読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青空に白い雲が流れるように

読んでくださるあなたに。小さな幸せを感じてほしい。そして私も、読んでくださることで、一人じゃない幸せを感じていたい。そんな思いで、あらゆる垣根を持たないて、好奇心のおもむくままに、手を走らせていたい。明日への小さな幸せを求めて。

わりなき恋

暮らし 演劇

 

f:id:happyengel:20161012145507j:image

 

岸恵子が見たくて、西宮芸術センターでの、一人芝居、わりなき恋、を楽しみにしていました。

中あたりの席だつたので、全体には、よく見えたのだけど、オペラグラスを使って見ると、つけまつげをしていて、美貌の衰えが見えますが、エレガントで、洗練されたスタイルは素敵。

ヒールを履いて歩く姿が少し。

なんどもお洋服を着替えて出て来られ、着こなしが素敵。

わりなき恋、は、小説ですでによんでいたのですが、舞台の方が良かった。

音楽は福井さんという人で、演奏がとても良かった。音楽に合わせて、岸恵子の語りで進行して行きます。

バックに映し出される、風景と音楽、ファッションと語り。

最初、黄色いスーツを着て現れた岸恵子は、白や赤の、黒から、最後はまた黄色いスーツ。ミモザの花が、スクリーンに映し出された。

黄色いミモザと同じ色の服装。

12歳年下の男と別れた女は75歳だつた。その女と同じ歳になった男が女の家を訪れる。

主人なき家の庭に、ミモザが咲いていた。