読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青空に白い雲が流れるように

読んでくださるあなたに。小さな幸せを感じてほしい。そして私も、読んでくださることで、一人じゃない幸せを感じていたい。そんな思いで、あらゆる垣根を持たないて、好奇心のおもむくままに、手を走らせていたい。明日への小さな幸せを求めて。

草間彌生

 f:id:happyengel:20161106101925j:image

https://g.co/kgs/2iTEVG 

 

草間彌生が文化勲章を受賞。

遅すぎるとの声がある。

草間彌生は、受賞の喜びをこう語っている。

命がけで作品を作って、人々に永遠を届けたい。

水玉は、誰でも好き。

日本の手ぬぐいにも、水玉。洋服の水玉。シャボン玉も水玉。風鈴の丸さも、大きい水玉。

水玉は、永遠に増幅していく。

87歳という年齢で、と感心する人がいるが、彼女に年齢はない。

毎日9時間、水玉を描く。

宇宙の神を感じている。宇宙からのテレパシーを受けている。

同じことを言っている芸術家の中に、幾人かの人を知っている。吉田さんがいた。

パリの、暖房が切れた部屋で、日に9時間、立ち詰めで絵を描いておられた。

朝の、おはよう体操で、最後に書で言葉を書かれる。

先日、真祈、という言葉だった。

真の祈りは、必ず天に通ずるという。

草間彌生や、吉田さんは、命がけで仕事ををしてこられた。

そういう人の作品は、永遠不滅なのだろうと思う。

中途半端は、中途半端。安易は、安易。

デパートで売っている絵を売り絵という。

真祈に描かれたものは、見飽きることがない。

見る人に、生きる力を注入する、パワーがある。

演劇も歌舞伎などの舞台でも同じことが言える。

命がけで精進し、舞台に立つ役者から受けるパワーをもらって生きていく希望をもらっている。

玉三郎や、猿之助は、命がけで演じ、未知の世界へと挑戦し続ける役者だ。

勿論他の役者の舞台でも、出会う時がある。

 

それを宇宙の神秘というのだろうか。