読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青空に白い雲が流れるように

読んでくださるあなたに。小さな幸せを感じてほしい。そして私も、読んでくださることで、一人じゃない幸せを感じていたい。そんな思いで、あらゆる垣根を持たないて、好奇心のおもむくままに、手を走らせていたい。明日への小さな幸せを求めて。

シンフォニーホール

サンフランシスコ

 

f:id:happyengel:20170128040219j:image

サンフランシスコで、今度は便利な場所を選んだ。

一流ホテルは手が出ない高さ。

ストラットフォードというホテルに泊まっている。

日本のビジネスホテルに近い広さ。

f:id:happyengel:20170128040255j:image

 

f:id:happyengel:20170128040314j:image

ユニオンスクウェアとパウエルという地下鉄駅から歩いて5分もかからない、とても便利な場所にある。

特別やすく予約できた。ホテルが、一時期だけコストダウンして、その後はまた値段を戻す。

タイミングが要求される。

このホテル、私が3日間で、39000円で予約。行く前に、調べたら、一泊で23000円になっている。

すごい変わりよう。

古いホテルで、部屋数は多いのにエレベーターは1つ。

なかなか来ないし、動きが遅い。

シャワーはついているし、簡単な朝食もついている。

 

f:id:happyengel:20170128040415j:image

3時からしかチェックインしてもらえないので、荷物を預けて、3日間乗り放題のチケットを32ドルで買った。このチケットもおかしい値段の付け方。一日券は21ドル。

ケーブルの往復は14ドル。一回券と同じ。

ケーブルカーは一回乗りで7ドルに上がった。前来た時は6ドルだった。

バスやトラムも利用できる、デイパスが便利。

 

f:id:happyengel:20170128040446j:image

 

パウエルのケーブル乗り場は一杯並んでいる。私はバスで、シンフォニーホールとオペラハウスにまず。

オペラの上演は3月、今はバレーの上演。

シンフォニーホールに行くと、お年寄り達がソファに座っている。チケットを買うの待っているのか、すでに買ったかのどちらか。

ブースに行って、シニアのチケットはあるかと聞いたら、今日かと聞かれて、イエス。

 

f:id:happyengel:20170128040523j:image

ラッシュチケットが20ドルで買えます、この席ですよ、良い席です、と言われて、すぐに買った。

夜かと思ったら、午後2時に始まる。

26日から3日間は、ピアニストのJeans yves Tibaudetをゲストに Ravel のピアノコンチェルト、Gマイナー。

ピアニスとは、ポスターの若い写真からは、随分年配になっていた。

 

f:id:happyengel:20170128040550j:image

魔術師のような指さばきのピアノで、軽々と、微妙な速さのタッチを、ビロードの滑らかさのように弾いている。

オーケストラが、MTTなので、申し分なく素晴らしい。指揮者は若いLionelBringuier. 

一時間前に、プレコンサートのトークがある。

トークは何を言ってるのかわからなくて、寝ていた。

20分のトークの後、待つ間に、サンドイッチを買った。お腹が空いてたまらず。

隣の飲み物のところで。コーヒーはいくら、と聞いたら、6ドルというのでやめた。

すると 婦人が、お金払わってないでしょ、という。コーヒーではなくて、サンドイッチのことだった。

払ったわよ、とレシートを見せると、コーヒー係が向こうから頷いて。

コーヒーはいくらだと改めて聞くと3ドル。

サンドイッチは、細いバケットに、はハムとチーズが挟んであって、美味しい。小さいからまだ食べたいくらい。

 

f:id:happyengel:20170128040834j:image

コーヒーも買った。セットで9ドル。チップいらないから安い方。

席は 前から6番目。

最初の、ハンガリー作家の、Kodaly の作品が15分。続いて ラベルのピアノコンチェルトが20分。

休みを挟んで、ベートーベンの第4の演奏が30分。

最初の2つは時々、こっくり。

ベートーベンは、緊張を要求する音楽で、緩みがない。

 

f:id:happyengel:20170128040914j:image

最初の出だしから、引き入れて、感情を導入する旋律。激しくて力強く、強弱織り交ぜて 感動を起こすベートーベンの音楽は凄さを発揮する。

 

f:id:happyengel:20170128040650j:image

指揮者の動きも繊細かつ大胆で芸術的だった。

マチネーの演奏会だから、特に 年寄りが多い。車椅子や、歩行器の人も多い。

年寄りが半分くらいの多さ。酸素吸入を持っている人もいた。

MTTの、代表は、ジョンアダムスだけど、2月に指揮をとる。音楽を聴きに、オペラを観に、日本からもフアンは訪れるようだけどそこまでは出来ない。

ビジネスなら、疲れずに来れるから、東京に行くぐらいで、海を越えて来る人たちもいるでしょうね。

同窓会で、そういうひとがいた。今は、お姑さん おお世話で出ていけないと話していた。

ミラノ、パリ、ニューヨークなど。

 

f:id:happyengel:20170128040713j:image

昼間の演奏会は、気軽で良い。終わってから ホテルにチェックイン。

フランス人が何組かチェックインしてて、それを待つのに時間がかかった。