読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青空に白い雲が流れるように

読んでくださるあなたに。小さな幸せを感じてほしい。そして私も、読んでくださることで、一人じゃない幸せを感じていたい。そんな思いで、あらゆる垣根を持たないて、好奇心のおもむくままに、手を走らせていたい。明日への小さな幸せを求めて。

松竹座、9月新派特別公演

 

f:id:happyengel:20160921232036j:image

澤瀉屋で育った、段四郎が、歌舞伎界から、新派に入段、北村禄郎を襲名のお披露目公演が、新橋演舞場から、大阪の松竹座で。

夜の部は、向上と、新派の十八番、婦系図。

泉鏡花の作品として、あまりにのよく知られた作品です。

段四郎は、スーパー歌舞伎で、猿翁さんが倒れて、主役をつとめていたくらい、スーパー歌舞伎を背負って立つと思われた時もありました。

亀治郎が、猿之助を襲名して、澤瀉屋は、歌舞伎界を背負って立つぐらいの重要な位置を占めるに当たって、月の助と襲名した段四郎の影は薄くなり、新派に移る決心をしたのではないかと思われます。

新派の全盛期は、花柳章太郎から、水谷八重子まで。

f:id:happyengel:20160921232119j:image

今回、月の助を迎えて、新派を再び復活させたいとの意気込みはわかるのですが、役者不足の感がします。

内容としては、さすがの作品ですから、十分面白く見応えあるものなのですが、泉鏡花の描く、女の魅力を表現できる役者はいない。

北村禄郎を襲名した月の助にも主演を張る花にかけるというのが、私の印象です。

前途多難の船出を感じました。