読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青空に白い雲が流れるように

読んでくださるあなたに。小さな幸せを感じてほしい。そして私も、読んでくださることで、一人じゃない幸せを感じていたい。そんな思いで、あらゆる垣根を持たないて、好奇心のおもむくままに、手を走らせていたい。明日への小さな幸せを求めて。

高級ワイン、

 

 

 

 

 

f:id:happyengel:20161225193711j:image

 

 

クリスマスプレゼントに、息子が高級ワインを贈ってくれた。

オリン、スウィフト、パレルモ、カベルネ、ソーブイニヨン、2014というワインで、伝票が付いていて、10000の高級ワイン。

私にとってはであるけれど、こんなに高いワインは1人ではとても口にできない。2.3千円のワインを3.4ホン送ってもらったほうが、私は有難のだけど、そう言ってしまったらせっかくのプレゼントが台無しになるので、有難い気持ちだけは大切にしておこう。

このところ、プレゼントのたびに、高級ワインを送ってきてくれるので、その度に、息子が帰ってきたときに開けよう、と私は言う。

息子が飲みたいワインを送ってくる。ワイン通の社長から、教えてもらって名前だけは知っているワインじやないかな。

会社の社長さん達について、接待があるときには、かなり良いワインを飲ませてもらっていて、私にもという優しい気持ち。

私がワイン通だと勘違いしてくれる人から、お祝い返しに、マルゴーの高級ワインを入れて、高価そうなワインをもらったことがあつて、それも手付かず。

作家の林真理子は、沢山のワインをストックしていて、お客が来ると振る舞うのだけど、人によって、10万、単位で選ぶランクが違うようだけど、桁違い。

それから比べれば庶民のワイン。

レストランで10000円のワインも、酒屋から買う場合は、3000円止まり。

 

レストランで頼むと、高級ワイン。

ワインセラー買わなきゃ。床下に置いていては、品質が変わってしまつているかも。

クリスマスといつても何もしない。

 

f:id:happyengel:20161225193822j:image

毎年、小田和正の、クリスマスの約束、を見るくらい。

 

今年はゲストに宇多田ひかるが出ていた。

16年ぶりにかなった共演。

f:id:happyengel:20161225193929j:image

息子が小さかった頃は、ツリーを飾って、ケーキに、チキン、クリスマスのパーティまがいなことやってた。

ジングルベル、ジングルベル、歌いながらはしゃいでいた息子は、アメリカの雪降る田舎町で、新しい家族とクリスマスを祝っている。

 

f:id:happyengel:20161225193617j:image

 これは、キャンティ。

 

日曜日が、たまたまクリスマスだったので、友人とランチは、中華に、ワイン。

最近できた店で、少しずつ客が増えている。

 

f:id:happyengel:20161225194034j:image

顔見知りになったのか、暫く来られませんでしたね、と言われた。

 

f:id:happyengel:20161225194050j:image

 

f:id:happyengel:20161225194127j:image

 

 f:id:happyengel:20161225194114j:image

 

f:id:happyengel:20161225194138j:image

 f:id:happyengel:20161225194152j:image 

 

友人と別れて、本町の問屋まで歩く。

母のスラックスを買いに。

先日は揃っていた、58センチのLが2枚しか残ってなかった。もっと大きいサイズは沢山あるけれど。

ついでにフェスティバルホールまで歩いて、チケットを取りに。

 

f:id:happyengel:20161225195146j:image

第九のチケット、29日か、30日か、買ったのが随分前で別れて記憶が確かじゃない。

予約番号も忘れている。

最初、チケットセンターで、私の予約が見つからなかった。随分前に買ったものは、別のところに保管されていた。

 

f:id:happyengel:20161225195127j:image

30日だった。一月の9日のチケットは覚えている。友人のも買っているので、そういうのは気をつけているが、自分1人のためのものは、曖昧。