読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青空に白い雲が流れるように

読んでくださるあなたに。小さな幸せを感じてほしい。そして私も、読んでくださることで、一人じゃない幸せを感じていたい。そんな思いで、あらゆる垣根を持たないて、好奇心のおもむくままに、手を走らせていたい。明日への小さな幸せを求めて。

喜びの天使

子供の頃、本を読んで感銘を受けた。どんなに不幸でも、いつも明るく、悲しみや苦しみを、喜びに変えていく少女。

心をハッピーに。

そんな風にありたいと思った。

家庭が複雑で、暗いクラスメイトがいた。頭が良くて、大人びていた。

その子が声をかけたのは、私。それ以来、その子は1人じゃなくなった。私という友達ではないとしても、一緒にいる子がいて。

中学は別。越境して、進学校に行った。

すごく勉強が出来る子だった。お兄さんもエリート。彼女も勉強が好き。私とは正反対な。

夜中、お風呂場で亡くなったと、ずっと後になって聞いた。

中学3年の冬だったと聞いた。

いい加減な勉強で、いい加減な高校に行き、クラブ活動で、演劇部。

小さい時から、いつも空想に生きていた私。

今も変わらない。

ぼけっと窓から外の景色を、見ながら、空そうにふけるので、時々降りる駅を通り過ごす。

最近は、スマフォで、乗り過ごすことが。

踊り場で、バレーのような真似をして踊っていた私を覚えていると言われて、そうだったね、と思い出す。

食べることが好き。一人旅がほとんど。演劇は勿論、映画で育ったようなもの。

結婚は向かない人だとわかっている。失敗。 

ザコンの男だった。優しい通り過ごす他の人は言う。八方美人は女。八方び