読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青空に白い雲が流れるように

読んでくださるあなたに。小さな幸せを感じてほしい。そして私も、読んでくださることで、一人じゃない幸せを感じていたい。そんな思いで、あらゆる垣根を持たないて、好奇心のおもむくままに、手を走らせていたい。明日への小さな幸せを求めて。

安倍政権の支持率の陰に

 

 

f:id:happyengel:20160803113539j:image

 

安倍政権の支持率は、高い。60パーに近い高支持率を保っている。

それがどういうことを示しているのか。

恩恵をこうむっている多数の国民と、極貧にあえぐマイノリティの人達がいるということを表している。

勤勉でおとなしい日本人だから、社会の歪みで、息を殺してじっと耐えているけれど、この傾向は、益々酷くなる一方。

政治は本来、弱者の側に立って、弱者を引き上げることを目指すベキなのだが、実際おこなわれていることは、恵まれた人間を守るという方向に向けられている。

東京都は、日本の中で、最も裕福な都市であり、小池さんが都知事になって、東京都民の要望を叶える努力してをしても、それは恵まれた人間の為の政治にしか過ぎない。

小泉政権から安倍政権に受け継がれた、アメリカ追従型の、強いものが勝つ、という政治の域を出ない。

戦い好きの、負けん気の強い政治は、強いものをすくい、弱者を切り捨てる。

経済の循環は、金持ちがより金持ちになるという循環なのだ。

平和を訴え、貧しい人々を救い出そうと訴えても、マイナーな人達に響くだけ。

IISは、その典型的な例だ。

ISの手本となっているのは、神風特攻隊だという。

日本は石油の封鎖で、命綱を切られて、戦争に突入した。貧しさが、特攻隊を生み出した。

それと似ている。

 障害者施設で起こった、悲惨な大量殺人は、ISに似ている。

これから、この種の連鎖事件が起こらない保証はない。益々増えるかもしれない。

弱いものが、より弱いものを傷つけることで、自滅しようとする。

生きられない人間の、最後の手段。爆弾を抱えて、人を巻き込んで死滅する。

世界的にこの傾向は拡大している。

生き過ぎた、自由経済が招いた、戦争と言っても良い。

我々は、なぜこのようなことが起こったのかと言う原因に立ち返り、共生の社会を目指し、分け合う経済へと、転換を図らなければならない。

でなければ、、自分に返ってくる。

献花も、なみだも大事だけれど、こういう悲惨な事件をまねいたのは、私達自身だという認識が必要だ。

小池フィーバーで熱狂する都民を見ていると、虚しさを覚える。

民主主義への改革が出来るのか?

本当に、政治に絶望する時なのか?