読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青空に白い雲が流れるように

読んでくださるあなたに。小さな幸せを感じてほしい。そして私も、読んでくださることで、一人じゃない幸せを感じていたい。そんな思いで、あらゆる垣根を持たないて、好奇心のおもむくままに、手を走らせていたい。明日への小さな幸せを求めて。

村上春樹

 

f:id:happyengel:20161018114748j:image

今年も、村上春樹はノーベル賞を取れなかった。

村上春樹ファンには申し訳ないが、ノーベル賞の対象ではないと思う。

あまり騒がれているので、いくつかの作品を読んでみたが、文芸の価値よりも、大衆小説としての価値の方が高い。

読みやすくて、想像力を喚起することよりも、村上春樹が、自らの想像力を文章化しているので、読者は、村上春樹の世界に共感する人が多いという現象が、ノーベル賞を村上春樹に期待している。

ヒューマニズムは、ノーベル賞には、基本的に欠かせない要素で、さらに加えて、人間存在の哲学と美学が要求される。

そのどちらにも、村上春樹の作品が対象となるだろうか?

ヘミングウェイや、フイツツジェラルドなどの翻訳から、小説家として、ノルウエーの森、でブレイクした。

大衆のちょっとした知識を喚起する小説として、精神分析を使って、どれもスマートでおしゃれな作品だというのが、私の感想。

日本の作家として、ノーベル賞の対象になった、三島由紀夫、川端康成、大江健三郎の作品とは、大きな隔たりがある。

宮本輝がノーベル賞の対象にならないのと同じ。

村上春樹が世界的に売れていても、それは変わらない。