読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青空に白い雲が流れるように

読んでくださるあなたに。小さな幸せを感じてほしい。そして私も、読んでくださることで、一人じゃない幸せを感じていたい。そんな思いで、あらゆる垣根を持たないて、好奇心のおもむくままに、手を走らせていたい。明日への小さな幸せを求めて。

市庁舎は結婚式のカップルで一杯

 

f:id:happyengel:20170128040951j:image

 

シンフォニーホールに入る時間までに、ランチを済ませておきたいと思い その辺を歩いて探したが、

市庁舎 オペラハウス シンフォニーホールのある界隈は全然見当たらない。

トイレにも行きたくて 市庁舎に入ると、リュックの人は入れてくれなくて、どこか他の入り口からになる。

 

f:id:happyengel:20170128041012j:image

正面かと思ってぐるっと回って、正面から入ると ここでも、隣の入り口かららしい。

でも、親切な人で、特別に入れてくれた。正面の階段に 結婚式のカップル。あちらにも、こちらにもいる。

家族と写真を撮っている人達。

写真の専門家に、カップルが、言われたように、ゼスチャして見つめあったり。

今日は縁起の良い日なのかしら。

年配者の結婚カップルもいる。

 

f:id:happyengel:20170128041039j:image 

異性者同士の結婚式は、純白のウエディングとタキシード。

 

私が泊まっているホテルには、同性カップルの多いこと。

エレベーターの中で居合せる、男同士は、すべてゲイのカップルと言っても多言じゃない。

一人がなんとなく女っぽい。

 目つきですぐわかる。愛しい。

 

f:id:happyengel:20170128041109j:image

サンフランシスコは、ゲイの結婚式が多い。カップルの多さでもダントツ。

 

 道端に、浮浪者が、毛布にくるまって、寝ている光景もあちらこちらで、当たり前のように見られる。

犬と一緒に、物乞いをして、座り込んでいる浮浪者もあちらこちらで。

家を追い出された人が多い。

サンフランシスコは、金持ちが多いと聞くが、浮浪者も多い。貧富の差の最たるものが、この現象でわかる。

温暖な気候とはいえ、夜は、寒い。

路上で、カナダのモントリオールで、マリファナデイとかで匂った匂いがする。

 

f:id:happyengel:20170128041128j:image

市庁舎近くにあるホテルは、そういう人が多いと書いてたので 安全なユニオンスクエアを選んだのだけど、スーパーマーケットを探して歩いて、通りをそれて、少し行くと、そういう人達がわめいている。

あ、この匂いは マリファナだろう、と思われる変な臭い匂いがする。

光と闇のサンフランシスコ。