読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青空に白い雲が流れるように

読んでくださるあなたに。小さな幸せを感じてほしい。そして私も、読んでくださることで、一人じゃない幸せを感じていたい。そんな思いで、あらゆる垣根を持たないて、好奇心のおもむくままに、手を走らせていたい。明日への小さな幸せを求めて。

オールドドバイ地区

 

f:id:happyengel:20170206112432j:image

 

地下鉄グリーン線のクラーク行きに乗って、オールドドバイに行った。

乱立するビルのジャングルから、一変して、イスラムの映画に出てきそうな雰囲気が漂う。

作られた界隈だと聞いているので、なんとなく気分落ちがするけれど、旅の雰囲気はある。

布の店が多い。

 

f:id:happyengel:20170206111758j:image

ドバイ美術館があって、外は月の砂漠のよう。

中には入らずに歩いて行くと、花のマーク。

船着き場に出た。

カモメが群れをなして、狂ったように、円を描きながら飛んでいる。

フエリーの乗り場だった。

 

f:id:happyengel:20170206111818j:image

フエリーは、一回券が、1AED.市民の足でもあるが、ほとんどが、観光客。

これが最高だった。素晴らしい景色。エキゾチックな風景が広がる。

石油の匂いと煙。

 

f:id:happyengel:20170206111857j:image

向こう岸に渡ると、スパイスばかり売っている地区に。

サフランを中心に様々な香辛料を売っている。

私は使い方もわからない。

アラブ料理に使うのだろう。

 

f:id:happyengel:20170206111911j:image

友人は、すっとアラブ料理を食べるつもりだったようだけど、私がスーツケースに入るだけ、日本食を買っていったので、期待してなかったと喜んでいた。

 

f:id:happyengel:20170206112304j:image

ご主人にも好きそうな柿の種を買って行ったら、ズバリ。

外国人は皆柿の種が好き。

 

f:id:happyengel:20170206111928j:image

私は、アラブ料理は苦手。

海外に出たら、何食べてるの?と聞かれるが、1人で海外に出るときは、日本食は持っていかない。

サラダとパンとハムにチーズでまかなえる。

 

f:id:happyengel:20170206111952j:image

バリでは、鳥のブロイラーが美味しいけれど、こちらはスパイスが変に聞きていて、鳥自体も美味しくなかった。

 

f:id:happyengel:20170206112003j:image

ドバイに来て、また、来てもいいなあ、と思ったのは、フエリーに乗って、風に吹かれながら、周りの景色に魅せられた瞬間だった。砂漠のサファリーも魅力的に思えた。

 

f:id:happyengel:20170206112117j:image

私は、1人で旅する習慣が出来てて、自分のペースで歩くのだけど、

歩けない人の方が多いかもしれない。

 

f:id:happyengel:20170206112021j:image

タクシーを使う習慣のある人は、歩かないので、足が歩くように訓練されていないから、痛くなる。

タクシーは確かに便利だし、ドバイはタクシーが安い。千円もあれば乗れる。

 

f:id:happyengel:20170206112035j:image

てと、私の旅は、いつも、歩いて街を覚え、歩いて、発見し、街の雰囲気に浸るというスタイル。

 

f:id:happyengel:20170206112052j:image

1人で、オールドドバイを見て、自分の足のペースで、ふらつく時間があって、大好きな船の上で、気持ちの良い風に吹かれて、ドバイも捨てたもんじゃないと思った。

 

f:id:happyengel:20170206111711j:image