青空に白い雲が流れるように

読んでくださるあなたに。小さな幸せを感じてほしい。そして私も、読んでくださることで、一人じゃない幸せを感じていたい。そんな思いで、あらゆる垣根を持たないて、好奇心のおもむくままに、手を走らせていたい。明日への小さな幸せを求めて。

音楽

福井敬リサイタル

今年も、恒例になった、福井敬さんのリサイタルが、フェニックスホールで。 先日来の大雨でどうなるかと懸念されかのですが、すっかり晴れました。 両方の妙がいる友人のために、是非是非晴れて欲しかった。 今回は、福井敬さんが力を入れている、イタリアの…

オペラ。トウーランドットパーリ歌劇場

フェスティバルホールでの、イタリアパーリ歌劇場公演、トウーランドットを聴きに行きました。 この日、西宮芸術センターで、玉置浩二の、プルミエールシンフォニーオーケストラの公演と重なって、わたしはうっかりして、この日のチケットを買ってしまい、安…

玉置浩二

昨夜、フェスティバルホールから帰って、ものたりなさを埋めたくて、玉置浩二のブルーレーディスクをかけた。 この前に、去年、プルミエールコンサートでもらったディスク。 今年は、値段が500円上がってて、特製プログラム付きというのが、ペラペラのチラシ…

ミュージカルミーツ

ロンドンのウエストで、オペラ座の怪人を2000回ロングランを続けたという、ジョン、オーエン、ジョーンズは、8回目の来日公演。 今年初参加の、ノーム、ルイスは、ブロードウエイで活躍してきる。 テレビドラマにも出ている人気の高い人らしい。 私は、レ、…

ミュージカル、ミーツ、シンフォニー2018

フェスティバルホールで、ミュージカルミーツ、シンフォニー、というタイトルのコンサートがあって、ブロードウエイの歌詞やが、レ、ミゼラブルを歌いと買いてたので、行きたいと思ってたけど、そこまで買えないと諦めていた。 ラクサというクーポンサイトで…

フィリップ&ギイ、西宮芸術センター

ベートーベン、デュオ、マスターピーシズ、という、ベートーベンの50名盤に選ばれた、チェロとピアノのデュオの、オールベートーベンプログラムちよる、演奏会を聴きに行きました。 会場は、神戸女学院ホール。 芸術センターのホールの中で一番小さいホール…

ストラデイバリウス、サミットコンサート2018

フェスティバルホールに、ストラデイブアリウスのサミットコンサートを聴きに行きました。 ベルリンフィルの名手たちが、10台ほどしかない名器を演奏する、特別なコンサートとか。 随分前にチケットは買っていたので、安い席でも、三階の四番目で、通路側を…

ワンコインコンサート

西宮芸術センターの名物、500円で楽しめる、ワンコインコンサートに、初めて行ってきました。 最初の頃は、なかなか入手困難と言われたチケット。 最近では当日券も買えるよう。 一階から最上階まで、とこもワンコインですから、 はやく買った人は、良い席が…

オペラ、チェネレントラ

フェスティバルホールは、5周年を迎えて、特別な舞台を提供している。 4大オーケストラの競演は、残念ながら、忘れていて、9000円のチケットを没にしてしまって。 オペラのチケットを二枚買っていた。 その一枚が、ロッシーニ作曲のオペラ「チェネレントラ」…

玉三郎のリサイタル、フェスティバルホール

エックスジャパンの曲にはまり込んでいたので、玉三郎のシャンソンをあまり聞く気にならなかった。 筋力トレーニングで、筋肉があちこちに痛くて、いつもなら、平気で歩けるフェスティバルホールまでの道が、重い足をを運ぶという感じ。 今朝から、憩室炎の…

YOSHIKIの曲が

WOWOWの生放送を録画したブルーレイディスクを繰り返し見ている。 コンサートが始まるまでの、若い頃のYOSHIKIに魅せられる。 悪の華を漂わせた、破壊的なYOSHIKIをみていると、 思春期の心の傷が、生々しく蘇る。 忘れていたはずの、遠い過去の、苦しみ。 …

エックスジヤパン漬けの1日

友人に借りた、エックスジヤパンのビデオに一日中浸かっていた。 WE ARE EX のビデオは、飛行機の中で観て、ボロボロに泣いた。 恥ずかしいほど泣いて、機内食が運ばれてきた。 泣きながら、食べていた。 そのビデオでは、マシソンスクエアでの公演を前にし…

筍堀に、連れて行ってもらった友人から、筍を送ってもらった。 電話があり、わたしが日本にいるかどうかを確かめてから。 いるいる。息子が帰っていることを伝えると、 翌朝、沢山の茹でた筍がある届いた。 息子達は、朝早く、我が家を去ったところ。 お礼の…

スーパー歌舞伎ワンピース2ndの世界

ワンピースの夜の部で買っていたチケットは、安い席だったので、落札された。 沢山のアクセスがあったけれど、ヤオフクを利用する人は、ギリギリの時間で落札する。 6500円の定価で出すと、 二人の落札で、6750円で売れた。 送料と手数料がかかるから、手元…

玉置浩二のコンサート、フェステイバルホール

最高だった。 素晴らしいコンサートだった。 玉置浩二、プルミエール、シンフォニックコンサート。 2018THE GRAND RNAISSANCE. CARTAIN CALL, 以前に、西宮芸術的センターで、やはり、オーケストラコンサートをやった時には、私はお腹の熱で苦しみながらも、…

玉三郎と玉置

玉三郎が、玉置浩二と、夏の終わりのハーモニーをデュエットしている映像が出ていた。 玉三郎が、玉置を見る目が、とてもセクシー。 憧れと、大好きと、感激が三つ巴になって、すごくセクシー。 https://youtu.be/-K6EMhbyj6E 去年の11月に、陽水と玉置が、3…

新春ニューイヤーコンサート

フェスティバルホールで、毎年恒例の新春ニューイヤーコンサートに行きました。 毎年出演している福井敬さんのテノールが聴きたくて、毎年楽しみなコンサートです。 会場を埋め尽くす観客。 今年は、2年前と同じく、一番前の席。3000円の安い席が買えました…

YOSHIKI

ニューヨークからの帰り、飛行機の中で、エックスジャパンのドキュメンタリー映画を見ました。 泣きながら観ました。 2日前に、テレビのチャンネルを回すと、またこの知らない世界の、新春特別編で。YOSHIKIが出演していました。 飛行家の中で見たYOSHIKIが…

舟木一夫の魅力

舟木一夫の大フアンであると称する、片岡鶴太郎のインタビューで、BS放送「永遠の青春スター。舟木一夫」という放送の中で、最後に、鶴太郎が、舟木一夫を言葉で表現すると、「男の色香」と書いた。 男の色香、なるほど、ピタリ、その言葉が似合う。 新橋で…

越路吹雪に捧ぐ

梅田芸術劇場で。宝塚の後輩が、越路吹雪に捧ぐ、コンサートがあり、行ってきました。 昼夜二回公演の夜の部に。 三階の一番前の席でしたが、オペラグラスを使えば、よく見えます。 玉三郎が、松竹座にでているので、夜の部だつたら、もしかして、飛び入りで…

スカーレットピンパーネル、梅田藝術劇場

玉置浩二のリサイタルを探してたら、梅田芸術劇場で公演中の、スカーレットビンパール、というミュージカルのチケットが値引きで売っている。 どんなのかも知らないので、ネットで見たら、石丸幹二と安蘭けい、が出ている。 宝塚ファンで毎月観ている人に、…

玉三郎が歌う、越路吹雪のシャンソンコンサート

玉三郎が、ヤマハホールを選んだわけは、越路吹雪が、このホールで、毎年コンサートを開いていたから。 70年代から、80年代まで、玉三郎は、ドラマチックコンサートを聴いていた。 越路吹雪を知るようになったかは、玉三郎が、21の時、過酷な舞台を、だだひ…

玉三郎のリサイタル、越路吹雪を歌う

ヤマハホールで、今日と明日、玉三郎がシャンソンを歌う。 売り出しの日に買えなくて、その後、ピアから、再発売の案内を何度かもらったけれど、アクセスしたら、すでに売れたあとばかりで、もうダメだと諦めていた。 八千代座の帰りの飛行場で、チケットキ…

舟木一夫リサイタル、フェステイバルホール

舟木一夫のリサイタルを聴きに行った。 フェスティバルボールで、チケットも安く、7480円なので。 母が大ファンで、お供をして聴きに行っていた。 母は、クリスマスディナーなど、一人で出かけていたくらい。 弟に似ているのが、舟木ファンになった要因だと…

玉三郎の幽玄、ロームシアター

京都ロームシアターは、初めて。 玉三郎と鼓童の特別舞踊公演の京都での初日、 私の席は前から五番目で、真ん中に高い最高の席。 ロームシアターは、5階まである。 私の席の隣の人は相当の玉三郎ファン。京都の人。 前の席のひとは、千葉から、娘さんと三日…

大学OBジャズフェスティバル、西宮アミティホール

関西六大学の軽音倶楽部のOBバンドが、毎年、西宮のアミティホールでフェスティバルを開催する。 今年は空席が目立った。 台風の影響もあつた。 最初に、関大、二番目が甲南、三番目が関学だった。 休みをはさんで、同志社、大阪大学、最後に立命館。 出演の…

レミゼラブル、フェスティバルホール

チケットピアで、買ったら、前から二十一番目の席で、良いのに当たったと喜んでいた。 フェスティバルは、音響が良いので、そこでレミゼラブルを聴いてみたかった。 日本で、東宝ミュージカルが、レミゼラブルを上演した時は、すごい人気で、鹿賀丈史のジャ…

宝塚混声合唱団音楽会

近所の肩にチケットを頂いて、いたみホールに出かけた。 昨年、チケットが完売だったとかで、一度聴きに行きたいと言っていたのを忘れずに、ポストの中にチケットが入っていた。 合唱団を指導している、畑先生が、素晴らしい先生だと褒めて、褒めて、大変だ…

沢田研二、50周年記念コンサート

今夜、フェスティバルホールでの、沢田研二のコンサートを聴いた。 ジュリーの生の声を聴くのは初めて。 素晴らしい声。練り上げられ、鍛え上げられた、幅と奥行きのある美声は、昨日昨日、できるものではない。 声帯の強靭な強さがなければ、壊れてしまうの…

佐渡裕プロデュース、フィガロの結婚

西宮芸術センターで、毎年恒例の、佐渡裕のオペラが、開幕しました。 今年は、モーツアルトの.フィガロの結婚。 チケットは、毎年発売当初に売り切れが続出する、人気の催しです。 私が買えたのは、二階の二列目だつあのですが、舞台も、オーケストラも見渡…