読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青空に白い雲が流れるように

読んでくださるあなたに。小さな幸せを感じてほしい。そして私も、読んでくださることで、一人じゃない幸せを感じていたい。そんな思いで、あらゆる垣根を持たないて、好奇心のおもむくままに、手を走らせていたい。明日への小さな幸せを求めて。

猿之助の、男の花道。博多座

昼の部は、男の花道と、艶姿澤瀉屋祭、の豪華な 二本立て。 猿之助の魅力を存分に引き出す、男の花道は 私の大好きな演目。 今回は、平岳大が、オランダ医学を学んだ、医者に扮して、猿之助演ずる、加賀屋歌右衛門の眼を治す、相手役を務めている。 劇中劇の…

猿之助の、雪之丞変化

博多は道が広くて、のびのびしている。 雨だと諦めてたのに、駅に着くとカラッと晴れている。 ホテルは、去年と同じドーミーイン。 博多座に、商店街を通って、10分くらいで行ける便利な場所にある。 人気なホテルで、値段は上がる一方。 二月の博多座は、市…

初春大歌舞伎、玉三郎

一月も、東京の歌舞伎座にやってきました。 玉三郎見たさに。 友人にチケット頼まれて買ったついでに、私も見たくなりました。12月見てるし、一月は予定がめしろおしなので、やめておこうかと思ってきたのですが。 一月の夜の部だけみて、明日は早か帰ります…

8代目芝翫親子4人の襲の初春大歌舞伎、夜の部

夜の部の、芝翫演ずる弁慶と、仁左衛門演ずる、冨樫の、勧進帳は、素晴らしい出来栄えです。 仁左衛門の弁慶は、情愛深く名演技ですが、新芝翫の弁慶は、東男らしい豪快さと、可愛らし情愛溢れる演技に加えて、男らしい豪快で見事な舞振りに感動しました。 …

8代目中村芝翫襲名披露、初春大歌舞伎

中村芝翫と、3人の息子の親子襲名披露の寿初春大歌舞伎が、大阪の松竹座で始まりました。 今日は、昼の部です。 橋之助から、芝翫を襲名すると、風格が違います。 重責を担うと、引き締まって、声まで変わったように感じます。 長男は橋之助を襲名、次男は福…

京鹿の子娘5人道成寺

三階席は、全体が見わたせるけれど、やはり、断然、一階の舞台から近い前の席が良い。お囃子も長唄も、ダイナミック。 玉三郎の舞が花打ち所なく、ゆとりがあり、力が抜けていて、身のこなしのなんと、優雅で美しいこと。 最初に、七之助が花道に立ち、勘九…

二人椀久

歌舞伎座12月の舞台、醍醐味はなんといつても、第3部。玉三郎が二つの舞台に出演している。 第3部、昨日は三階席だつたが、一階の6番目に来ると、昨夜とは全然違う。 二人椀久の、玉三郎と勘九郎の舞踊、顔の表情や手の細やかな動きの美しさ、妖艶な魅力、…

第2部、吹雪峠と寺子屋

松也、七之助、中車の3人の出演者で、夫の弟分助造と駆け落ちした妻おえんのふたりは、吹雪の中、小屋を見つけて入っている。夫の陰に怯えながら暮らしていているうちに、助造は病に。お天道様のバチが当たったのだと。 その小屋に、偶然、夫が吹雪の中、入…

あらしのよるに

一部は、獅童さんが、弱虫の優しい狼を好演している、あらしのよるに。 狼の大好物は、羊。あらしのよるに、似た者同士の狼と羊が、暗闇の中で知り合い、友達になる。 獅童さんが、踊っておちよけて、観客を大いに笑わせ、友達の意味を問いかける、しんみり…

玉三郎の舞踊三昧、歌舞伎座

12月の歌舞伎座は、さわらに分かれています。 第3部は、玉三郎の舞踊をたっぷり楽しませて頂き、その上、玉三郎が常々、後継者として育てつつ、共演している、若手の女方との、京鹿の子五人道成寺は、素晴らしすぎる舞台です。 最初の出し物は、勘九郎を相…

玉三郎特別舞踊公演

熊本駅で、去年一緒だつた婦人に出会った。 山口から、お墓まいりを兼ねて、玉三郎を観に来られている。今夜はご実家にお泊まり。 八千代座の席も、私の後ろの枡席だつた。 同じ日になるのは、縁があるのかも。 舞踊公演は5日間あるのだから。 去年の席も、…

和歌山で歌舞伎

和歌山県民文化会館で、買い逃した、猿之助の、松竹大歌舞伎の一回公演のチケットが買えたので、出かけて行きました。 難波から、南海電車で、泉佐野で乗り換えることになつていたのに、乗り過ごして、慌てて次の駅で降り、引き返したのですが、和歌山で降り…

松竹座、9月新派特別公演

澤瀉屋で育った、段四郎が、歌舞伎界から、新派に入段、北村禄郎を襲名のお披露目公演が、新橋演舞場から、大阪の松竹座で。 夜の部は、向上と、新派の十八番、婦系図。 泉鏡花の作品として、あまりにのよく知られた作品です。 段四郎は、スーパー歌舞伎で、…

幕見席

歌舞伎座には、幕見席というのがあって、三階の、最後列の二列と、立ち見席が、幕見席。 昼の部は、3階の八列目を買っていた。 声は、一階よりもよく聞こえる。値段が安いので、早く売り切れるのが、B席。4000円の席。 幕見席は、全部見れば、4000円だから、…

秀山祭9月大歌舞伎

いつもは1日泊まりですが、ユナイテッドの特典マイルで帰りにあう飛行機が取れなくて、今回は2日泊まり。 ホテルは飛行機に合わせて早く予約していました。 八丁堀の、新しくできたユニゾ八丁堀。 二階に大浴場を備えています。 八丁堀のあたりは、気楽に、…

伊丹空港

9月の歌舞伎座に。 伊丹空港まで、今日は電車ていくことにしました。 ふと、途中で、事故にあったらと心配になって。 バスだと早くて、やすいのですが。 モノレール、門真と伊丹空港をつないでいます。 蛍が駅から、一駅で空港に着きます。 伊丹空港は、おし…

アルカイックホールで歌舞伎公演

家を出る頃、暗雲が立ち込めて、雨を恐れながらひたすら駅に歩いた。 ユーチューブで、ラジオ体操と簡単なエアロビクスして、駅まで歩けば、今日ヘルスクラブに行けない分補えると思って。 オハイオで、晴れていた空が急に暗くなって雨が降り出すと、僅か二…

岸和田で大歌舞伎

岸和田の波切ホールで、松竹大歌舞伎の、全国巡業中央コースを観に行きました。 岸和田は、初めて。 カーネーションの、コシノ洋服店が、本通りの商店街にありました。 カーネーションの撮影場所の案内が、色あせたまま残っています。 日曜日だからなのか、…

松竹座、中村雀右衛門襲名

雀右衛門の襲名披露公演。 夜の部。 義経にまつわる話を扱った歌舞伎は、多い。 東京での6月歌舞伎でも、義経に関する出し物ばかりでした。 大阪でも、鬼一法眼三略巻、というお芝居は、平家に使えながら、奴に扮した、実は牛若丸と男気のある熱血漢タイプの…