読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青空に白い雲が流れるように

読んでくださるあなたに。小さな幸せを感じてほしい。そして私も、読んでくださることで、一人じゃない幸せを感じていたい。そんな思いで、あらゆる垣根を持たないて、好奇心のおもむくままに、手を走らせていたい。明日への小さな幸せを求めて。

最後の遺言

大橋巨泉が、週刊現代に連載していた、遺言というコラムの、最後の遺言、が、ニュース23で取り上げられた。

戦争を体験した人間が、戦争を知らない人々に向かって、今の日本が、戦前と変わりない状態である危機にあること、阿部政権の脅威を語っている。

言論の自由、情報の開示が脅かされ、隠されている。

ニュース23は、筑紫哲也がジャーナリストとしてのモラルを視聴者に約束し、報道の真実を伝えることを誓った。以来、後継者達は、その精神を受け継いでいる。

報道ステーションの久米さんが下され

その精神を受け継いだ古館さんも降板。

鳥越さんも、かつて番組を下された。

そして今、都知事選に名乗りをあげ、原発反対、平和憲法を守ろう都民に呼びかけていれば、

週刊文春に、女性スキャンダを書かれる。

鳥越さんを快く思わない権力が働いているのではないか?

今、ここで、このタイミングで、鳥越氏下ろしに効果的な爆弾を落とす。

小沢さんに対する、検察の権力行使。

得体の知れない、市民団体からの告発。

何も知らない国民は、報道の誘導で、小沢さん叩きに加算した。

貧富の差が開き、富める者が、貧しいものを押しつぶす社会、より悪い方向に行っている。

天皇陛下も、戦争を体験され、悲惨な戦争を繰り返してはいけない、

平和を守り憲法を守ることが大切だと国民に呼びかけられる。

戦争は完全な悪である。いかなる理由も認められない悪である。

平和を維持するために、日本の平和憲法を何が何でも守らなければならない。

戦争をやりたい政府、強い者が勝つと信じている人々の手に委ねてはいけない。f:id:happyengel:20160721132308j:image