読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青空に白い雲が流れるように

読んでくださるあなたに。小さな幸せを感じてほしい。そして私も、読んでくださることで、一人じゃない幸せを感じていたい。そんな思いで、あらゆる垣根を持たないて、好奇心のおもむくままに、手を走らせていたい。明日への小さな幸せを求めて。

富田ファーム

 

f:id:happyengel:20160809104036j:image

 

富良野の富田ファームは、ラベンダー畠で有名です。ラベンダーは、7月がメインですが、8月の頭だったらまだ見られるかと思ってました。

 

f:id:happyengel:20160809104059j:image

借り入れが始まっていて、黒くなつたラベンダーが、寝たような状態になつていました。正面の鑑賞用の畑はラベンダーが一面に咲いています。

ラベンダーは、プロバンスで見ているので、こういう風に作られたラベンダーは、あまり魅力がない。

ラベンダーを使った製品を売っているけれど、高いし、匂いも少なくて、フランフのブロバンスに比べてしまうので、なにも買う気がしません。

 

f:id:happyengel:20160809104124j:image

ただ、バスのガイドが勧めた、ラベンダーソフトだねは、食べてみたくなって。

ものすごく売れたとか。

ソフトクリームは、原宿で美味しいのを食べたので、ラベンダーのは、大して。

やはり、ミルクの効いた濃厚なソフトクリームが一番。

 

f:id:happyengel:20160809104143j:image

お花畑は綺麗。そこで摘み取った花のドライフラワーの館が素晴らしい。

目をみはる。ドライフラワーの作品を売っている。

観光客があつてこそ。ここでの休憩時間が長くて、1時間半も。

 

f:id:happyengel:20160809104210j:image

新富良野でもつとゆっくりしたかった。

でも、この休憩時間を使って、松竹座の9月公演のチケットを予約できた。

モバイルが、弱くて諦めないといけないかなと思ってたけど、このファームに来ると、4kが出ていたので、ネットを使うことが出来た。時間かけて席選ぶので、余裕の時間があってありがたかった。

 

f:id:happyengel:20160809104231j:image

次に連れて行ってもらう、四季の丘は、アップダウンの続くまっすぐな道を行く。

ここは、ストライプに、花が植えられていて、カートに乗って、回るのに20分かかる。何人も乗れるバスと、自分で運転して回るものがある。

私は歩いてその辺りを観た。

 

f:id:happyengel:20160809104319j:image

自然な庭は好きだけど、こういうのは余り興味ない。

 

f:id:happyengel:20160809104422j:image

帰りは、旭川を経て、高速で。