読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青空に白い雲が流れるように

読んでくださるあなたに。小さな幸せを感じてほしい。そして私も、読んでくださることで、一人じゃない幸せを感じていたい。そんな思いで、あらゆる垣根を持たないて、好奇心のおもむくままに、手を走らせていたい。明日への小さな幸せを求めて。

玉三郎特別舞踊公演

f:id:happyengel:20161101171638j:image

 

熊本駅で、去年一緒だつた婦人に出会った。

山口から、お墓まいりを兼ねて、玉三郎を観に来られている。今夜はご実家にお泊まり。

八千代座の席も、私の後ろの枡席だつた。

同じ日になるのは、縁があるのかも。

舞踊公演は5日間あるのだから。

去年の席も、同じき、二階のひどい席だつた。

まいりましたね、なんて話が合う。

f:id:happyengel:20161101171735j:image

今回は、SSの、18000円席が当たったと言われる。

私は買いそびれて、ヤフーのオークションで買った。

私の席は4つ目の枡席。気やねんのように前にずり落ちそうにはならないし、随分前の席だけど、平均台のような、細い通路を席まで行くのにふらつく。

幕ま、トイレに立った時は、頭に血が上っていたのか、ふらついて、かけて尻餅をついた。頭でなくてよかつた。

最初に向上がある。これを楽しみにしている人も多いらしい。

面白い話を結構長くされるので楽しい。

私の隣の人は!神戸から日帰りで来られた。

新玉名駅から、新幹線に乗られる。初めてとか。

知らない人と、玉三郎の話で盛り上がる。

長唄連中が、後ろに。

舞台が間近に。

 

f:id:happyengel:20161101173741j:image

花道に玉三郎が立つと、顔も大きく、手が大きい。

舞台の中央に来ると、文句なしの美しさ。

秋の色種、という踊りは、難しいとされたのを、新貼り付けで、初めて踊る。

曲があまりに素晴らしいために舞踊は無理とされていたもの。

2つ目は、歌舞伎座で観た。元禄花見踊りを、長唄連中と、玉三郎一人で踊る。

玉三郎だけの踊りは、なお良かった。惚れ惚れと興奮して、ふらついてこけた。

 

f:id:happyengel:20161101173809j:image

自分では気づいてないこど、頭に血がのぼるものなのでしょう。

アンコールの拍手も激しく、玉三郎は、何度も丁寧な挨拶を繰り返して。

八千代座の玉三郎は、他の芝居小屋では見せない顔を持っているような気がする。

公演が終わって出て来ると、底冷えのする寒さ。

明日はもっと寒くなるらしい。