読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青空に白い雲が流れるように

読んでくださるあなたに。小さな幸せを感じてほしい。そして私も、読んでくださることで、一人じゃない幸せを感じていたい。そんな思いで、あらゆる垣根を持たないて、好奇心のおもむくままに、手を走らせていたい。明日への小さな幸せを求めて。

時計台で、ベルカント

f:id:happyengel:20160810090710j:image

 

バスは、時計台を通ったので、そこで降りる人と一緒に下車した。札幌の時計台を見て帰ろうと。

ホテルまでそう遠くなさそうだった。

時計台の写真を写して、中を覗くと、テノールの歌声が聞こえる。

時計台の中は見学時間が終わっていて、ここではコンサートをしている。

上の階に、受付の女性が二人座っているのが見える。

 

f:id:happyengel:20160810090723j:image

階下に、ビラが貼ってあり、、入場料が1500円と書いている。上に上がって、当日券ありますか?

会場はほとんど満席。パンフレットを貰って、空いた席に座った。

5人くらいの男性の合唱と、それぞれのソロや、コンビネーションの歌.

出演者が、説明をしながら、展開する。

ベルディを始め、よく知っている馴染みのものばかり。

f:id:happyengel:20160810090738j:image

声は良く、声量が凄い人もいるが、tテクニックが物足りない。

合唱になると良い。一人歌って、後の人たちが合唱に回ったり。

最後は、いつもおなじみの曲らしいのを全員で歌った。

イルヴィーボのようには仕方ない。

 

f:id:happyengel:20160810090755j:image

でも、札幌で、値段も安く、オペラの集いを続けているのは素晴らしいと思う。

それぞれの、北海道のステージや舞台に出ている人達。

時計台の 内部も i見ることが出来て、ラッキーだった。