読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青空に白い雲が流れるように

読んでくださるあなたに。小さな幸せを感じてほしい。そして私も、読んでくださることで、一人じゃない幸せを感じていたい。そんな思いで、あらゆる垣根を持たないて、好奇心のおもむくままに、手を走らせていたい。明日への小さな幸せを求めて。

金木犀

暮らし

f:id:happyengel:20161020120516j:image

 

この季節になると、あちらこちらから、金木犀の香りが漂ってくる。

一年に比べれば、ほんのわずかなひと時、私の好きな季節。

駅までの道、家家の庭の金木犀の香りが、そよ風にのせて匂ってくる。

庭師が手入れした、丸い形のものよりも、自然のままが好き。

 

f:id:happyengel:20161020120528j:image

学生時代、キャンバスの植え込みから、金木犀の香りがして、枝を折って、机に置いて香りを楽しんだ。

クリスチャンディオールが、金木犀の香りを、ディオリィシモ、という名前で出たいた。

海外旅行と言えば、香水かオーデコロンを土産にした時代、私がつけるのは、このオーテロンだった。

最近では、香りをつけることもなくなった。

タバコを吸う友人が、臭い消しに香水を使っている。

体臭を気にしていたら人は、デオドラント効果に使う。

外国人は体臭がきついので、香水が普及したのかも。

f:id:happyengel:20161020120547j:image

自然に匂ってくる、花や木の匂いに勝るものはない。

沈丁花と金木犀、私の好きな香り。