読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青空に白い雲が流れるように

読んでくださるあなたに。小さな幸せを感じてほしい。そして私も、読んでくださることで、一人じゃない幸せを感じていたい。そんな思いで、あらゆる垣根を持たないて、好奇心のおもむくままに、手を走らせていたい。明日への小さな幸せを求めて。

赤ワイン

グルメ 日記

f:id:happyengel:20170208111053j:image

 

赤ワインは奥が深い。赤しか飲まない人があるのは、頷ける。が、口当たりの良い白ワインも飲みたくなる。

食事によって、赤ワインか、白ワインかを選ぶ。ワインだけを考えたら、私も赤ワインを選ぶようになった。

ポリフエノールは、赤ワインに含まれている。

赤は、聖書では、イエスの血に例えられる。

血となり肉となるという。赤ワインとパン。

赤ワインは、香りと色と熟成度が重要。

 

f:id:happyengel:20170208111300j:image

飛行機の中で、ビジネスの最も楽しみは、ワインのセレクション。

一月に4回も飛行機に乗ると、食事もワインも同じものがでる。

今日は、サンプルを飲んでみた。

ワシントンバレーと、フランスのローヌ、カリフォルニアの三つが、今月のセレクション。

カリフォルニアばかり飲んでいた。美味しいワイン。

サンプルで飲んでみると、ワシントンバレーの赤が、一番私の好みにあつた。

ローヌの赤は、甘さと、ストロベリーの香りがある。

フランスに短期で語学学校に参加した時に、ワインテイストの講義を受けたことがある。色、香り、最後に味う。そんなことよりも、自分の好みにあうかどうかで良いと思う。

 

f:id:happyengel:20170208111705j:image

飲んでいるうちに、自然と美味しいワインがわかつてくる。

食べ物の好みと一緒。

私が食べた、カニのサンドイッチに使っている蟹の味は本物の美味しさだった。

日本の蟹で老舗の西村屋よりも、美味しい蟹を、夕日ヶ浦温泉の、小さな宿で味わったことがある。

毎朝、ご主人が漁に出て取ってくる本物の生の蟹だった。

1人二杯にお土産の一杯。帰ってからも味は変わらなかった。

あの美味しさは感覚として覚えている。忘れることはない。