿之助のお芝居を倍楽しめる。

艶姿澤瀉屋祭は、幹部総出演、と書いてある通り、

全員が、何度も衣装を変え、何回も出て、艶やかな踊りを披露。

 

f:id:happyengel:20170224172632j:image

勿論、その中心は、猿之助。早変わりのやうに、衣装を変えては、美しい舞いを披露。

伝統的なスタイルから、一変して、レビューになつたり、フラメンコのタップダンスを、平岳大が踊らされたり。

 

f:id:happyengel:20170224172649j:image

猿之助の演出は、奇想天外、ジャンルを超えて、面白いと思ったら、どんどん進化させていく。

猿之助自身が楽しんで、出演者全員を巻き込んで、休ませないで、できるだけ、舞台に立たせる努力を惜しまない。

座員も皆、恥ずかしさを乗り越えて、未知の自分を発見している。

 

f:id:happyengel:20170224172711j:image

出演者が楽しく、乗っているから観客も、一緒になって楽しめるのではないか?

昼の舞台は、全員が、全出演という、忙しさ。

衣装など、費用もかかっている、ファンへのお年玉のような舞台。

 

f:id:happyengel:20170224172733j:image

終わりたくないという気持ちが、全面的に出た舞台。

 

f:id:happyengel:20170224172826j:image

二階の4列目は、とても見やすくて、断然おすすめ。

三列目までa席の、14500円、その後ろはb席で、9000円。平日は、博多座までくると、結構席が空いている。往復の交通費がいるけど。

 

 

こんなに素晴らしい舞台なのに、勿体無い。