読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青空に白い雲が流れるように

読んでくださるあなたに。小さな幸せを感じてほしい。そして私も、読んでくださることで、一人じゃない幸せを感じていたい。そんな思いで、あらゆる垣根を持たないて、好奇心のおもむくままに、手を走らせていたい。明日への小さな幸せを求めて。

クレアチニンとヨード

f:id:happyengel:20170214172042j:image

 

クレアチニンの数値が上がると、腎臓のタンパク質を分解する機能が衰えていることを表している。

クレアチニンを下げる食事療法は、タンパク質と塩分を控えること。

運度をしない人のタンパク質必要量は50グラムと書いている。運動する人で60から70グラム。

タンパク質50グラム、というと、私が食べていた量に比べたら、ものすごい制限が必要であることがわかった。

今日、お昼に 大好きな焼きそばを作った。

タンパク質は、焼きそば麺150グラムで7.6グラム。ハモちくわ一本で3.6グラム。これに、豚肉を抑えて50グラムで、10グラムのタンパク質。これだけの合計で21グラムを超える。野菜にも含まれてる。

ご飯やパンにもタンパク質は含まれている。

 

f:id:happyengel:20170214172126j:image

1日量の半分以上が一食の食事で。

いかに多くの過剰生活をしているかが、ちょっと気をつけて測ってみれば一目瞭然。

食品に含まれている塩分だけで、調味に塩分を使えないのがわかるオーバーすることもある。

昼食の焼きそばは、トマトケチャップをかけて調味に変えた。

一方のヨードは、出汁に多く含まれていることがわかった。

ヨードの必要量は、0.18gurainoごく微量な数値。取らなくても足りている。

イカリで売っている、本格ダシ、ポン酢 かけて美味しい酢など、惜しげなく、利尻昆布が使われていて、だから美味しい、だからヨードが多い。

今日、流しで、昆布エキスの入ったものは捨てた。

鎌田の出汁醤油、創味の本格だし、などにも、バッチリ使われている。

昆布もひじきも海苔も控えていたのに、じゃぶじゃぶ使っていた、酢に入っていた。

湯豆腐に、豚しゃぶ、にたくさん使ってた、ぽん酢。入っていた。

私が、コナミの帰りに、半額になって、喜んで買っていた、お弁当。ヘルシーに気を配った幕内など、

塩分とタンパク質、ヨードをたっぷり体内に入れていたことになる。

出来上がりのお手軽な食事を買って帰ることはやめなければ。

出汁は、カツオとしいたけ、煮干しを使って、自作に。

食べていた量の半分に減らすこと。

これでも、きっと多いのではないかと思われる。

 病院で出される食事に、がっかりで、薄味で、少量なおかずに驚いたことありませんか?

あれで、十分カロリーとバランスが考えられた食事なのだということもわかります。

 

f:id:happyengel:20170214172153j:image

 

魚を焼いたら、ふた切れ、残さないように食べていた。ダブル食を続けてきた結果が、腎臓に負担を多くし、クレアチニンの数値をあげてきたのです。

甲状腺腫瘍が小さくなったのは喜ばしいのですが、ホルモンの低下。

健康食だと誤解しているケースがあることが、証明された。

外食はできるだけやめて、自分で作りましょう、というのには、ちゃんと理由があるのです。

外食は、友人とのコミュニケーションであり、楽しい食事です。

やめるつもりはありません。

やめるのは、でき食を買うこと。デリカテッセンを買わないこと。

簡単で手軽な食品を使わないようにすること。自分で1から調理する。

それをやれば、外食をたのしめるし、倍の美味しさも手に入れることができるように思います。