読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青空に白い雲が流れるように

読んでくださるあなたに。小さな幸せを感じてほしい。そして私も、読んでくださることで、一人じゃない幸せを感じていたい。そんな思いで、あらゆる垣根を持たないて、好奇心のおもむくままに、手を走らせていたい。明日への小さな幸せを求めて。

ステーキハウス

 

f:id:happyengel:20170115032747j:image

金曜の夜は、アメリカでも、休み前の幸せな時間を楽しむ人達で賑わっています。

フォールフーズという高級スーパーで、ワイングラスを手に、おつまみをもらって、ワインを注いでもらう人が、列をなしている。

f:id:happyengel:20170115160521j:image

毎週金曜日は、恒例になっている。最初にワイングラスを8ドルで買えば、好きなだけワインが楽しめるというので、これを目当てにやってくる人でごった返している。。

私たちは、すぐ近くにある、ステーキハウスに行ったのですが、ここも満席で、待ち時間が45分。その間に、買い物しておこうとフォールフーズに入ると、この光景。

 2回目からは、7ドルになるそうです。

 

f:id:happyengel:20170115032802j:image

ステーキハウスに戻るとまだ、しばらく待たされて、その間に、息子がビールを買って飲んでいました。

席が出来て、私は、プライムリブを注文。

これがこの店のお勧め料理のよう。

 

f:id:happyengel:20170115032839j:image

デンバーの郊外にある、高級ステーキハウスで食べたプライムリブは、溶けるほど柔らかくて、これなら、いくらでも食べられると思った感触が忘れられないのです。

今日のレストランは、値段が安くて、手頃な店なので、金曜日は家族連れも多く、混雑している。

ウェイトレスお勧めのワインも、安くて38ドル。

 

f:id:happyengel:20170115032820j:image

プライムリブの、小が13ドル、という安い店ですが、美味しい。肉はそれほど柔らかくないけど。

私が大好きなクラブケーキを。サラダに加えると、一個6ドルでつけられるので、それをつけてもらいました。

f:id:happyengel:20170115160627j:image

息子はニューヨークステーキを注文。私達は、プライムリブ。フォースラディッシュが、マヨネーズとこねたもの。

残りを持って帰って、お弁当に入れて会社に持っていくと、ローストビーフのようになってて、美味しいのだそう。

一人では、レストランに入ることがないので、私にとっても嬉しく、楽しい花金です。

日曜日は根暗になる、憂鬱な日曜日。日本もアメリカも同じです。

 

帰ってから、スチームサウナに連れて行ってもらいました。息子は飲み過ぎで行かないというので、

私達女性で。

すごく気持ちが良い。ミントの香りが広がって、強力なミスト。