読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青空に白い雲が流れるように

読んでくださるあなたに。小さな幸せを感じてほしい。そして私も、読んでくださることで、一人じゃない幸せを感じていたい。そんな思いで、あらゆる垣根を持たないて、好奇心のおもむくままに、手を走らせていたい。明日への小さな幸せを求めて。

映画 ミラノスカラ座、魅惑の神殿

 

 f:id:happyengel:20170216172849j:image

友人のブログで、映画、エゴンシーレ、が載ってたので、神戸シネリーブスのホームページををみると、ミラノ、スカラ座の全て 、という映画を上映中。

これはどうしても見たい。

時間の都合がつくのは、昨日しかなかった。

歯医者に行き フェニックスホールに行って、チケットを買い、しばらくホールの人とおしゃべりしてしまって、夙川の母の所に行くのに、昼食してから行く時間なくて、夙川駅の構内にある店で、母用に、こってりしたプリンと、私ように、赤飯のおにぎりを買った。

道道食べるのは憚られる。駅のベンチで食べて、お腹の空腹を納めて、施設まで歩いた。

母は、おやつを終えて、エレベーターの中に入れてもらった所。

最近はまた、車椅子。

 

f:id:happyengel:20170216173803j:image

先日、部屋で、母が起き上がって、歩こうとするので、花に水をやろうとしていた私は、慌てて、母を支えに行ったら、突然めまいに襲われて、気を失いそうになった。

怪我させたらいけないという思いと、旅からの疲れもあったのだろう。

ベルで、職員を呼んだけど、一向に応答なくて、どこかの部屋で トイレ介助をしていた人が顔を出してくれて、処置終わったら来ますと言ってもらったことがあった。

一人では自信がなくなる。

今日は、早めに出て、三宮に行くので、プリンを食べさせるために、部屋に行き、4時に、三階の溜まり場になっている所でお願いして、電車に。

久しぶりの三宮。おしゃれな感じで、私も胸を張っている。大阪ではだらっとなる。

朝日会館の映画館も、大阪とは違う。スノッブ な感じ。同じ、シネリーブス、テアトルでも、違う。

 エゴンシーレは、「スカラ座」の後、上映する。

コナミに行かない日なら、そのまま見たいけど、コナミに行かないといけないので、また別の機会に。

映画は、私が大好きな、マリアカラスの歌の中でも、もっとも好きな歌ををバックにはじまった。

ミラノのスカラ座には、まだ行ったことがない。

オペラが好きというなら、最初に行くべきオペラハウス。

スカラ座は、他の歌劇場には存在しない、独特の緊張感があって、どこのホールにもない、由一無比の、殿堂だと、スカラ座に出演した、歌手や、指揮者、関係者が、証言している。

五層のバルコニー席。エジソンが発明した電気を、ミラノに作って、2900個の照明を電気で作り上げた、最初の劇場。

首都でない、ミラノにあるオペラハウス。

 ベルディーを生み、後継者のプッチーニも、この劇場でデヴュー。ベルディが亡くなったのもミラノのホテル。国葬には、木に登って、別れを告げる人々までの、広場を道を埋め尽くす人々。

トスカニーニは、ミラノで、初めて指揮者にライトを当てた。アバドもこのスカラ座で育った。

12月7日が、ミラノ歌劇場のオープン。オープンに向けて、

ミラノの一年がある。

思い出を話す、往年の歌手達の、全盛期の歌が素晴らしくて、もっと聴きたいけど、ちょこっとで終わる。

日本は、スカラ座に、20年間のラブコールを送って、実現した舞台が、ドミンゴのオテロだった。

この映画を見て、往年の歌手のビデオがあれば、観たい。

遠くに行かなくても、体が動けなくなっても、楽しみは尽きないものだと思う。

終わって、幸せを抱いて、コナミに行き、プールで歩き始めたら、全然元気がない。

お腹が空いて なんかおかしい。血糖値が下がっているという感覚。お昼は、赤飯握り、一個だった。

40分歩けなくて、早く出て来た。

いつもは汗出ないのに、汗が出て、気分が悪い。

顔は火照って、下半身が冷えている。

 水を飲んで空腹をしのいだ。

運動する前には、何か食べておかないといけないと言われたことを思い出した。飴でもいいから。

お土産渡したい人にも、まだ会えてないのも気になっているけど、生物じゃないから、後回しになってて、そういこととか、確定申告も頭にのしかかって。

 

スキットしない。