読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青空に白い雲が流れるように

読んでくださるあなたに。小さな幸せを感じてほしい。そして私も、読んでくださることで、一人じゃない幸せを感じていたい。そんな思いで、あらゆる垣根を持たないて、好奇心のおもむくままに、手を走らせていたい。明日への小さな幸せを求めて。

玉三郎の舞踊三昧、歌舞伎座

 

f:id:happyengel:20161222094720j:image

 

12月の歌舞伎座は、さわらに分かれています。

第3部は、玉三郎の舞踊をたっぷり楽しませて頂き、その上、玉三郎が常々、後継者として育てつつ、共演している、若手の女方との、京鹿の子五人道成寺は、素晴らしすぎる舞台です。

最初の出し物は、勘九郎を相手に二人椀久。

なんと美しい。

二作目は、京鹿の子五人道成寺。

 

f:id:happyengel:20161222094823j:image

七之助と勘九郎がまずでて来て、そこに玉三郎が。

1時間以上の舞台です。梅枝と児太郎は、あまり出番はないのですが、この5人での素晴らしい舞踊の競演は、毎夜見られたら。

今夜は、三階から、双眼鏡を片手に。涙が出るほどありがたい、3000円でこんなに素晴らしい舞台が観られるのです。

 

f:id:happyengel:20161222094842j:image

明日は、この舞踊を、一等席で観ることができますから、その時にもう一度、書きますが、前日に、チケット買っておいて良かった。

世田谷パブリックから、夜の部が見られそうなので買っていたのです。

三階席は、足が組めないので、体かきついけれど、全体が見渡せて、歌舞伎座の舞台の広さを楽しめます。

母も上の方がよく通るので、お囃子や、長唄なども、音響が良くて。

勘三郎が、悔しがるほど、勘九郎が踊り上手だと言っていたほど。

詳しくは、また別のブログで書かずにはおられません。

 

f:id:happyengel:20161222094754j:image

始まるまでに、1時間半ほど待つことで、早めの夕食を。

 

f:id:happyengel:20161222094804j:image

ワッフル付きのサラダに紅茶。紅茶の専門店なので、美味しい紅茶が楽しめます。歌舞伎座の向かいにある、とても好きな店。

 

本当に、日帰りでも、12月の第3部、玉三郎と、玉三郎の後継者として期待が持たれる4人の素晴らしい踊りの競演、観ないでは、あまりに勿体無い過ぎるような、凄い醍醐味。

8時40分に終わるので、関西からでも、日帰り可能ですよ。