読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青空に白い雲が流れるように

読んでくださるあなたに。小さな幸せを感じてほしい。そして私も、読んでくださることで、一人じゃない幸せを感じていたい。そんな思いで、あらゆる垣根を持たないて、好奇心のおもむくままに、手を走らせていたい。明日への小さな幸せを求めて。

森の時計

f:id:happyengel:20160808122059j:image

 

優しい時間は、森の時計が的を刻む時間、

自然に育まれて、癒される時間。

森の時計には、通常の時間が止められている。

時間になると、亡くなった妻が現れて、夫婦が会話する時間。

コーヒーをミルでゆっくりとひきながら、コーヒーの香りがたつのを楽しむ時間。

時間があれば、コーヒーを飲みたかった。

集合時間に間に合わない。

席が空くのを待っている夫婦がいた。だめだ、時間がない。

 

f:id:happyengel:20160808122137j:image

中の雰囲気だけ。

 

倉本聰の富良野塾は、自給自足の生活をしながら、演劇活動を続けて来た。

 

f:id:happyengel:20160808122806j:image

ニルスの森は、丸太小屋が点在する。それぞれに、手作りの作品を売っている。実演も見られる。

倉本聰の、点描画を売っている店があつた。

これらもゆっくり見られなかった。

 

f:id:happyengel:20160808122853j:image

ドラマ館も、ちよつとみて、慌ててバスに、