読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青空に白い雲が流れるように

読んでくださるあなたに。小さな幸せを感じてほしい。そして私も、読んでくださることで、一人じゃない幸せを感じていたい。そんな思いで、あらゆる垣根を持たないて、好奇心のおもむくままに、手を走らせていたい。明日への小さな幸せを求めて。

アメリカの高校生

f:id:happyengel:20160703034834j:image

 

アメリカは、高校まで無料。大阪ても、高校の無償化を実施しているが、日本では大阪市だけてはないかしら。

これは、全国的に是非実施すべきだ。

高校に行きながら、アルバイトをしているアメリカ人は多い。

おこずかいは、自分で働いて稼ぐと言うのが当たり前になつている。

ドライバーライセンスは16才で取れる。1車社会のアメレかには、車は必需。バスや公共の交通手段は少ない。

 

f:id:happyengel:20160703034856j:image

日本でも18才選挙権が参議院選挙から始まる。

大人の判断を要求さされるのだから、高校までは、義務教育費として、国が責任を持って無償化を進めるべきだと思う。

こんなにも、格差が広がり、母子家庭や、シングル家庭が増えたのは、アメリカの影響が大きい。

パートや、非正規の雇用を導入したのも、アメリカから。

 

f:id:happyengel:20160703034911j:image

アメリカの人達は、やめても転職がしやすく、わずかでも賃金の多いところに移る。

正社員でなくても、セーフティーガードが、しつかりしていりば、安心して子供は産める。育てることも出来る。

大学に行かないひとが多いアメレかは、それなりの仕事で、そこそこの給料を貰って、生きていける安心感がある。だから、貯蓄しないで、消費生活を優先出来る。消費が経済を支えている国と、貯蓄高は多いが、不安で消費にまわせない国と、どちらが実質的な意味で貧しいかは、歴然としている。

 

f:id:happyengel:20160703034932j:image

 

日本の高齢化は仕方ないとしても、新しい人口を増やしていかなければ、衰退の道をたどる。

一旦は、アメリカから日本に帰った人達が、仕事がなくて、アメリカに舞い戻るひとが、アメリカで仕事をしている。70だい、80代のキャリアを積んだ人達。生涯働く場所のあるアメリカと、職のない年金生活者達が、増えていく一方の日本。

高校の義務教育と高校までの、全面無償化が急がれる。

アメリカのように、学校で、朝食から昼食まで、食育も含めて。

給食費の全廃、教科書の無料配布、学費が無料であって初めて、どんな家庭の子どもたちも、社会で育てることが可能になる。