読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青空に白い雲が流れるように

読んでくださるあなたに。小さな幸せを感じてほしい。そして私も、読んでくださることで、一人じゃない幸せを感じていたい。そんな思いで、あらゆる垣根を持たないて、好奇心のおもむくままに、手を走らせていたい。明日への小さな幸せを求めて。

ワインのテースト

 

f:id:happyengel:20160904182318j:image

 

以前に、友人がワインを買った店から、シャンペンの無料サービスの案内があつて、友人はワインを買うつもりで、その店でランチを食べようということになって。

シャンペンは、明日からのものだつたが、特別に出してもらった。

美味しくて、量もある。

友人はテーストも出来るので張り切っていた。

カタログに載っている、6本1万円のをかうつもりで、美味しいワインのテーストで、勧められて、高級ワインを買った。

 

f:id:happyengel:20160904182328j:image

最低6本で買う店だけど、6本と3本のセットにしてもらった。

あとから、もむと安いワインが出てきて、それは12本単位。もう数が少なくなったと言われて、それも買うことになった。

ワインで気が大きくなって、普段は締り屋の友人が大盤振る舞い?

私のせいだと言われて、頭にきた。

 

f:id:happyengel:20160904182340j:image

私が飲むワインじゃないのよ。二週間に一本の割でしか飲まないと後で言われてもわからない。

会えば、ワインを1本くらい平気なひとだから、毎日一本飲めばすぐになくなると思っていた。

普段はビールだという。長年の付き合いだけど、ビールを飲まないと思っていた。いつと、日本酒かワインを飲んでいるから。別れてから、

私もテーストで酔っていて、ヘルスクラブには行けないと思って、化粧品の店に行き、無料の美顔術チケットで、美顔術をしてもらい、あとは、しばらく行かなかった映画館に。

 

f:id:happyengel:20160904182444j:image

株主優待チケットをほとんど無駄にしている。

もっと活用すればいいのだけど、だんだん映画館に足を運ぶのが億劫というか。

ワインのテーストで飲み過ぎたので、ちょっとカルチャーらしく。

映画はテアトルの、太陽の目覚め、というフランス映画。まだ始まるまでの時間待ち。