青空に白い雲が流れるように

読んでくださるあなたに。小さな幸せを感じてほしい。そして私も、読んでくださることで、一人じゃない幸せを感じていたい。そんな思いで、あらゆる垣根を持たないて、好奇心のおもむくままに、手を走らせていたい。明日への小さな幸せを求めて。

歌舞伎

歌舞伎、松竹座に行けない

懸念していた方が起こった。 今日は、松竹座で、待望の夜の部。 仁左衛門が封印した、油地獄を、幸四郎が演じます。 猿之助が、出ているので、是非是非の楽しみにしていた歌舞伎です。 コナミのトレーニングを、12時からにして、それから、難波に行くつもり…

松竹座、7月大歌舞伎

7月大歌舞伎の初日です。 高麗屋三代の襲名披露公演。 松竹座では、白鵬と幸四郎が、襲名披露の公演を、 仁左衛門始め、上方歌舞伎とのコラボ。 いずれも踊りも芝居も実力のある役者さん揃い充実した、見応え満点の、暑い夏に、さらに暑い舞台。 孝太郎と壱…

絵本合法ガ辻仁左衛門

歌舞伎座の四月は、仁左衛門が、通し狂言で、出ずっぱりの、絵本合法ガ辻。 仁左衛門は、お客様に、その役所で、満足の行く演技が難しくなると思ったら、その演技を封印してきた。 観るものから見れば、まだまだ観たいと思う。 油地獄は、体力的にもすごくき…

スーパー歌舞伎ワンピース2ndの世界

ワンピースの夜の部で買っていたチケットは、安い席だったので、落札された。 沢山のアクセスがあったけれど、ヤオフクを利用する人は、ギリギリの時間で落札する。 6500円の定価で出すと、 二人の落札で、6750円で売れた。 送料と手数料がかかるから、手元…

スーパー歌舞伎2nd、ワンピース、再び

ワンピースは、五月に名古屋の御園座なので、チケットを買おうと思ったら、すでに完売。ついでに、松竹座の ワンピースの夜の部、ネットで見たら、 以前はなかった場所が売り出されている。 劇場に帰ってきたチケットだろう。 前から6席目の10番が空いている…

スーパー歌舞伎ワンピース2nd松竹座

雨の中、出て行くのは、苦手なので、腰重く、出かけたのだけど、帰りは、心晴れやかに、幸せ一杯。 猿之助が、怪我から復帰して、元気な姿で、ワンピースの舞台に帰ってきた。 猿之助があまり動かない、と聞いてたので、手はまだ完治してないのではと心配し…

片岡仁左衛門

徹子の部屋に、仁左衛門が出ていた。 若い頃は、片岡孝夫、という名前で、テレビの、眠狂四郎、高村光太郎、など、舞台では、ハムレットが素敵だった。 お父さんの13代目仁左衛門も、優しくて、ハンサムだった。 若い頃、松嶋屋を応援していた人が、ひょんな…

三月歌舞伎座

玉三郎と仁左衛門の夢の共演を、最上席で観た翌朝、昼の部は、三階席に移動。 三階の一番前の席で昼の部を見て、夜の部は、さらに、上の一番安い席に。 昼の部は、イヤフオーンを借りた。 聞こえないだろうと思って借りた。 三階の一番前席は、歌舞伎座で、…

玉三郎と仁左衛門の夢の共演

三月大歌舞伎は、玉三郎と仁左衛門の夢のような共演が見られます。 やってきました、東京に。 楽しみにしていた、三月歌舞伎。 気合いを入れて、チケットも、前から二番目のまんなかよりの、端席を買いました。 夜の部で、玉三郎と仁左衛門は、最初の、於染…

京鹿子娘道成寺と玉三郎

玉三郎が映像で、玉三郎の肉体芸と芸術とを残す仕事は、歌舞伎をになう、後継者に対してのみならず、玉三郎が人生において、これまで歩んできて、求め続けてきた芸術が、観客との共同作業によって、実現してきたものであり、玉三郎が求め続ける道と、その芸…

高麗屋三代襲名披露、昼の部

二月歌舞伎座の昼の部は、三階席の二番目、6000円の席。 二階の一等と、あまり変わらないように思われる。 三階の方が声が通って、聴きやすい。 昨日泊まったホテルは、麹町の東京グリーンプラザ。 東京一日フリーのチケットを、羽田空港で買ったので、遠回…

三代襲名披露、二月大歌舞伎

一月に続いて、三代襲名公演は、玉三郎と仁左衛門が、息のあったコンビを組んで、夜の部に出演。 早くに、チケットを買ったのに、二階の三番目の端席しか取れなかった。 海老蔵と菊之助の組み合わせが、偶数日、玉三郎は、奇数日に出演している。 最初の、熊…

草間彌生と幸四郎

草間彌生と幸四郎の、スイッチという対談は、感動的。 二月の歌舞伎公演でお目見えする、祝い幕を、草間フアンである幸四郎が草間彌生に依頼。 新しいものを、と提案した草間の前衛的な芸術の、新たな魅力と感動的な作品を生み出した。 歌舞伎役者は、歌舞く…

玉三郎、初秋特別舞踊公演、千秋楽

千秋楽の、初春特別舞踊公演のチケットを、前から二列目の中程で買っていました。 チケットをなくしてしまって、慌てました。 一番高い席で一番良い場所のチケットです。しかも千秋楽。 家中探しても見つからない。 ゴミと間違えて捨ててしまったのか? とに…

松竹座の玉三郎

新春特別公演は、あと一週間ほどで終わる。 今日は、イヤフオーンの解説を借りた。 幕間の、玉三郎と壱太郎のインタビューが聴きたくて。 インタビューも良かったけれぉ、解説でとても良かった。 長唄の、セリフも解説付きで丁寧な説明があった。 700円は、…

玉三郎、新春特別舞踊公演

玉三郎の新春特別舞踊公演が、松竹座で初日を迎えました。 初日の舞台は緊張と期待で、出演者も会場に来る観客も、特別なワクワク感があります。 満員御礼の札が会場の入り口に。 舞踊公演なので、2時間かな、と思ってましたら、2時開演の5時までのたっぷり…

顔見世の千秋楽

京都、顔見世の千秋楽に行きました。 阪急電車の京都線が、人身事故の為、電車が遅れて、ロームシアターに着いたのは30分近く遅れて。 阪急電車は、人身事故が多い。 踏切が多いから、飛び込自殺する人がほとんど。 千秋楽の顔見世でも、空席が目立った。 景…

12月歌舞伎座、第1部

12月の歌舞伎座公演は、三部に分かれている。 一部の公演は、愛之助が主役の実盛物語と、松緑の、土蜘蛛。 一部は、三階の一番前の席を買った。 あまり見たいというほどのものでもなかったけれど、東京にお芝居を見に来るのだから、 私が魅力ない思うのも、…

十二月歌舞伎座、玉三郎

師走の歌舞伎座は、玉三郎が、夜の部、三部に出演している。 中車とのコンビで、瞼の母に、母親の役で。 番場の忠太郎は、中車が熱演。 玉三郎の美しさは、次の舞台、楊貴妃。 ヤクザの忠太郎が、9つで亡くなったと思っていた、忠太郎だとは思えずに、冷た…

顔見世、京都ロームシアター

従姉妹を伊丹で迎えました。 バリから、日本航空で羽田に着き、一泊して大阪に。 私の家に泊まってもらうつもりでいたので、顔見世は行けないと思っていたのですが、ワンルームマンションを借りたとかで。今日はひとまずアパートの鍵をもらわないといけない…

勘九郎と七之助

西宮芸術劇場で、勘九郎と七之助兄弟の、錦秋公演が開催された。 チケットは芸術劇場では完売だったのだけど、二階席や三階には空席があった。 チケットキャンプで、二枚売りが出て、近所の芝居好きの人に電話したら、行ってもらえるとのことで、2枚買った。…

吉例顔見世

: 11月は、歌舞伎座に来るつもりじゃなかった。 たまたま、チケットキャンプで、一等席の、しかも、前から9列目の席が、8500円、嘘みたいな安さで売り出されていたので、玉三郎のコンサートのついでに、観ることになった。 染五郎の、鯉つかみ、が観たかった…

玉三郎が歌う、越路吹雪のシャンソンコンサート

玉三郎が、ヤマハホールを選んだわけは、越路吹雪が、このホールで、毎年コンサートを開いていたから。 70年代から、80年代まで、玉三郎は、ドラマチックコンサートを聴いていた。 越路吹雪を知るようになったかは、玉三郎が、21の時、過酷な舞台を、だだひ…

越路吹雪の命日

母に会いに行き、テーブルの上にある新聞の番組を見ると、 歌番組に、玉三郎が出演すると書いている。 番組表なんて見ることがないのに。 母の所から、コナミに行って帰るのがいつものパターンになっている。 7時半から始まるので、コナミの運動は、筋トレと…

玉三郎の魅力

八千代座まで、毎年玉三郎の舞踊公演を観に来る人達は、東京や関西、遠くは北海道からやって来る。 なぜ、そこまでして、玉三郎に惹きつけられるのだろうか。 入場料は決して安くない。 お金に余裕があるから来るという人もいるだろうけれど、玉三郎を観るた…

玉三郎舞踊公演、八千代座

恒例の八千代座、玉三郎舞踊公演、今年は、玉三郎が封印した、娘道成寺と鷺娘を、高蔵と、玉三郎が一部を踊るという趣向で、10月31日の初日を迎えた。 11月5日まで。 今回は、昼夜二回の公演で、ひるはむすめどうしようしあ、夜は鷺娘。 向上から、踊り方の…

マハーバーラタ戦記、歌舞伎座

今回東京で宿泊したホテルは、麹町にある、東京グリーンホテル。 歌舞伎座から、有楽町線の銀座1丁目から、直通で行けるので、割合便利。 駅から歩いてすぐのところにあって、知覚にセブンイレブンもある。 居酒屋や、料理の店も結構ある。 大きくて綺麗なホ…

歌舞伎座10月は芸術祭

アメリカから帰って、時差ボケもなく元気に暮らせているのは、飛行機がビジネスだったから。 もう1つの理由は、予定が詰まっているから。 朝早く起きている。早く片付けて、1日に余裕ができる。 このサイクルを壊したくないと思う。 宵っ張りの朝寝坊は、何…

華岡青洲の妻、松竹座

猿翁の弟子で、スーパー歌舞伎の主役を務めていた、段四郎は、月の助とか改名してからは、脇にまわって、目立たなくなっていた。 2代目水谷八重子、波乃久里子の二枚看板になつて、高齢化も心配され、衰退の一途をたどっていた、新派に新風を吹きこみ、存続…

玉三郎の幽玄、ロームシアター

京都ロームシアターは、初めて。 玉三郎と鼓童の特別舞踊公演の京都での初日、 私の席は前から五番目で、真ん中に高い最高の席。 ロームシアターは、5階まである。 私の席の隣の人は相当の玉三郎ファン。京都の人。 前の席のひとは、千葉から、娘さんと三日…