読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青空に白い雲が流れるように

読んでくださるあなたに。小さな幸せを感じてほしい。そして私も、読んでくださることで、一人じゃない幸せを感じていたい。そんな思いで、あらゆる垣根を持たないて、好奇心のおもむくままに、手を走らせていたい。明日への小さな幸せを求めて。

ホイットニー美術館

f:id:happyengel:20170120212001j:image

 

ホイットニー美術館は、以前は、75ストリートにあり、マシソンストリートをバスで上がると、バス停の前にあった。

金曜日の夜、好きなだけ払って、という時間ばかりに行っていた。

 

f:id:happyengel:20170120212139j:image

最初に訪れた時に、ホッパーの絵画が沢山あつた。

それは特別展示だつた。

それ以来、数点しか出ない。

今回は、知り合いの人が、娘さんの卒業式にシカゴに行ったときに、ニューヨークに立ち寄って、ホイットニーを見て来た話を聞いて、どうしても行きたくなった。

f:id:happyengel:20170120212216j:image

素晴らしい、感嘆した、という。

どんなになったのだろう。

ホテルを早めに出て、荷物を預けた。

荷物を預けるのにも、お金がいるホテルがあると聞いてたので、ネットが有料だから覚悟してたけど、無料で預かってくれた。

 

f:id:happyengel:20170120212316j:image

 

f:id:happyengel:20170120215756j:image

昨日乗ったバス停がわからずに、7ストリートを走るバスに乗った。

ペンステーションにも、このバスを使うつとりなので、どこで降りるかを見ながら14ストリートで降りようと。

新しい美術館は、地下鉄から、15分くらい歩く、不便な場所になつた。

そういうところでないと、広いスペースは取れないだろう。

f:id:happyengel:20170120212408j:image

 

f:id:happyengel:20170120215829j:image

チケットブースで、シニアは、18ドル。通常は25ドル。

、1ドル、二ドルというわけにはいかない。金曜日の夜のだけは、格安で見られる。

8階に上がつて、外に出ると、マンハッタンが一望できる。素晴らしい眺め。これもアート。

 

 

寒いので長くはいられない。8階は簡単な食事ができる。

 

f:id:happyengel:20170120212444j:image

7階に、ホッパーの絵画が展示されている。美術館全体で、テーマは、セルフポートレート。

 

f:id:happyengel:20170120212526j:image

 

f:id:happyengel:20170120212555j:image

 

ホッパーのセルフポートレートは、3枚。

 

f:id:happyengel:20170120215909j:image

スペースが広く、展示がゆったりになった。

以前は確かに小さかった。

 

f:id:happyengel:20170120212613j:image

6階は、アンディの作品を中心に、前衛的なもの。

 

f:id:happyengel:20170120212642j:image

 

f:id:happyengel:20170120212714j:image

 

5階はは全体がシネマ。多くのブースで、シネマを楽しめる。

 

f:id:happyengel:20170120212741j:image

シネマと言っても、アートのシネマ。

 

f:id:happyengel:20170120212759j:image

面白いのがあつて、しばらく離れられなかった。

日本と違い、タブーがないから、思わず見入ってしまう。すごいのがある。

 

f:id:happyengel:20170120212815j:image

 

ドイツの作家のバレリーナが、おもちゃになって踊る映画は、ソファが気持ちよくて、寝ていた。

寝転がって、メガネをかけて、画面の奥行きが深く、不思議な空間の中にいる体験。 

f:id:happyengel:20170120212911j:image

 

 

 

ホイットニー美術館で、一度ランチがしたいと思っていた。

今までは、6時半くらいから並んで、長い時は1時間待って入った。

 

f:id:happyengel:20170120215943j:image

ここのラストランが、美味しいので有名なのはわかってたけど、初めて。

ランチだから気軽。

スターターとメインのランチ。コースで、40ドルくらい。

 

f:id:happyengel:20170120212933j:image

コンボという簡単なランチがあつて、20ドル。

それにした。飲み物はワインが、13ドルのグラスから。

ノーサンキューで、ジャストウオーター。

ベジタリアンのマメスープと、そばにサラダが少々乗ったコンボ。

小さいスコーンが出た。丁寧に、ナプキンを入れたがの中に一つ入っている。

とても美味しい。

他の人たちは、飲み物をとって、コースの人が多い。チェックを頼んで、チップを入れて25ドル払った。

 

f:id:happyengel:20170120223514j:image

チップはケチらない。20パーセントは当たり前だけど、食べたのが少ないから、余分に。

ウエイターが、ありがとう、と後ろから声。

ちょっと気持ちいい。

 

時間がないこで、ゆっくりとデザートという余裕がない。

年配の婦人が、美味しそうな、クリームブリュレを食べていた。

また、上に上がって、ホッパーを見て、外に出た。

 

ポートレート写真の中に、日本人がいた。

f:id:happyengel:20170120223609j:image

時間があれば、ブルックリン美術館に行って見たいと思っていたが、そんな時間はない。

今夜は、空港近くのホテルに泊まる。

マンハッタンにしておけばよかった。

 

f:id:happyengel:20170120223634j:image

マンハッタンのホテルからは、乗り合いのリムジンがあるので、電車で行く費用で楽に空港に行ける。

ホイットニー美術館の、ワイファイに入ると、絵画の説明などガイドが使えるというので、繋いだら、スプリントから、AT&Tに変わってしまった。

スプリントにはもうならない。

 

f:id:happyengel:20170120223654j:image

機内に変えた。これで、また使えなくなった。

雨が降らなくて、助かった。

地下鉄で、ホテルまで帰り、トイレを探したらない。

受付で、トイレを借りたいというと、鍵をくれて、二階にあると言われた。

 

f:id:happyengel:20170120223754j:image

つまり、一階にあると、誰でも入れるから、作ってない。ゲストだけ。